HorizonHobbyでのTinywhoop!Inductrix系ってどうなのよ?

Inductrix FPV Pro

最近色々と思う事がありDMSXプロトコル、Spektrum系を検討中です。

先日「InductrixFPV BL BNF」のブラシレス機が販売されたのも大きいです。BayangプロトコルだとプロポがTX01の後が色々と悩みどろこなんですよね。

Inductrix FPV BL BNF Basic (BLH8850)
HorizonHobbyからInductrixFPV BL BNFのブラシレスドローン販売!

すると結果的にHorizonHobbyでのフープになるのでコストも含めて記事にしておきたいと思います。候補は「Blade Inductrix」「Inductrix FPV」「Inductrix FPV Pro」って感じです。

HorizonHobby Inductrix関連の機体

購入はHorizonHobbyの正規代理店AirCraftでの価格を参考にしています。

Inductrixを取り揃えた時に掛かるコストはどれくらいか?今回は先ほど紹介した3機種【Blade Inductrix、Inductrix FPV、Inductrix FPV Pro】でご紹介したいと思います。

Blade Inductrix & Dxeの場合のコスト、注意点

Tinywhoop blade inductrix

サクサク書いていきますね。

プロポ関連:Spektrum DXe DSMX 送信機 7,800円、プログラムングケーブル:2,180円+1,480円

合計:11,460円(技適対応プロポ!)

ドローン本体:Blade Inductrix BNF 4,980円+電源コネクタJST PH2.0変更 400円

合計:5,380円(Dxe購入前提なのでプロポなし)

FPVカメラ:FX805 FPV カメラ 25mW 5,805円(OSD、系統図付き、侍ドローン)

総合計:22,645円(う〜ん、高い)

電源コネクタの変更は必須ですし、フレームも壊れやすい様なので代替品が必要です。

モーターは17,500以下じゃないと飛行が安定しない(ブレる)らしいので19,000とかは選ばない様に注意してね。

BETAFPVのフレームが利用できるなら問題にならないんですが如何なんでしょうか。利用できるのならば、7mmモーターでBETAFPV65mmフレームで飛ばしたいですね。

Inductrix FPV & Dxeの場合のコスト、注意点

Tinywhoop hs210

プロポは変わらず。

プロポ関連:Spektrum DXe DSMX 送信機 7,800円、プログラムングケーブル:2,180円+1,480円

合計:11,460円(技適対応プロポ)

ドローン本体:Inductrix FPV BNF 8,980円+電源コネクタJST PH2.0変更 400円

合計:9,380円(AirCraftからの購入で系統図付き)

総合計:20,840円(Blade Inductrixとあんまり変わらなかった…。)

こちらもモーターの選択には注意が必要だと思われます。17,500以下を利用する様にしましょう。

また、電源ケーブルをJST PH2.0に変更しないとまともに飛ばないというレビューがたくさんありますのでケーブル交換は必須だと思った方が良いでしょう。(他の2機種も同様だと思って下さい)

これから購入する方は必ず同時に準備する事をオススメします。

Inductrix FPV Pro & Dxeの場合のコスト、注意点

Inductrix FPV Pro

今回の本命「Inductrix FPV Pro」です。BetaFlightでの設定が可能ですがBetaFlightのデフォルト設定よりも良い設定が入っているとの情報があります。

フレームもダクトの角度が少し違うみたいでモーターは逆回転になってるとの事です。

プロポ関連:Spektrum DXe DSMX 送信機 7,800円、プログラムングケーブル:2,180円+1,480円

合計:11,460円(技適対応プロポ)

ドローン本体:Inductrix FPV Pro BNF 9,980円+電源コネクタJST PH2.0変更 400円

合計:10,380円(AirCraftからの購入で系統図付き)

総合計:21,840円

これならBETAFPVのフレームにも載せられる事は間違いないので、今から購入するならInductrix FPV Proって事になります。

でもフレームダクトの角度が少し違うみたいでモーターは逆回転という事もあり、BETAFPVのフレームを利用する場合には設定変更が必要となりそうです。(難しい…。)

ちなみにAirCraftさんから購入すると質問にも答えて頂けるそうで正直、Dxeを購入してSpektrum系に移行しようか悩んでいます。

その他の情報

今回ご紹介した機体に付属するバッテリは200mAhなどで一世代前の代物です。

BETAFPVで販売されている300mAhのHVバッテリーに変更すれば更に楽しく飛ばす事が出来ますので、購入する際には検討してみて下さい。

まとめ

家から離れて飛ばしに行く場合、2台とか用意したくなるですが出費を考えるとやっぱり考えちゃいますね。

今更ですが、Spektrum系で買い揃えても良かったかなぁと思っています。

これから始める方のご参考になれば。(でもBayangプロトコルで初めて後悔はしていません!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です