Holy stone HS210のTinywhoop化に必要なアイテム!

Tinywhoop hs210

こんにちわ。mocca(@mocca_2017)です(✿╹◡╹)

先日購入したHolystonのHS210をTinywhoop化すべく色々と情報収集をしましたのでご紹介しておきます。

尚、HS210はプロポの変更は出来ない、高度維持の機能をオフにする事が出来ない為にレースなどでの利用は難しいです。

しかしながら、お手軽にFPV化可能です!練習機としては良いと思ってます。

HS210のTinywhoop化!

トイドローンのTinywhoopとは?

百聞は一見に如かずという事でこちらの動画をご覧下さい!

TinywhoopはHorizonhobbyから販売されているBLADE InductrixにFPVカメラを付けてゴーグルで見ながら飛ばす。そしてレースなどを行ったりする過程で進化していった遊びです。

フレーム、モーター、バッテリーなどで性能が大きく左右される為、ミニ四駆みたいな楽しみ方が出来るというと解りやすいかと思います。

もっともミニ四駆は操作できないですが…。

BLADE Inductrixは日本のamazonでも購入できますが、敢えてプロポなしのリンクにしておきます。

詳細は別途調べて貰いたいんですが、日本でドローンを飛ばす為には技術適合マークがあるプロポである必要があります。

ドローン自体は問題ありませんが、プロポ側は制限があるので注意してね。

HA210のTinywhoop化に必要な素材

注意

日本国内でFPVで遊ぶ為にはアマチュア無線4級の資格+基地局の開局が必須です!法律に違反しない様に注意下さい!

第4級アマチュア無線技士
第4級アマチュア無線技士の当日試験!過去問題集で一発合格を目指そう!

前置きはさておき、HS210のTinywhoop化について書いて行きますね。

HS210の詳細はこちらの記事をどうぞ
Tinywhoop hs210
Tinywhoopに向けてHS210のトイドローンを購入!

以下、Tinywhoopに必要な素材です。

ドローン本体(今回はHS210を利用、3,000〜4,000円程度)

FPVカメラ①(系統図は付いていませんが別途1,000円で購入できます。)

Eachine TX02は系統図は付属しませんが結構古くから愛用されているカメラでアンテナを交換すると軽量化が出来たりします。バッテリーに直接半田付けして取り付けます。

カメラ角度を調整したいのであればカメラマウントは利用せずに輪ゴムで止めてしまう方が簡単ですよ!

Banggoodで買い物を予定している方はAmazonよりも2,000円と安く購入できるのでオススメです。

BanggoodでEachine TX02を探す

FPV受信機①(スマホで受信できる、とにかく安く済ませたい方)

iPhoneでも受信できるので便利です。Androidの場合にはOGT、UVC対応端末が必要なので注意して下さいね。とにかく安くてお手軽なのでFPVゴーグルではなくROTG01を購入しても良いかも?。Amazonのレビューでは色々とありますがきちんと動きました。

但しですが映像は遅延気味でFPVするにはちょっと辛いです。お試し用くらいで考えた方が無難です。

Banggoodの場合はこちらから。勿論安いです!

BanggoodでEACHINE ROTG01を探す

Amazonの半値以下。

FPV受信機②(エントリーモデル)

少し価格は上がりますが長く利用できるゴーグルだと思っていますので、参考にして貰えればと思います。

EACHINE EV800D FPV
オススメFPVゴーグル!EV800DとEV100どっちを選ぶ?

個人的にはEV800Dがオススメです。映像遅延もないですし凄くクリアに見えます。

後はハンダなどの工具があればTinywhoop化が可能で、ドローン本体の基盤のバッテリーの部分にFPVカメラを設置すれば出来上がりです。

まとめ

最近は色々な商品が出てきてるので選択肢増えてますね!もっと色々な情報が欲しい今日この頃ですw

この記事を見た方はドローンに興味がある方だと思いますので、以下の記事もオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です