【Tinywhoop】blade inductrix(FPV)から始めよう!

Tinywhoop blade inductrix

こんにちわ。mocca(@mocca_2017)です(✿╹◡╹)

以前から興味のあったTinywhoop。FPVといって小さなドローンにカメラを積んで映像を見ながら操作するんです。

楽しいんですが情報が少なくって困ったので、BLADE inductrixをベースに記事にしたいと思います!

Tiny whoopとは?

本家HORINZON Hobbyから販売されているパーツ、機体を元にFPV化したものがTinywhoop。

そして中国の企業から販売されているパーツ、機体を元にFPV化したものを中華フープと呼ぶのが一般的な呼称です。

小型のヘルコプターを元にカメラを載せたラジコンの事で主は部屋の中でレースをする遊びです。最近は高性能の機体も出てきた為、野外でも十分に操作する事が出来る様になりました。

本家・中華の違いは例えば、HORIZONがiPhone、中華がAndroidみたいな物だとmoccaは認識しました。大きくはフライトコントローラーと言って、制御基盤に大きな差があると思って貰って問題ないかと思います。

inductrixが初心者向けと言われる理由にはフライトコントローラー(FC)がカスタマイズ出来ない代わりに販売時に既に設定がされている為だと思われます。

それにしてもこの動画見ていると楽しそうですね!日本でももう少し自由にドローンが飛ばせるともっと盛り上がるんでしょうけどね。

Tiny whoopの元「BLADE inductrix」

tinywhoop blade inductrex

散々調べ上げた結果、これから始める人は「BLADE inductrix」をベースにTinywhoopを始めた方が良いだろうと言う結論に至りました。(但し、周りに詳しい方がいる場合は除く)

本家「HORINZON Hobby」から販売されている「INDUCTRIX BNF」は約$40くらい。Tinywhoopでも販売がありこちら「INDUCTRIX BNF」は約$50くらい。「BNF」はドローン本体のみとなりプロポは別販売です。

Amazonなどでも購入できますが少し高いです。でも上記の場合には海外からの送料が掛かるのであまり変わらないかもですね。

注意
Amazonでプロポ付きも販売していますが、プロポに技適マークが付いていない場合には法律違反になりますので注意して下さい。

国内でも販売代理店がありエアクラフトさんなどから購入するのも良いでしょう。プロポも技適マーク付きですので安心です。

ノーマル状態で飛行時間は6〜7分、初心者向け・玄人(Acro)向けの2パターンの切替、FPVカメラを付ければ即座にFPV化可能とかなり優れた機体です。

Tinywhoopするんだったら、取り敢えずこれ買っておけば無駄にはならないです!

BLADE inductrixのスペック・特徴

Tinywhoop blade inductrex

  1. 設定不要なフライトコントローラー
  2. 6–8分の飛行時間
  3. 重量19g
  4. 150mAh 1S 3.7V 25C Li-Poフライトバッテリー
  5. Acroモード、H/Lの切替
  6. 豊富なカスタムパーツ
  7. 注意点としては「高度維持」は付いていない

めちゃくちゃ飛ばしやすいしとにかく軽いです!フレームは比較的柔らかいので無茶な飛ばし方をすると折れます(笑)。

昔はパーツの入手が困難だったりもしましたが、今はパーツも手に入れやすくなったので「BLADE inductrix」オススメです!

Tiny whoopへのカスタマイズ

Tinywhoop blade inductrex

では、早速ですがTinywhoop化する際のアイテムをご紹介

FPVカメラ(Blade FX805 FPV カメラ 25mW)

Blade FX805 FPV カメラ 25mW

Blade FX805 FPV カメラ 25mWであれば、純正のキャノピーを外してネジ止め、電源へのハンダ付けでいけます。カメラマウントも付いていますので、その辺りの心配がないのも嬉しい。

Inductrix FPV用: FPV カメラ 25mW

Inductrix FPV用: FPV カメラ 25mW、こちらはInductrix FPVのキャノピーの取り付けも可能です。

 

エアクラフト、侍ドローンなどで取り扱っています。

HV(ハイボルテージ)Lipoバッテリー

Tinywhoop blade inductrex

カメラを付けていますので、その分の重さ、電気の課題をクリアーする為に「HV Lipoバッテリー」へ変更します。

本体側のコネクタを「JST PH2.0」へ変更する必要がある点、充電器が異なる点に注意。コネクタは本体側をハンダ付けです。

FPVゴーグル

この辺りが奥が深く推奨品というよりも完全に個人の好み。色々調べて好みのものを購入すると良いでしょう。

解像度が低いとかなり難いみたいなので注意ですね。

スマホを画面代わりに利用できるアイテムです。アンドロイド版でOTGがないと利用できないところに注意。

EANCHINE ROTG02であれば最新機種で上記よりも感度が上がっています。今から購入するからこちらがオススメです。

別途、記事にまとめましたので、エントリーモデルを探している方はこちらの記事を読んでね!

EACHINE EV800D FPV
オススメFPVゴーグル!EV800DとEV100どっちを選ぶ?

まとめ

BLADE inductrexは良いドローンっぽいけどカスタムは少し苦手な方は「inductrex FPV」を購入しちゃっても良いかと思います。

それでは良いドローン生活を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です