【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

FPVゴーグルって何を選べば良いの? オススメランキングというか個人的な見解です!

Fatshark ATTITUDE V5 FPVGoggle

今回はタイニーフープ(Tiny whoop)などのドローンで利用する、おすすめFPVゴーグルをご紹介しますね(๑˃̵ᴗ˂̵)b

これからマイクロドローンを始める方から、エントリーモデルからミドルクラスへの買い替え、ドローンレースでほとんどの方が利用しているゴーグルなどを今までの利用経験や周りの方の利用状況などから、おすすめFPVゴーグルのまとめ記事を作成する事としました。

FPVゴーグルはプロポとは異なり技適である必要がありませんが、FPVカメラから映像に関する情報を発信するにはアマチュア無線4級などの資格が必要になりますので注意してね(/´△`\)

合わせて読みたい

アマチュア無線4級の試験に関する事、開局に関する内容はこちらの記事でご紹介しています♪

BETAFPV_Z01_AIO_Camera_外観1ドローンのFPVをする為に開局申請をしよう!アマチュア無線の免許が必要です!

技適プロポに関する事は以下の記事を参考にどうぞ(๑˃̵ᴗ˂̵)v

Eachine Cinecan 85mm 4K【マイクロドローン技適プロポ】これからドローンを始める方へおすすめプロポをご紹介!

FPVゴーグルって何を選べば良いの?購入時のポイント!

FPVドローンを始めて1年半程度が経過して色々なFPVゴーグルを利用してみたmoccaからのおすすめFPVゴーグルとポイントをご紹介して行きます。まずは所感から。

最近「Fatshark HDO」を利用していて思う事ややっぱりモニターの違いです。使えば使うほど有機ELって凄いんだなぁって実感します。

クリアというか綺麗に映像を見る事が出来ます。端っこまでしっかり見えるんです。

この辺りって飛ばしている時の疲れとかストレスになったりしますので、長時間フライトすればするほどその差は大きく出てくると感じています。

また、リセールバリューからもFatshark製のFPVゴーグルを購入するのがベストだと感じてます。

でもこれからFPVゴーグルを購入する方は色々と迷ってしまうかと思いますので、抑えておきたいポイントも含めてご紹介しますね(๑˃̵ᴗ˂̵)b

単眼FPVゴールと二眼FPVゴーグルが存在する!

ドローン用のFPVゴーグルには「単眼FPVゴールと二眼FPVゴーグル」という物が存在して単眼ゴーグルはモニターが1つ、二眼FPVゴーグルにはモニターが2つという大きな差があります。

EV800d

こちらが単眼FPVゴーグル。比較的に低価格ですが大きい、重いの2点がデメリット。

Fatshark Attitude V5

こちらが二眼FPVゴーグルで価格はピンキリ。単眼FPVゴーグルと比較するとコンパクトで軽量なものが多い。

単眼ゴーグルはエントリーモデル、二眼ゴーグルはミドルからハイエンドモデルが多く存在していて、これから始める方は単眼ゴーグルを購入しておきたくなりますが、利用してもそのうち二眼ゴーグルが欲しくなる事は間違いないと思います(。-_-。)

また、持運びする事を考えている方は二眼ゴーグルの方がコンパクトですのでこちらを選択した方が無難でしょう。

FPVゴーグルに録画機能(DVR)が付いているか?

FPVゴーグルではドローンに取り付けたFPVカメラの映像を見るという機能だけではなく、録画した映像を保存する事が可能なタイプが存在し、安価なゴーグル以外はだいたい録画機能(DVR)が搭載されています。

ドローンを飛ばしていると必ず録画してその映像を頼みしたい。と思う様になりますので、録画機能付きのFPVゴーグルを選択する事をおすすめします(๑˃̵ᴗ˂̵)b

IPD(瞳孔間距離)の調整は幅はどれくらいか?(二眼ゴーグル限定)

IPDとは瞳と瞳の間の距離の事でこれは人それぞれ異なっています。この距離の調整範囲の中に収まらないと映像がぼやけて見えてしまう原因となってまうケースが存在します。

但し、現在メジャーとなっているFPVゴーグルはある程度のPID調整が可能ですので、全く合わなかった!という事は現在は稀だと思います♪

参考までにこちらの記事で紹介しているFPVゴーグルのPID値です。

FPVゴーグル IPD(瞳孔間距離)の幅
日本人のPID平均値 60〜64mm*wiki参考
Fatshark attitude v5 59〜69mm
Fatshark HDO 59〜69mm
Eachine EV200D 56〜72mm

その他

近視対策様に度入りのレンズが装着可能か?

