BETAFPVキャンペーン実施中!詳細こちらをクリック!

BETAFPVのパーツで6mmモーター自作ドローン(中華フープ)を作ってみた!

betafpv 中華フープ

こんにちわ。mocca(@mocca_2017)です(✿╹◡╹)

最近どっぷりとドローンにハマってしまっていて出費が凄くて困っているmoccaです(笑)。

現在、Bayangプロトコル系のドローンBeta65s Liteを使って練習していますが、ドローンを購入したい際にフレームやフライトコントローラーなどのパーツも購入していたので中華フープをもう1台作って充電しながら連続して飛ばせる環境を用意してみました。

beta65s Liteよりも軽いのでお気に入りの1台になりました。ちなみに練習用なのでカメラは無しにしています。

BETAFPV自作フープ Bayangプロトコル

Bayangプロトコルで技適プロポを用意しフライトコントローラーを複数持てば1つのプロポで複数タイプのドローンを操作できるのが魅力です。

3,000円で技適プロポ持てるんですから安いもんです!Bayang系の技適プロポはJJRC h98に付属してます。

BETAFPBの自作フープに利用したパーツ一覧

betafpv 中華フープ

こちらの記事でも紹介していますが、今回利用したのはBETAFPVで取り扱っているパーツを利用してみました。

ちなみにプロペラは上手く軸に入らなかったのでhs210の物を流用しました。

  1. フライトコントローラー
    BETAFPV Lite Brushed Flight Controller|BETAFPV
    BETAFPV Lite Brushed Flight ControllerBayangプロトコル、Silverware対応でプロポでacroの切替が可能なタイプです。
  2. フレーム
    65mm Micro Whoop Frame for 6x15mm Motors|BETAFPV
    Micro Whoop FrameBeta65sLiteのフレームと比較すると5程度軽いので飛ばした際の感覚が全く変わります。
    ちなみに65sLiteはちょっと重いのでこちらのフレームに載せ替えるとかなり使いやすくなります。
  3. モーター
    6x15mm 17500KV Brushed Motors (2CW+2CCW)|BETAFPV
    6x15mm 17500KV Brushed Motors (2CW+2CCW)ドローン本体の重さが20gまでであればこちらのモーターが使いやすいです。
    慣れてきたらゴールド色のモーターへ変えようかと思ってます。
  4. キャノピー
    Canopy for Tiny Whoop Quads|BETAFPV
    Canopy for Tiny Whoop Quads
    色による重さの変化はほとんどないみたいなので、お好みで装着しちゃって良いと思います。
    ぶっちゃけ無くっても良いんですけどね、見た目がねw

ネジはフライトコントローラーを購入すると付属でついてきまいたのでそれを利用しました。

フレームとキャノピーの間はそのまま付けてしまうとキャノピーがフレームに当たってネジを締めると歪んでしまったので、少し隙間を作るためにカメラフレームを挟み込んでます。

中華フープの組立(ハンダ不要)

じゃ早速ですが組立をしていきます。ちなみにカメラを付けない場合はハンダが不要です!超簡単!

betafpv 中華フープ

モーターの位置を確認しましょう。黒白と赤黒の位置がポイントです。位置を間違えるとモーターの回転が逆に回ってしまうので注意して下さい。

betafpv 中華フープ

モーターのプラグをフライトコントローラーに差し込みます。向きに注意してね。

betafpv 中華フープ

少し写真が暗くなってしまいましたが、モーターの配線をねじって束ねました。プロペラへの巻き込み防止策です。

betafpv 中華フープ

キャノピーをお好みで装着して完成です!

Beta65sが25gに対して自作フープは15gでした。カメラを付けていないので飛行時間も長く軽くって操作感が良いです。

但しhs210のプロペラを使いまわしたんですが少し緩いみたいで空回りしてしまう事があったのでこんBETAFPVで注文してみようかと思っています。

まとめ

betafpv 中華フープ

写真は自作フープの後ろのプロペラ左右が逆になっちゃってます。写真撮った後に直しました(笑)

自作してみてわかった事は「マイクロドローンでの軽いは正義!」

逆にBeta65sLiteは25gでちょっと重いので、近々もう1個購入しておいたフレームに載せ替える予定です!

そのうち75mmフレームにも挑戦してみたいと思います。

合わせて読みたい

6mmモーターに慣れてきた方は7mmモーターにチャレンジしてみてね!

betafpv
BETAFPVでマイクロドローン7mmモーターフープのオススメパーツリスト!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です