【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

【FrSky Taranis X-Lite Pro】が届きました!見た目は抜群です!

FrSky Taranis X-Lite Pro

どうしても欲しくて購入してしまった「FrSky Taranis X-Lite Pro」がようやく手元に届きました!

購入タイミングが微妙だったので結果的に手元に届くのが今になってしまいましたが、無事に手元に届きましたので良いとしましょう(笑)。

見た目が抜群の【FrSky Taranis X-Lite Pro】を早速レビューして行きたいと思います!

FrSky Taranis X-Lite Pro 2.4GHz 24CH ACCESS ACCST D16 Radio Transmitter

FrSky Taranis X-Lite Pro 2.4GHz 24CH ACCESS ACCST D16 Radio Transmitter

FrSky Taranis X-Lite Pro 2.4GHz 24CH ACCESS ACCST D16 Radio Transmitter

FrSky Taranis X-Lite Proを開封!

FrSky Taranis X-Lite Pro

まずは外箱からですが封印シールが貼られていました。先代の「FrSky Taranis X-Lite」はシールはなかったのでちょと意外です。

FrSky Taranis X-Lite

中身を取り出して見ましたが、ケース自体は先代「FrSky Taranis X-Lite」と同様で変化はありませんね。

FrSky Taranis X-Lite Pro

同封されていたのは「本体」「ステッカー」「マニュアル」「18650バッテリー用のカバー」「スティックを調整する為のネジ類」です。

FrSky Taranis X-Lite Pro

左側のが18650バッテリー用のケースですね。これでバッテリーの容量を増やす事が可能になります。

技適「Jumper JP4IN1 Multi Protocal Radio Transmitter Module」取付け

 Share to: Jumper JP4IN1 Multi Protocal Radio Transmitter Module

「FrSky Taranis X-Lite Pro」は技適モデルではないので、「Jumper JP4IN1 Multi Protocal Radio Transmitter Module」を利用して合法利用する事になります。言わば必須アイテムですね!

また、一緒にモジュール取付け用の「Motive-RC JR TX Module Adapter (写真右側)」を準備しておきましょう。取付けた場合には少し隙間が空いてしまいますが、一工夫すれば大丈夫です♪

FrSky Taranis X-Lite Pro

モジュールをセットする場合にはこんな感じでピンを中央の隙間から通しておきます。

FrSky Taranis X-Lite Pro

その後にピンを本体へ取り付けます。

FrSky Taranis X-Lite Pro

最後にアダプターをセットしましょう。中央に隙間があるのでそこにケーブルを通せばスッキリおさまります!

FrSky Taranis X-Lite Pro

最後にモジュールを取り付ければ完了です♪

FrSky Taranis X-Lite Pro 2.4GHz 24CH ACCESS ACCST D16 Radio Transmitter

やっぱりカッコいいですね!ゲーム機のコントローラーっぽいところが大好きです♪

FrSky Taranis X-Lite Pro

「FrSky Taranis X-Lite Pro」の重量を確認したところ、18500のバッテリー込みで450gです。

jumper T8SG V2 Plus

moccaが現在愛用している「jumper T8SG V2 Plus」は500g超えなので「FrSky Taranis X-Lite Pro」が非常に軽い事が解りますね。

50gも差があるので、長時間利用の際には負担が変わって来そうです。

プロポを並べて見ましたが、「FrSky Taranis X-Lite Pro」は高級に見えますね〜。Jumerがおもちゃに見えなくもないです(笑)

まとめ

スティックが少し短いという話も聞いたりしますが、Jumper T8SG V2 Plusからの変更ではほとんど違和感がありませんでした。

また、Jumperモジュールを利用する為にはファームウェアのアップデートが必要なので、次回記事でご紹介したいと思います。

15 COMMENTS

アバター おさる

いつも参考になる内容で楽しみに見ています。
質問なのですがTaranis X-Lite&X-Lite Proはモード変更は可能でしょうか?
間違ってEUバージョンを注文してしまいました⤵️
もしかしたら設定変更可能かなと。
お分かりになりましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

返信する
mocca mocca

おさるさん>
コメントありがとうございます。
X Liteは購入時からモード1と2どちらも対応可能で、
裏側にネジを止めて変更する仕様になっています。
また、x LiteのEUバージョンを購入したと事ですが、
Banggoodからの購入であればEUバージョンは
存在しないかと思ってます。
違うショップからの購入でしょうか?

返信する
アバター おさる

コメントありがとうございます。
Banggoodに注文したら入荷待ちだったため
キャンセルしてhobbykingで購入し、到着待ちです。発送してから2種類あることに気づき焦っていました。
EU仕様のネジ留めを変更すればいいんですね。
機体とのバインドまで無事にできるか
不安と期待が半々です。
また迷ったら教えてください。

返信する
mocca mocca

おさるさん>
少し言葉足らずでした。
モードとEUは全く別だと思って下さい。
モードはスロットルの操作が右か左かです。
FCCとEUは日本で言う技適みたいなもので、電波が違います。
EUバージョンではFCCとはバインド出来なく、日本ではFCCの方を利用する事になると言う理解です。
但し、Frskyは技適モジュールが必要なので、大丈夫なんじゃないかと思ってます。(ちょっと自信ない…
モードが1か2かの選択なら大丈夫かと。
FCCとEUだとした場合は見てみないと使えるか解らないです。

返信する
アバター おさる

moccaさん
コメントありがとうございます

SKU: 9236000193-0 is the EU version and as such it is only compatible with EU RXs. You can change the firmware if needed to work with non-EU RXs.

