これから始めるTinywhoop!Bayang系オススメ自作機パーツ!

betafpv 中華フープ

こんにちわ。mocca(@mocca_2017)です(✿╹◡╹)

これからドローンを始める方でTinywhoopに興味がある方へオススメの自作機パーツをご紹介します。

ドローンに興味を持ってから数ヶ月が経過しましたが、価格&入手のし易さ&お手軽さを考慮してのオススメパーツリストです。

今後も少しづつ変更する可能性があるものの、現時点では文句なしのパーツリストだと思っています!

BayangプロトコルでのTinywhoopパーツリスト

なぜ、BayangなのかというとプロポがAmazonで技適付きの比較的に低価格で入手できる事。

また、Banggoodで安価なドローンを購入する事でフライトコントローラーを流用すれば、直ぐに代替え用の2号機を作成できる事。

パーツの入手がし易く、お財布にも優しい。いう事ないですよね?

Bayangプロトコルのプロポ「BETAFPV TX01」

BETAFPV TX01

巷では有名なBayangプロトコルのプロポ「BETAFPV TX01」が技適でAmazonで入手可能です。

技適なしのプロポに限っては$9.99と異常なまでの安さです。是非、日本でも実現して欲しいと願いますが、無理なんでしょうね…。(ちょっと愚痴w)

ドローンとセットで販売されている小型のプロポと比較するとチープ感はありますが、十分に機能する商品です。

ポイントはH98のドローン本体付きです。本体はぶっちゃけ捨てても良いと思います!ぉぃ

BATAFPVのサイトでは技適は付いていませんが$9.99。しかしながら国内での利用は出来ません。

商品の確認用にリンク貼っておきます。

BETAFPV TX01 Radio Transmitter (Bayang Protocol)|BATAFPV

Bayang対応FC「BETAFPV Lite Brushed Flight Controller」

BETAFPV Lite Brushed Flight Controller

Bayangプロトコル対応のフライトコントローラーでBATAFPV TX01にてバインド可能。

モーターもプラグで取り替え可能なのがポイントでハンダを必要としません。パーツ交換って結構手間だったりするので嬉しいですね。

価格はAmazonで3,000円くらい。侍ドローンのショップでも販売していたと思うんですが消えてしまいました。でもAmazonで購入しても価格的には問題ないかと思います。

BETAFPVでの購入ならもっと格安で$9.99で入手可能です。

BETAFPV Lite Brushed Flight Controller|BETAFPV

silverwareに対応している為、プロポのスティック操作でacro化できる事もポイントです。BETAFPVのサイトで説明があるので参考にしてみて下さい。

参考

silverware操作方法BETAFPV

BETAFPV Lite FCに対応したFPVカメラ「Z01 AIO Camera 5.8G 25mW VTX」

Tinywhoop

「BETAFPV Lite Brushed Flight Controller」にコネクタ無しで取付け可能なFPVカメラです。

OSD有り、無しのバージョンが選択可能ですが、「BETAFPV Lite Brushed Flight Controller」のみでの利用を想定した場合にはOSD機能がないので無しのバージョンで問題ないかと思います。

系統図付きであれば侍ドローンさんから販売されていますので、そちらを購入する手もありますね。尚、OSD付きの場合には短絡しないと映像が映らないので注意して下さい。

BETAFPVであればOSD付きで$24.99です。

Z01 AIO Camera 5.8G 25mW VTX|BETAFPV

Amazonでも購入できますので一応リンク貼っておきます。

Micro Whoop Frame はサイズ、モーターから選択

Micro Whoop Frame

フレームはお好みのものからチョイスすれば良いと思います。

65mm、75mmのどちらかで。初めの内は65mmの6mmモーターからでも良いかと思います。7mmモーターが利用したくなった場合には、E011などを使ってFCだけ付け替えが出来ちゃったりもします。

Eachine E011 Mini 2.4G Headless Mode With 60000RPM 716 Coreless Motor|Banggood

安いところを探して購入すれば…。付属のプロポは余っちゃいますけどねw(プロポばっかり溜まっちゃって困っちゃってます、どすんだこれ…。)

肝心なBETAFPVでは$3.50で購入できます。

65mm Micro Whoop Frame for 6x15mm Motors|BETAFPV

後は侍ドローンさんとかAmazonですかね〜。

モーターは6mmの「6x15mm 17500KV Brushed Motors」から始めて後はお好み

6x15mm 17500KV Brushed Motors (2CW+2CCW)

モーターは数種類用意してお好みのタイプを利用するのが良いと思います。6mm、7mmそれぞれの性能がありますが、ドローン初心者なら「6x15mm 17500KV Brushed Motors (2CW+2CCW)」$12.99で良いと思います。

6x15mm 17500KV Brushed Motors (2CW+2CCW)|BETAFPV

7mmはAmazonでも買えますね〜。3setだからそんなに高くないかな?

キャノピーはZ01とかなら「Canopy for Tiny Whoop Quads」で決まり!

Canopy for Tiny Whoop Quads

BETAFPVのZ01カメラを利用するならこれで決まりですね。

横に穴が空いてないので少し熱が気になりますが、皆さんで加工しちゃえばOKですかね。$2.00でカラーが選択可能です。

Canopy for Tiny Whoop Quads|BETAFPV

まとめ

なんていうかBETAFPVで揃えておけばFC変えればOSD付きでも遊べたりするので案外汎用性があるかなぁって思っています。

価格もお手頃で国内でもパーツが入手し易い。これで良いんじゃないでしょうか。

moccaは?ですか?早速購入して技適ですし安心して遊べそうです。(まずは自分で技適プロポ抑えてますよwポチポチ)

合わせて読みたい

エントリーモデルとしてBeta65sもオススメです!Bayangプロトコル機を2台持てば飛ばし続けられますよ。

Beta65S LiteはTX01でバインド可能でエントリーモデルに最適!

今回紹介したパーツで自作フープを作ってみました。

betafpv 中華フープ
BATAFPVのパーツで自作ドローン(中華フープ)を作ってみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です