二眼ゴーグルではジオプターレンズといって、小さな補正用の度入りレンズを装着可能なタイプが存在しています。

近視の方には必須の機能となりますが本記事で紹介している二眼ゴーグルは全て装着が可能ですので安心してね♪

アスペクト比について

書き出すとキリがないので細かい説明はしませんが、アスペクト比と言ってドローンのカメラ映像の縦横比とゴーグルで見る映像の比率が同一の方が圧倒的に見やすいです。

現在はほぼ4:3というのが現実ですので、16:9を選択する必要は少ないです。

おすすめFPVゴーグルのご紹介!

あんまり多く紹介しすぎてしまうと迷ってしまうと思いますので、おすすめ出来る物に限定して紹介しますねo(`ω´ )b

FPVゴーグルの比較表

まずはFPVゴーグルの比較表から詳細は以降の記事を参考にして貰えればと思います♪

スマホで見る場合にはスライドして見てねo(`ω´ )b

FPVゴーグル Fatshark ATTITUDE V5 FPVGoggle FatShark Dominator HDO 2 1280x960 OLED Display 46 Degree Field of View 4:3/16:9 FPV Goggles Video Headset for RC Drone FatShark Dominator HDO 4:3 OLED Display FPV Video Goggles Eachine EV200D Skyzone SKY03O Oled /SKY03S 5.8GHz 48CH Diversity FPV Goggles Support OSD DVR HDMI With Head Tracker Fan LED For RC Racing Drone - SKY03O Red EACHINE EV800D FPV Eachine EV800DM Varifocal 5.8G 40CH Diversity FPV Goggles with HD DVR 3 Inch 900*600 Video Headset Build in 2000mAh Battery
メーカー Fatshark Fatshark Fatshark Eachine Skyzone Eachine Eachine
商品名 attitude v5 HDO2 HDO EV200D SKY03O EV800D EV800DM
おすすめ度




詳細 リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク
価格 $299.99 $499.99 $499.99 $269.00 $428.90 $88.88 $95.99
タイプ 二眼 二眼 二眼 二眼 二眼 単眼 単眼
解像度 640 X 400
有機EL
1280 X 960
有機EL
960 X 720
有機EL
1280 X 720 1024 X 768 720 X 576 720 X 576
アスペクト比 4:3 4:3
16:9
4:3 4:3
16:9
4:3 4:3
16:9
4:3
外部受信機 不可 不可 不可
録画機能(DVR)
IPD
(瞳孔間距離)
59~69mm 54-74mm 59~69mm 56~72mm 57.5~69.5mm
視力補正レンズ 調整
機能有
不可
メガネ
曇り止めファン

今まで人気だったEV200Dに代わり「Fatshark attitude v5」がコスパ最強!

解像度 640 X 400 有機EL
アスペクト比 4:3
録画機能(DVR) あり
IPD(瞳孔間距離)の幅 59〜69mm
視力補正レンズ 取付け可能
曇り止めファン あり
価格 $299.99くらい(Banggood)
40,000円くらい(Amazon)

「Fatshark attitude v5」はコスパ最強で付属品以外の購入品がほぼ無し済みます。

今までオススメしていた「Eachine EV200D(記事後半に登場)」はアスペクト比(映像の縦横比)4:3と16:9を選択できる事で、moccaもそれは重要な要素だと思っていました。

勿論、ジオプターレンズを利用できるのは大前提です。

でも、65mm〜75mm辺りのフープで利用するFPVカメラは、ほぼ全てが4:3なので16:9という選択しは無くても良いんじゃないかな?って思い始めています。

すると有機ELでEachine EV200Dと同じ価格(少し値段が下がっていますが、アンテナとかは購入しなきゃなのでトータルコストは同じくらい)で購入できる「Fatshark attitude v5」は凄いです。

しかも受信機+アンテナ+バッテリーケース付き。Lipoじゃなくってリチウムイオンが利用できる点も優秀でコスパを見ても素晴らしいです。

ドローン関連のアイテムを購入する際の一番の問題は関連商品など余計な買い物をしてしまう事。「Fatshark attitude v5」はそれをしなくて良いのも利点です。(電池以外はオールインワン!)

これから始める方や格安ゴーグルを利用していて何を購入しようか迷っている方は間違いなくこれだと思います。(購入できる資金がある方に限りますw)

現時点ではあんまり記事に上がってこないのは持っている方が少ないからで、今後は手にした方からレビューが上がって来るんだと思いますが、moccaも購入しましたのでレビューしますね。

ちなみにこれだけ人気があるとクーポンも中々出ないので欲しいタイミングで購入するのが良いと思います♪

使い始めた瞬間はフィット感からアレ?って思うかも知れませんが数日使ってみて下さい。あ、平たい顔ぞくグッズは同時での購入が無難ですね(๑˃̵ᴗ˂̵)

合わせて読みたい

FPVゴーグル「Fatshark attitude v5」のレビュー記事は以下を参考にどうぞ!関連アイテムも一緒にご紹介しています♪

Fatshark Attitude V5FPVゴーグル「Fatshark Attitude V5」をレビュー!ミドルクラスのFPVゴーグルならこれでしょ!