販売店に質問をしたらこのような回答でした。
open TXで変更できるのかなと思いましたができるかどうかわかりません。
これからopenTXを勉強するので。
FCCとEU全く知りませんでした。
海外通販は難しいですね。

アバター おさる

moccaさん
お世話になります。
X-Lite Proが手元に届いてOpenTX設定の真っ最中です。
EUバージョン→FCCバージョンの変更は無事にできました。
いろいろ教えて頂きありがとうございます。

Mobula6とバインドしたいのですがなかなかうまくいきません。
OpenTXは難しいですね。
設定が間違っているのか、バインド方法が違うのか
原因がわからず困っています。
確認すべき項目がありましたら教えてください。

度々のコメントですいません。
よろしくお願いいたします。

返信する
アバター おさる

現在の設定内容です。

FM:opentx-xlites
VERS:2.3.9-otx(60e1edc1)
Int.module:ISRM-PRO 1.1.0/2.1.0FCC
Ext.module:OFF
Internal RXF
Mode:ACCST D16 CH1-16
INPUTS:ATER
MIXES:
CH1 Ail
CH2 Ele
CH3 Thr
CH4 Rud
CH5 SC ARM
CH6 SB FM
CH7 SD FLIP

Mobula6 Frsky Receiver

返信する
mocca mocca

おさるさん>

ISRM-PRO 1.1.0/2.1.0FCCという事は「FIRMWARE-ISRM」も更新済みという事で良いですかね?
そうすると問題がない様に思えます。

結果、Mobula6側の基本設定のプロトコルがFrskyDになっているのではと推測しますのでFrskyXを選択して下さい。Mobula6のデフォルト設定は、FrskyDになっていますので設定を変更していない方が多い印象です。

詳細はMobula6HDの動画でも解説してますので参考にして下さいな。(Mobula6とMobula6HDはFCの内容は一緒です。)

ちなみに技適モジュール使ってますよね?(笑)

返信する
アバター おさる

moccaさん、コメントありがとうございます。いつもHPや動画も楽しみにしています。Mobula6HDも欲しくなっちゃいました。
Mobula6側の基本設定のプロトコルはFrskyXにしていまし。(betaflight)
別のプロポではバインド出来ているのですが
X-liteProだと、うまくいかないです。
初心者で単純なミスかもしれませんが、原因が見つけられません。
バインドの順番を変えてみたり、betaflightコマンドで試してみたりもしたのですが。
何か確認した方が良いことや思い当たる点があれば教えていただきたいです。

よろしくお願いいたします。

返信する
アバター おさる

moccaさん、こんにちは

Jumper JP4IN1マルチプロトコルモジュールを発注しているのですが、
FrSky Taranis X-Lite Proとmobula6をバインドするには外部モジュールが必要なのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

返信する
mocca mocca

おさるさん>
いえ、そうではないんです。
FrSky Taranis X-Lite Proとmobula6をバインドする事はできます。
但し、FrSky Taranis X-Lite Proは技適ではないので、日本で電波を発信すると問題になります。
詳しくは総務省のホームページを読んで下さいな。

「FIRMWARE-ISRM」って更新してますよね?
ファームウェアだけ更新してISRMが古いとバインド出来ない時があります。

後はBindを押すと8chとか16chとか出るんですが、16ch テレメトリonでBindして下さい。
プロポとドローンは少し離してね。

基本的にはファーム、ISRMのバージョンと選択しているプロトコルがあっていればミキサーの
設定とかはしてなくでもバインドできます。

他のプロポではバインドできているのではれば、方法ではないと思いますので設定の誤りが濃厚です。

取り敢えず、ファームウェアを再度更新して試してみる事をおすすめします。
(技適モジュールで)

返信する
アバター SHOJI

moccaさん、こんばんは
度々のコメントですいません

frsky taranis x-lite pro ⇔ mobula6(frsky)バインド失敗の件ですが、教えていただいた内容にて試しているのですが、うまくいきません。

どこか間違っているところがあるかご確認いただけると助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

返信する
mocca mocca

SHOJIさん>

まず、USBを接続する前にバインドボタンを押したままで接続して下さい。
その後にプロポ側ののBindボタンを押しますが、ドローンから1mくらい離してね。

①ドローンのバインドボタンを押す。
②押しながらUSBかバッテリーを接続する。
③プロポのバインドボタンを押す。

これで解決すると思います。
USBに接続してからMobula6のバインドボタンを押してもバインド出来ないです。

この辺りは利用するプロトコルにより変わってきますので注意が必要です。

以下は補足です。
ちなみに、CLIタブでバインドコマンドがあるんですが、今、手元にMobula6もMobula6HDもなく確かめる事ができません。
都合により再入手していますが、2週間程度後になると思います。

CLIでHelpと入力してエンター。

SPI Bindとかってコマンドがあれば、それを入力するとドローンがバインド待機状態になります。
その後にプロポのバインドボタンを押して、LEDが変わったらsaveで抜けるという方法もあります。

ただ、BetaFlightのバージョンによりコマンドが異なります。。

動画のリンクは色々あるかと思いますので、コメント欄から消しておきました。

返信する
アバター おさる

moccaさん、こんにちは

いろいろ親切に教えてくださりありがとうございました。
FIRMWARE-ISRMをv1.1.3に下げてみたら
バインド成功しました。
mobula6が最新に対応してなかったようです。
始めたばかりなので、これから色々勉強していきます。

ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。
HPも楽しみにしています!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »