【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

【Happymodel Sailfly-X 105mm 】超軽量3Sドローンをレビュー予定です!

Happymodel Sailfly-X 105mm

今日注文したばかりなんですが「Happymodel Sailfly-X 105mm 」をプレオーダーで購入しました。

最近はCine whoop(HDフープ)のレビューを中心にしてましたが、徐々に2-3Sのフリースタイル機に市場が移っていると感じています。

HDフープは綺麗な映像が撮影できますが、どうしてもドローン本体が重くなりますので飛ばす事を楽しむという視点では「Happymodel Sailfly-X 105mm 」の様な軽量3Sフープが販売され始めたのは面白い事だと思ってます♪

個人的にも2Sの85mmフープを飛ばしていると非常に楽しいので、それよりも軽量の3Sドローンであれば触って見たいと思い購入する事としました!

売れ始めちゃうと購入まで時間かかりそうなのでプレオーダー中に頼んでおきましたが…。(いや、既にいつになる事やらw)

合わせて読みたい

Happymodel Sailfly-X 105mm Crazybee F4 PRO 2-3S Micro FPV Racing Drone

Happymodel Sailfly-X 105mm Crazybee F4 PRO 2-3S Micro FPV Racing Drone

Happymodel Sailfly-X 105mm Crazybee F4 PRO 2-3S Micro FPV Racing Drone PNP BNF

Happymodel Sailfly-X 105mmの仕様

モーターは1102 8500kvで3S対応。FCは5A対応のものだと思いますが軽量なのでこれくらいでも大丈夫なのかな?軽量機なのでフルスロットルも必要ないと思いますので、取り敢えず使ってみたいと思います!

Specificaiton:
Version: PNP ( Without Receiver) / BNF
Wheelbase: 105mm
Size: 95mm*95mm*50mm(without propellers)
Weight: 35g(without battery)
Weight:60g(with Original 3s 300mah Lipo battery )

Features:
– Crazybee F4 PRO V2.1 AIO Flight controller 2-3s Lipo Compatible
– The lightest 1102 brushless motor only 2.7g with double ball bearings
– Light ,Powerful and smoothly
– AIO 5.8G 40CH 25mW VTX / 700tvl camera with smartaudio
– 2mm carbon fiber frame with TPU 3d-printed canopy
– Betaflight OSD support ,easy to get RSSI, Voltage ,current from your goggles(DSMX version no RSSI output)
– Full telemetry function ready (Frsky and Flysky version support)
– Compatible both for 2s-3s Lipo/LIHV

Package Included:
1x Sailfly-X FPV Racing Drone
1x 3D Printed 30 Degree Angle Canopy ( Red)
1x 3D Printed 40 Degree Angle Canopy ( Purple)
1x 3S 11.4v 300mah 30C/60C battery
1x Propeller disassemble tool
1x Screwdriver

バッテリーは300mah3Sが1個付属しています。moccaはこの辺りの機体を購入する予定がありましたので、別途3個注文済みで届くの待ちです。(そろそろ届く筈。)

最近上がっているレビュー見ていても楽しそうな機体でつい欲しくなって購入です。かなり軽快に飛びそうですね!

今回はPNPバージョンを選択して、ちょっときついかも知れませんがレシーバーはキャノピー後ろに止めてみようかと思っています。

オンボードのレシーバーだとちょっと飛ばす範囲も限られそうなのでダメ元でチャレンジして見ます。(最悪は機体の裏に付けようかと…。)

Frsky XM+ Micro D16 SBUS Full Range Mini Receiver Up to 16CH for RC FPV Racing Drone

まとめ

久々にHDフープ以外での超軽量機を購入しました。

300mah 3Sバッテリーで4-5分くらい飛びそうなので届くのが楽しみです!

2 COMMENTS

アバター マーサー

初めまして!マーサーといいます。いつも拝見させて参考にさせていただいています。

茨城県住で一年くらい前からフープにはまっています。基本indoor、風がゆるい休日はparkflightを楽しんでいます。

私の家はお小遣い制で、その中でコツコツbuildしています。(欲しいものはいっぱいありますが)

今はur65FC、BETAFPV proフレーム75mm、happymodel0802 16000kvモーター、caddx eos2カメラ、whoop vtx、mobulaキャノピー、gemfan4葉、BETAFPV 550mahの構成で、室内と外を併用しています。(モッキンバード設定)

2セル機も検討してますが、少ない小遣いからだと、充電器やらなにやらで出費がかさむので、まだまだ先です。その前にゴーグル(EV200Dが先に入手したい。今はVR D2proです)

今、考えている1セルwhoopが、上記をベースに、happymodel 0803 19000kv 1セル用白motor、TX200U vtx、Runcam racer nanoを検討中です(tinyforkのRuncamもいいけど、vtxがどうなんだろ)後、FCとvtx、cameraの配線がいまいち分からないので、TX200Uを使用しているmoccaさんから、色々学びたいと思っています。

2セルは室内だとパワーありすぎで、室内には向かないなと思ってますし、外飛ばしになるならwhoopじゃなくてもいいんじゃないかとも思ってますので、今度、moccaさんがレビューよていの機体を楽しみに、2セル以上の機体購入の参考にさせていただきます。ロングレンジならGPSも付けてみたいとも思ってます。

長文になりましたが、これからも参考にさせていただきます。

ありがとうございました。

返信する
mocca mocca

マーサーさん>
コメント&ブログの定期購読して貰い有難うございます♪

UR65でのMokingBird設定は飛ばし易いので楽しいですよね!
moccaは最近1Sフープ機を飛ばしていないので久しぶりに飛ばしたくなりました。

2S以上の機体は色々と選択肢がありますからお気に入りの機体が見つかるよ良いですね♪

VTX関連のTX200U配線についてコメント頂きましたので配線図を記事にアップしました!
FC側の図はかなり手抜きですが良ければ参考にして貰えたらと思います。
TX200U VTX配線について

では、今後も当ブログを宜しくです⭐︎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です