【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

【OpenTXプロポ】FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Editionが届きました!

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition

Banggoodの担当者の方からもうすぐ技適が取れるので、是非レビューして欲しいとの依頼があ理ました、OpenTXプロポ「FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition」をご紹介します。

このプロポの何が凄いって、今まで技適のプロポはFutabaと「Jumper T8SG V2 Plus」のほぼ2択で、それ以外のプロポは「Jumper 4 in 1」という技適モジュールが必要だったんです。(もう1つありますが割愛…。)

でも「FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition」の技適が通れば技適モジュールの必要もないので、これだけ購入すれば利用可能という点が素晴らしいですね。

勿論ですがホールジンバル対応ですので、OpenTX派の方はこちらのプロポが十分に選択肢に入ると思います。

【OpenTXプロポ】FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition

OpenTXプロポ】FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Editionを見てみる

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Editionの仕様

Specifications:
Brand name: FrSky&URUAV
Item name: Taranis X9 Lite Pro Transmitter
Version: Non-EU Version
Dimension: 184*170*101mm (L*W*H)
Weight: about 505g (without battery)
Operating system: ErskyTX / OpenTX (Default: OpenTX)
Number of channels: 24 channels
Internal RF module: ISRM-N
Operating voltage range: 6.0~8.4V
Operating current: 190mA@7.4V
Operating Temperature: -20℃ ~ 60℃  (-4℉ ~ 140℉)
Backlit LCD resolution: 128*64
Model memories: 60 models (expandable by Micro SD card)
Smart Port, Micro SD card slot, Micro USB Port and DSC Port

Taranis X-Lite Proと同様に、新しいTaranis X9 Lite Proも最新のACCESS + ACCST D16通信プロトコルをErskyTX / OpenTXオープンソースオペレーティングシステムとともに使用し、高速で24チャンネル、高速で低レイテンシーを誇ります。高速モジュールデジタルインタフェース。

ワイヤレスファームウェアのアップデートやワイヤレス設定などの追加のACCESS機能は徐々にロック解除され、リモートとモデル間でより信頼性の高い、より安全なリンクが提供されます。X9 Lite Proを多数の追加機能を備えた完全に機能するリモコンにします。

引用:Banggood

このプロポの良いところは沢山あると思っています。

対応プロトコルが「ACCST D16 + ACCESS」というところ。つまりはFrskyX(D16)にも対応しているという事ですね。

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition

プロポの大きさとしてはどうなのか?

実はmoccaは少し小さめのプロポに慣れてしまっていてフルサイズ?って言うんですかね?のプロポは大きくて慣れるまでに時間が掛かりそうだなぁと思っていたりします。

で、Jumper T8SG V2 Plusと数字で比較して見ました。

  1. FrSky Taranis X9 Lite Pro: 184 * 170 * 101mm
  2. Jumper T8SG V2 Plus:158 * 150 * 58mm

FrSky Taranis X9 Lite Proの方が一回り大きい感じです。でも元から大き目のプロポを利用している方は全く気にならないんじゃないでしょうか♪

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Editionを開封!

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition

Taranisでお馴染みの茶色い箱に入って届きました。少し箱の右側が潰れていますが気にしない♪

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition

OSはOpenTCでNon-LBT。

カラーは今のところネイビーブルーのみですが、きっと日本でもそれなりに人気となると思いますので、今後はカラーも増えるんじゃないでしょうか(๑˃̵ᴗ˂̵)b

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition

Taranisでは最近封印シールで止められる様になったみたいですね。

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition

箱から取り出して見ました。ここで気がついた事があるんですがケース入ってないw。

梱包はしっかりとしているので壊れて届く事はないと思うんですがケースはどうしましょうか…。そのうち販売されるでしょうから様子見ながら購入したい思います♪

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition

入っていたのは「プロポ本体」「ステッカー」「英語マニュアル」の3点です。

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition

一番気になっているホールセンサージンバルですが、スロットルのスティック(左側を上下に動かす)がジリジリ言うタイプで少し引っかかると言うか、小まめに調整できる感じです。

持った感じは非常に良く、スティックは「Jumper T8SG V2 Plus」が極端に柔かいので、moccaは少しだけ硬く感じます。

でも、きっと中で調整可能なんだと思いますので後日、蓋を開けて確かめて見ますね。

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition

ジンバル部分をアップして見ました。何だか顔に見えて来ました(ぉぃw

作りもしっかりしていて良い感じです。

FrSky Taranis X9 Lite Pro

裏面です。

FrSky Taranis X9 Lite Pro

実は技適版が届くんじゃないかと期待していたんですが、そんな事はなかったです(。>﹏<)。技適通過の連絡を待ちましょう!

FrSky Taranis X9 Lite Pro

電池ボックスを確認して見ました。今までプロポで利用する電池は18650の生セルが普通だったんですが、「FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition」では「保護回路付きの18650電池」が入ります。(リンク先の商品は1個での販売ですので、購入時は2個をカートに入れてね♪)

なんだか日本を意識している感じがしますね。

FrSky Taranis X9 Lite Pro

色々なコネクタが付いています。この辺りは別途、記事にしていきますね♪

まとめ

そろそろ技適と言われながらまだ時間が掛かっていますが、技適取得が待ち遠しいですね♪

また、セットアップは基本的にはTaranis x Lite proと同じ流れだと思いますので、技適確認後に記事にしていきたいと思います(๑˃̵ᴗ˂̵)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です