【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

【SPC Maker Mini Whale HD 78mm】ブザー取付け、VTX・Receiver交換、FC設定!

【SPC Maker Mini Whale HD 78mm】の設定を進めています。

Receiverは在庫の都合上でDSMXを選択したんですがRSSIが取れないとの情報があったので、ついでに「Frsky XM Plus」に交換しました。

また、VTXの熱問題があるとの情報や開局していない事もあり、「Runcam TX200U」へと交換しブザーの取り付けを行いました。

盛りだくさんですがBetaFlightの設定も含めての記事となります!

【SPC Maker Mini Whale HD 78mm】ブザー取付け、VTX・Receiver交換、FC設定!

SPC Maker Mini Whale HD

SPC Maker Mini Whale HD 78mm Micro F4 Cinewhoop

【SPC Maker Mini Whale HD 78mm】ブザー取付け、VTX・Receiver交換

SPC Maker Mini Whale HD

まずがブザーの配線からですが少し長めにして後で結束バンドで調整する事にしました。キャノピーの後ろ側に設置予定です。

SPC Maker Mini Whale HD

付属のVTXですが熱問題があるとの噂です。開局もしていないので「Runcam TX200U」に交換します。配線は現在のものをそのまま流用していきます。

SPC Maker Mini Whale HD

こちらが交換後の写真です。

配線も上記の写真で問題ありませんが、念の為に付属のマニュアルを確認して下さいね。

SPC Maker Mini Whale HD

DSMXから「Frsky XM Plus」のレシーバーへ交換しました。

DSMXはちょっと特殊でSBUS接続ではなくR1接続になっているので、配線自体を変更する必要がありました。

でも付属の配線を付け替えるだけでOKですので難しくはないです。外部レシーバー選択式のドローンの場合は在庫があるもので購入してレシーバーを交換して利用するという事も視野に入れた方が在庫に左右されずに購入可能ですね。

個人的にはDSMXは不人気だと思ってますw

【SPC Maker Mini Whale HD 78mm】BetaFligh設定

 

SPC Maker Mini Whale HD

ポート設定です。VTXはUART3を利用しています。また周辺機器な「VTX(IRC Tramp)」を選択しましょう。レシーバーはUART6でシリアル接続です。

SPC Maker Mini Whale HD

DSHOT300モーターアイドルは6に設定しておきます。moccaはアイドル高めです。

モーターは逆回転をオン。

SPC Maker Mini Whale HD

アーミングがちょっと掛けちゃいましたが180に設定します。

SPC Maker Mini Whale HD

受信機はFrsky XM Plusに変更しましたので、シリアル接続、SBUSを選択です。

SPC Maker Mini Whale HD

ブザー設定はお好みですが、moccaはAUX選択、ローバッテリーでアラートにしています。

ローバッテリーはアラートは利用しているバッテリーはLipo固定、Hv固定などの場合は有用で非常に便利ですよ♪

SPC Maker Mini Whale HD

デフォルトPID設定です。「moccaはRX Rate低め(0.7)、Super Rate高め(0.75)、RX Expo(0.1)少しあげる」に変更しておきます。

PID以外はお好みですね。PIDはこのままでも問題ないでしょう。ちょっと飛ばしてドリフト出るようならYAWのIをあげて下さい(60-100の間くらいで調整)。

SPC Maker Mini Whale HD

OSD設定もお好みですがmoccaの設定はこちらです。Fryminを上に持っていく事もありますがほぼこれですね。

SPC Maker Mini Whale HD

BlHeliでモーターを逆回転に設定します。逆回転にするかどうかもお好みですね。

【SPC Maker Mini Whale HD 78mm】BetaFligh設定を修正

SPC Maker Mini Whale HD

設定を少し修正しました。DSHOT600へ。

PIDループを8kHzへ。

まとめ

設定してて思った事はRuncamのDVR基盤の影響もあってかFCの熱が上がりやすいです。BetaFlightの設定時にはFCの温度にも注意しながら設定を進めましょう。

次回はテストフライトをして見たいと思います!

2 COMMENTS

アバター トミー

いつもブログを拝見させております。すいません質問させてください。VTXの交換したと書いてありますが、この機体にかかわらずビスの位置などかわるため、ぴったり合わないものが多いと思うのですが、、、うまく取り付けられない場合どうしてもますか?自分はグルーガンで適当にとめたり、両面テープではりつけたりしています。ひどいものはカバーの上(キャノピー)にのっけたりしちゃってます。自分は電波ケーサツではありませんが、なるべく開局済みのVTXで飛ばしたいと思っている感じのものです。それと「Runcam TX200U」ビスどゴムつきでなかなかよさそうなVTXのような気がしますが、これの系統図って戸澤さんのところにありますでしょうか?またどこから入手したか教えていただけるとたすかります。中華フープを飛ばしている人はたくさんいて、みなさん交換したと記載はあるのですが、あまり交換後の画像はのせていないので、交換しないで飛ばしている人が多いのかなぁ〜とも思っています。自分もVTX交換しないで、普通にとばしちゃう場合も多々あります。自分はEachine VTX03Sを利用したりするのですが、ネジ穴がないので、適当につけている感じです。ただ熱問題がどうなのかぁと思ったりしています。それが原因かわかりませんが、FCが壊れたりよくします(笑)

返信する
mocca mocca

トミーさん>
コメントありがとうございます!
Pinコネクタのタイプの代表的なのはBetafpvのZ02(現在はワイヤー)とiFlightのタワー型だと思いますので、その辺りは開局するしかないですね。

ご質問頂いたTX200Uはビス穴が1つありサイズもも小さいので上手く利用出来ない事も無いです。

系統図は戸澤さんに依頼して購入しました。
勿論、開局済みです。

取り付けは私の場合はグルーガンで止めたら熱で溶けてしまった経験があるので、結束バンドで止めたりスペーサーを自作して取り付けたりしてます。

プラ板加工すれば意外と簡単です。

私もVTX03Sも持っていて開局済みですが、現在はサイズの問題から圧倒的にTX200Uの出番が多いですね。

小さめのVTXを一個開局しておくと何かと便利だと思います(๑˃̵ᴗ˂̵)

BetafpvのA01とかZ02でも良いと思いますよ!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です