【実機レビュー】Fatshark attitude v5を使い方まで詳しく説明!

まだ評価は解らないけど「Fatshark HDO2」がきっと良さげ!

FatShark Dominator HDO 2 1280x960 OLED Display 46 Degree Field of View 4:3/16:9 FPV Goggles Video Headset for RC Drone

解像度 1280 X 960
有機EL
アスペクト比 4:3 / 16:9
録画機能(DVR)
IPD(瞳孔間距離)の幅 54-74mm
視力補正レンズ 機能あり
レンズ不要
曇り止めファン あり
価格 $499.99くらい(Banggood)

現在、予約開始中で大物海外レビュワーのみしか手にしていませんが、多分、以降の記事で紹介するHDOに代わり最高峰のFPVゴーグルとなるでしょう。

既に注文しましたので届き次第でレビューします♪

高級品を購入できる方は「Fatshark HDO」が絶対おすすめ!

FatShark Dominator HDO 4:3 OLED Display FPV Video Goggles 960x720 for RC Drone

解像度 960 X 720 有機EL
アスペクト比 4:3
録画機能(DVR) あり
IPD(瞳孔間距離)の幅 59〜69mm
視力補正レンズ 取付け可能
曇り止めファン あり
価格 $499.99くらい(Banggood)
66,000円くらい(Amazon)

お金に糸目は付けないという方は「Fatshark HDO」で良いと思います。

moccaも一押しですし、最近は色々な方と接する事が多くなって来ていますが、利用頻度が一番高いのは「Fatshark HDO」で非常に人気が高いです。

何故、人気なのかは色々な理由があるかと思いますが、軽量、コンパクト、電池の持ちが悪くない(EV200Dと比較するとかなり良い)とこの辺りが人気の理由なんだと思います。

勿論ですが有機ELなので視界良好です。

外部受信機も利用可能で、moccaは現在「Furious Ture-DX」を利用していますが、何かと便利ですので「Furious Ture-D」よりもオススメです。

折角の最高級機なので、「Furious Ture-D」を購入してやっぱり「Furious Ture-DX」を購入しておけば良かったという事にならないようにする事が大切です。

性能もあったりしますが、もはやこの辺りまで来ると自己満足度も重要な要素になって来ます。「Fatshark HDO」は最高級機を手にいている優越感を得られる事も人気の理由だと思います。

合わせて読みたい

FPVゴーグル「Fatshark HDO」のレビュー記事は以下を参考にどうぞ!関連アイテムも一緒にご紹介しています♪

最高峰FPVゴーグル【FatShark HDO】完全レビュー!光が漏れも対策や他のFPVゴーグルとの比較も!

【実機レビュー】Fatshark HDOを関連アイテムや使い方まで詳しく説明!

顔が大きめの方には「Eachine EV200D」がピッタリです!

Eachine EV200D 1280*720 5.8G 72CH True Diversity FPV Goggles

解像度 1280 X 720
アスペクト比 4:3 or 19:6
録画機能(DVR) あり
IPD(瞳孔間距離)の幅 56-72mm
視力補正レンズ 取付け可能
曇り止めファン あり
価格 $269.00くらい(Banggood)

Eachine EV200Dの最大の特徴は、他のFPVゴーグルと比較し「IPD(瞳孔間距離)の幅」が一回り大きなところです。

つまり顔が大きかったり、目が離れている方はEV200Dを利用が良いと思っています。

また、受信機が2つありますが電池節約の為に片側を外して利用可能。また、外部受信機を購入して変更出来ます。

moccaの本音は外部受信機が取り付け可能なゴーグルはそれだけでも意味があります。クリアな映像を受信するには受信機が大きな役割を担っていますので、新商品が出た際に変更が可能な点は大きなアドバンテージになっているでしょうね。

この辺りが今もなお人気になっているポイントかと思います。買って利用できないって事がない安パイなFPVゴーグルです。

合わせて読みたい

FPVゴーグル「Eachine EV200D」のレビュー記事は以下を参考にどうぞ!関連アイテムも一緒にご紹介しています♪

Eachine EV200D 1280*720 5.8G 72CH True Diversity FPV GogglesEachineFPVゴーグル「EV200D」がオススメな理由!何方にでも間違いが起こり難い!

【実機レビュー】Eachine EV200Dを関連アイテムや使い方まで詳しく説明!

