【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Editionのスティックのバネ調整で柔らかくしよう!

FrSky Taranis X9 Lite Pro

OpenTXプロポ「FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition」のレビューを進めています。

今回は一度「Jumper T8SG V2 Plus」を利用してしまった宿命ともいうべきスティックが硬くて操作が難しいという問題を解決すべく、スティックのバネ調整を行う事としました。

個人的には「柔らかい方が良さし易い」と思っていますし、細かな操作にはこの方が向いているんだと思っています。

では、分解!じゃなくってスティックのバネ調整を行ってみましょう!(๑˃̵ᴗ˂̵)b

「Taranis X9 Lite Pro」のスティックのバネ調整!

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition

本日、Banggoodの担当者の方から、「FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition」の技適は7月末までには取得出来ると思われると回答を頂きました。

でもメーカーの事なので遅れる可能性もあるとの事です!

スティックのバネ調整の為にプロポのネジを外しましょう!

「FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition」のバネ調整は凄く簡単でしたので、もう少し柔らかくしたいという方は直ぐにでも実践すべきです!w

FrSky Taranis X9 Lite Pro

まずは、赤丸部分のネジを外しましょう。続いてカバーを外しますがツメありませんので簡単に外れます。

一箇所、右下に電池ボックスとのコネクタがありますので注意です。

FrSky Taranis X9 Lite Pro

ここだけですね。

FrSky Taranis X9 Lite Pro

蓋を開けて見ました。シンプルな作りでメンテもし易そうです♪

FrSky Taranis X9 Lite Pro

スティックのバネ調整(硬さ調整)は上の写真の赤丸部分のネジを回します。スロットル(左の上下)のみ2箇所のネジで「ジジジ」と硬さの両方を調整できます。

どちらのネジも緩めすぎるとスティックの中央付近がダラダラになってしまう為に程よいところまでにしておきましょうね(๑˃̵ᴗ˂̵)v

FrSky Taranis X9 Lite Pro

蓋を閉めて元どおりにすれば完了です!

Jumper T8SG V2 Plus」と比較してみましたが、硬さはほとんど同じくらいまで調整出来ますので、後は大きさのみですので移行する方は慣れるのみです。

「Taranis」系のプロポから移行する方はスティックの硬さはあんまり気にならない程度かと思いますが、色々と調整してみるのも難しくないので試して見ても良いと思います♪

まとめ

サクッと記事にしましたが、スティックの調整が出来るってかんり重要な事だと痛感しています。

サイズは変更する事は出来ませんが、バネが調整出来るだけでも朗報ですね!続いては最新のOpenTXの利用方法について取り纏めて行きたいと思いますo(`ω´ )o

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です