【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

Frskyの最高級ドローン用プロポ|Taranis X9D Plus SE 2019をレビュー!

FrSky Taranis X9D Plus SE 2019 24CH ACCESS ACCST D16 Mode2 Transmitter

今回はFrskyから販売となっているFPVドローン用の最高級機プロポ「Taranis X9D Plus SE 2019」のレビューとなります。

色々なプロポをレビューして来ていますが、もう折角であればFrskyの一番高級なプロポがどんな物か試したい。そしてそろそろフルサイズのプロポへ本格的に移行したいという思いからです。

尚、Taranis X9D Plus SE 2019は技適は取得していないので、別途、技適モジュールを購入して利用する事が前提となります。

Frskyの最高級ドローン用プロポ|Taranis X9D Plus SE 2019をレビュー!

FrSky Taranis X9D Plus SE 2019 24CH ACCESS ACCST D16 Mode2 Transmitter

FrSky Taranis X9D Plus SE 2019 24CH ACCESS ACCST D16 Mode2 Transmitter

カーボンファイバーとダークブルーの2色展開。多分、カーボンの方が人気があるんでしょうけど、個人的にはブルーが好きなのでダークブルーのFCC versionをチョイスしました。

ちなみにLTBはEU圏の方ようですので購入時はFCCを選択しましょう!(どのみち、内部受信機は利用できないですけどね。。)

Taranis X9D Plus SE 2019の使用感について

Taranis X9D Plus SE 2019を開封!

FrSky Taranis X9D Plus SE 2019 24CH ACCESS ACCST D16 Mode2 Transmitter

「Taranis X9D Plus SE 2019」はいつも届くプロポのケースよりもかなり大きなサイズのケースで届きました!(デカっw)

Taranis X9D Plus SE 2019

開封してみたところ。

  1. Taranis X9D Plus SE 2019本体
  2. ストラップ
  3. USBコネクタケーブル
  4. ストラップ止める金具(なんていうんだろ?)
  5. マニュアル

となっていました。

Taranis X9D Plus SE 2019

なかなか質感が伝わり難いですが、「FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition」とは全く質感が異なります。

ちなみに「FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition」の写真はこちらですが、スイッチの数も違っています。

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition

Taranis X9D Plus SE 2019の方がピカピカしているのが解りますね〜!触った感じもチープな感じは全くしません。

FrSky Taranis X9D Plus SE 2019 24CH ACCESS ACCST D16 Mode2 Transmitter

Taranis X9D Plus SE 2019のスイッチの辺りをアップしたところです。

スイッチを動かしてみてビックリしたんですが、とても滑らかに動きます。価格の差ってこういうところにも出るのだと驚きました。

FrSky Taranis X9D Plus SE 2019 24CH ACCESS ACCST D16 Mode2 Transmitter

Taranis X9D Plus SE 2019の電池ボックスは少し狭めです。バッテリーは付属していないので、18500*2個のLi-ionのバッテリーボックスを自作して利用するか、別途バッテリーを購入する必要があります。

でも、皆さんのおうちに転がっているであろう2Sのリポバッテリーでも動きますので、わざわざ購入しなくても大丈夫です。(私は18500*2個のLi-ionのバッテリーボックスを自作)

参考Taranis X9D Plus SE 2019のバッテリーリスト(AliExpress)

MEMO

現在はBanggoodではバッテリーが購入できないので、AliExpressのリンクを貼っておきました。AliExpressの配送が遅いというコメントもありましたが、直近ではどこのショップも配送が遅れいましたが、現在はAliExpressでもバッテリがー10日程度で届くケースもあります。(これは爆速だと思いますが。。)

FrSky Taranis X9D Plus SE 2019 24CH ACCESS ACCST D16 Mode2 Transmitter

そして技適モジュールを取り付けます。尚、私のモジュールは古いタイプなので、今から購入する方は以下のリンクの商品を購入した方が良いと思います。

Jumper JP4IN1 Multi Protocal Radio Transmitter Module

FrSky Taranis X9D Plus SE 2019 24CH ACCESS ACCST D16 Mode2 Transmitter

そして電源投入!

うん!カッコいいo(`ω´ )o(自己満足w

スティックの動きはどうなのか?

これって難しいお話なんですが、初めはやっぱりフルサイズのプロポは苦手だったのでそちらの意識が強かったんですが、1時間くらい首からぶら下げて触って慣れて来たところちょっとスムースな気がして来ました。

表現が難しい。。。w

まとめ

使い方などは、後日少しまとめてると思っていますが、基本的にはOpenTXなので今まで書いた過去記事と同様の設定をすればOKという事になります。

特にFrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Editionとスイッチの数が違う程度なので、設定に困る事はないかと思います。

プロポの選択は人それぞれで合う合わないがありますが、出費を気にしないのであれば初めからフルサイズのプロポを利用してしまうのも手だと思います!

このサイズしかしならければ、私の様に困る事もないと思いますのでw

OpemTXの設定方法は以下の記事から読んで下さいな♪

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition【技適】「FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition」新たな技適プロポ誕生!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »