【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

BETAFPV【HX115 115mm HD Toothpick Drone】HDバージョンの設定!

BETAFPV HX115 115mm HD Toothpick Drone

BETAFPVの【HX115 115mm HD Toothpick Drone】のレビューを進めていますが、機体の整備ついでに色々とやってみたり調べてみた事も含めて記事にしておきますね!

最近、マニアックな記事も増えてきたりしていますが、楽しみながら読んで貰えたら嬉しいです。

色々な機体を触って来ているので感覚的に理解している事もあったりして理由というか感で書いている事もあったりします(๑˃̵ᴗ˂̵)b

【HX115 115mm HD Toothpick Drone】HDバージョンの設定を進めます!

HX115 115mm の機体を分解していく!

今回はLEDのセットで取り付けますが、FCまで辿り着く必要があるので分解から。分解する時は写真を取りながら進める事で、後でどうなってたか解らなくなるのを防ぎます。

BETAFPV HX115 115mm HD Toothpick Drone

キャノピーを外します。

Runcam Split 3 Nano」のDVR基盤が見えますが、カメラとの配線はCaddxで利用されているケーブルと同じタイプに変更になっていました。気をつけないと断線しそうなので慎重に行きましょう。

まだスペアパーツは出ていないかな?…。

BETAFPV HX115 115mm HD Toothpick Drone

キャノピー内には「A01 25-200mW 5.8G VTX」が見えます。もうBETAFPVの定番ですがキャノピーとの相性も良いので使い道は色々ですね♪

BETAFPV HX115 115mm HD Toothpick Drone

DVR基盤を取り外すとFCがお目見えです。

Toothpick F4 2-4S AIO Brushless Flight Controller 12A(BLHeli_S)」というFCで12A対応。16Aくらいあるって思い込んでいましたが、Toothpcikなので12Aでも十分なんでしょう。

toothpick F4 2-4S AIO Brushless Flight Controller 12A(BLHeli_S)

実はこのFCはモーターをコネクタタイプかハンダ付けするタイプかを選択可能ですので、好きなモーターを組み合わせる事が可能なので面白いですね。

BETAFPV HX115 115mm HD Toothpick Drone

今回はLEDとブザーを取り付ける事にしたのでFCに5本の配線をハンダづけしました。

 

BETAFPV HX115 115mm HD Toothpick Drone

配線図はこちらを参考にします。左上の5のハンダパットを利用していますし、それぞれに5VとGNDがあるので配線も簡単で良いです♪

BETAFPV HX115 115mm HD Toothpick Drone

今回利用したLEDは4連*2個です。1個でも良かったんですが少し派手にしてみようかなぁって(/´△\)

0.7g Super Mini WS2812B RGB5050 4 Bit Colorful LED Strip

0.7g Super Mini WS2812B RGB5050 4 Bit Colorful LED Strip

0.7gと軽量ですし安いので中々良いです!追加で購入してストックしておきます(๑˃̵ᴗ˂̵)

ブザーの取り付けとレシーバーの配線を「熱圧縮チューブ Φ2mm」で保護してプロペラへの巻き込み防止をしておきました。

BETAFPV HX115 115mm HD Toothpick Drone

出来上がりはちょうど派手になってしまいました(。-_-。)b

ここまでとは思ってなかったので、い、色を変えるか左右1個づつくらいの点灯に変えようか考え中w。でも派手なの好きなんですよ(/´△\)

ブザーは何処かに適当に付けておきます!

バッテリーを取り付けた場合の重量をチェック

BETAFPV HX115 115mm HD Toothpick Drone

4S450mAh : 122.7g

BETAFPV HX115 115mm HD Toothpick Drone3S450mAh:111.6g

BETAFPV HX115 115mm HD Toothpick Drone2S450mAh 99.5g

ペラは含めていないので取り付けると4Sでは130gくらいになりそうですね。2S時との差は約30gです。

これは1105 5000kvでの参考値として覚えておく事にしました。

これも知っている方もいるかは解りませんが、HX115にはFPVバージョンが存在します。

FPVバージョンは66.6gでHDバージョンは74.3gとあんまり変わらないんですね〜。

重量級の1105 5000kvモーターの「BETA85X 4K」は88.6gで4Sバッテリー込みで56.3g、合計で144.9gです。

HX115FPVバージョン+2Sバッテリーだと91gくらいなのでその差は53.9g。う〜ん。もうちょっと軽くしたいんですが…。

ま、試しに重り積んでどうなるか飛ばしてみましょうか!ぉぃw

今考えているには3インチペラ採用の1105 5000kvはどれくらいの重さに耐えられるのか?というところです。

BetaFlight 設定内容

ポート

Betafpv hx115hd

基本

Betafpv hx115hd Betafpv hx115hd Betafpv hx115hd Betafpv hx115hd Betafpv hx115hd Betafpv hx115hd Betafpv hx115hd

電源・バッテリー

Betafpv hx115hd Betafpv hx115hd

PID

Betafpv hx115hd Betafpv hx115hd Betafpv hx115hd

まとめ

3インチの自作機もそろそろ作ってみたいと思っていますので、1105-1106辺りのモーターとの組み合わせを物色中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です