【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

【OpenTX】FrSky Taranis X9 Lite Proの設定方法②「モデルデータ」作成!

opentx

前回の記事では「【OpenTX】FrSky Taranis X9 Lite Proの設定方法①「ファームウェア」インストール」について記事にしました。

今回はUR65やUS65用のModel作成についてご紹介します。尚、UR65やUS65ではなくっても基本的な考え方は同様です。

では早速作成して行きましょう!

【OpenTXの始め方】OpenTX CompanionでModel作成をしよう!「FrSky Taranis X9 Lite Pro」版

FrSky Taranis X9 Lite Proのマニュアルを見てスイッチの名前を確認しよう!

openTX

アームやフライトモードの設定をしますので各ボタンの配置を確認しておきましょう。

SAにアーム、SBにフライトモード、SDに起き上りモード、SCにブザーの設定をするのが良さそうですね。(この辺りはお好みで)

FrSky Taranis X9 Lite ProのプロポをUSBモードで起動しよう!

openTX

FrSky Taranis X9 Lite Proでは上記の様にトリムを左右から中心に押し、電源ボタンで起動するとUSBモードになります。

openTX

この状態でプロポとUSBケーブルを繋ぎ「OpenTX Companion」を起動しましょう。

「OpenTX Companion」を起動してModelを作成

「OpenTX Companion」を起動して「送信機から機体モデルや設定を読み込み(赤枠)」を選択します。

すると以下の画面になりますので「インデックス02」でダブルクリックします。

openTX

モデル名「US65」としモデルタイプ「マルチローター」を選択して次へ。

openTX

チャネル設定は以下(AETR)です。選択が終わったら次へ。

openTX

今回はモデルオプションは設定せずに次へ。

「OK、承知しました。」を選択して完了。

すると元の画面に戻り「Model」の作成が終わった事が解ります。次に「Model」の詳細設定を進めます。

「OpenTX Companion」で作成したModelの編集をしよう!

インデックス02に作成したModelを編集する

先ほど作成したModel(US65)を編集する為にModel(US65)をダブルクリックします。

openTX

「セットアップ」タブで「内部送信システム」で利用するプロトコルを選択します。

今回はプロトコルを「Frsky ACCESS ISRM」を選択し、チャンネルを「16」とします。

openTX

続いて「ミキサー」タブの設定をします。ここはスイッチの設定をすると思って貰えれば大丈夫です。「CH5」をダブルクリックします。

openTX

ここで思い出して欲しいのはマニュアルのボタン配置です。「ソース:SA」の3ポジションスイッチに「ARM」として名前をつけて設定しました。

またウェイト「-100」として最小、最大の切り替えを逆にしておきます。これで下:Disarm 上:ARMの切り替えが可能となります。

 

openTX

同じ方法で「CH6」に「SB」を設定、「CH7」にFly(フライトモード)として「SC」を設定、「CH8」にBeep(ブザー)として「SD」を設定。

尚、SDについてはスイッチを逆にしなくて良いのでウェイトは100のままです。

openTX

設定後は以下の様になります。

openTX

「テレメトリー」タブはオマケですがOpenTXはアラートを音声で伝えてくれますので、Low Alarmを60くらいで設定しておくと良いかも知れません。

尚、RSSIは0まで行かなくて35辺りを切るとLostします。

openTX

設定が終わったら左上の赤いボタン(閉じる)を押しましょう。これで設定は完了です。

OpenTX Companionで編集したModelをプロポに書き込もう!

Index02の編集が完了したModelをプロポに書き込む

「機体モデルと設定を送信機へ書き込み」を選択します。(画面左側)

openTX

「ファームウェアの互換性を確認」「書き込み前にバックアップを取る」をチェックし「書き込み」を押してプロポへの書き込みが完了です。

openTX

FrSky Taranis X9 Lite Pro側で2点を設定しよう!

FrSky Taranis X9 Lite Proの「menu」ボタンを長押しします。「RADIO SETUP」タブの1ページ目にある「RX cannel ord」を「AETR」に変更します。(これはモデルを作成した初回の1回のみでOKです。)

openTX

続いてトップ画面に戻り「menu」ボタンを短めに押して「SETUP」タブに入ります。「Mode」を「ACCST D16」へ変更する事でFrskyXとバインド可能になります。これ重要!

openTX

ドローン本体側のバインドスイッチを押しLEDが点滅したらプロポ側の「SETUP」ページの「Receiver」「Bnd」をエンターしてトップ画面に戻ればバインド完了です!

まとめ

ざっとですが必要最低限の設定について記事にまとめました。次はTrimとSubTrimについてご紹介しますね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です