「Eachine EV800DM」単眼FPVゴーグルがエントリーモデルとして良いかも?

Eachine EV800DM Varifocal 5.8G 40CH Diversity FPV Goggles with HD DVR 3 Inch 900*600 Video Headset Build in 2000mAh Battery

解像度 720 X 576
アスペクト比 4:3
録画機能(DVR) あり
IPD(瞳孔間距離)の幅 単眼FPVゴーグルなので不問
視力補正レンズ メガネ取付可能
メガネフィットサイズ140mm X 40mm
価格 $95.99(Banggood)

安すぎるゴーグルはあまりおすすめしないのですが、「Eachine EV800DM」は必要な機能が一通り揃っているのでご紹介しておきたいと思います。

尚、まだ実機が届いていませんが今月目処にレビュー予定です。

日本円で大体10,000円くらいの単眼ゴーグルですが、DVR機能、アスペクト比が4:3でメガネも装着出来そうなFPVゴーグルで、これから始める方でコストをなるべく抑えたい方にはピッタリではないでしょうか。

合わせて読みたい

EV800DMが手元に届きました。実際の利用感は以下の記事を参考にどうぞ♪

Eachine EV800DM Varifocal 5.8G 40CH Diversity FPV Goggles with HD DVR 3 Inch 900*600 Video Headset Build in 2000mAh Battery単眼FPVゴーグル「Eachine EV800DM Varifocal 5.8G 」をレビュー!

FPVモニター(録画機能付き、内蔵バッテリー)

次におすすめしたいのはFPVモニターです。

FPVゴーグルもそうなんですが安物を購入してしまうとどの道あとで良いものを欲しくなってしまうので、初期から一定の機能を有している商品をチョイスするのが結果的に最低限の出費に抑えるこ事が可能です。

多種多様な用途に利用可能なFPVモニター「Eachine LCD5802D」がおすすめです。

Eachine LCD5802D

解像度 800 X 480
バッテリー 内臓
録画機能(DVR) あり
サイズ 180mm x 120mm x 25mm
その他 映像を入力してモニターとしての利用可
価格 $84.99くらい(Banggood)

今回紹介しているモニターは「録画機能」「AV入力・出力」「スピーカー」「ステー」「ダイバーシティ」とメンテのみならず、録画用、他の方がFPVしている映像を楽しむ用など多種多様な用途に利用可能です。

もしですが、FPVゴーグルを何にしようか迷ってしまっている方やFPVゴーグルでは酔ってしまうという方はこちらをチョイスしても良いんじゃないでしょうか。

勿論、FPVモニターよりもFPVゴーグルの方が飛ばし易いんですが、どれか迷って安物のゴーグルを購入したり気持ち悪くなりながらドローンを飛ばすくらいなら、後で別の用途に利用できそうな物をチョイスしておくのが良いと思います。

ドローンを楽しむ上で無駄な出費を抑える事がコスパ最強なのは言うまでもありませんw

Eachine EV800Dはゴーグルの他にもモニターとして利用可能で無駄にならない!

Eachine EV800D 5.8G 40CH Diversity FPV Goggles 5 Inch 800*480 Video Headset HD DVR Build in Battery

解像度 720 X 576
アスペクト比 16:9 or  4:3
録画機能(DVR) あり
IPD(瞳孔間距離)の幅 単眼FPVゴーグルなので不問
視力補正レンズ 不可
曇り止めファン 無し
価格  $88.88くらい(Banggood)

moccaが初めて購入したFPVゴーグル(モニターにもなる)で、個人的にはかなりおすすめしたいです。

理由はFPVゴーグルと手の役割を終えてもモニターとして利用可能な点。現時点で$85程度の価格でありながらダイバーシティ、録画機能を有している点で非常に優秀だと思います。

ドローンを楽しんでいく上で、モニターを持っている事はメンテナンス時やカメラ設定の際に非常に重要で、いちいちゴーグルして映像を確認なんてやってられないんです。手元も見れなくなってしまうのでメンテも捗りません。

何気に上級者も未だに保有いている方もいると思います。ちなみにmoccaのEV800DはEV200Dを購入する為に旅立ってしまいましたが、持っておけば良かったと後悔しています。今までは小型のFPVウォッチを利用してたんですが見難いので、結局、先に紹介した「Eachine LCD5802D」を購入するに至りました。

目が悪い方は初めはモニターとして利用しながらフライトすると良いと思います♪

まとめ

いくつかのゴーグルやモニターを紹介しましたが、タイニーのレースなどに参加したりすると周りの方はほぼ「Fatshark一色」というのが現実で、それを羨ましく思う人は多くいると思います。

そんな環境に進む事を考えている方、これから進む可能性があると思う方は「Fatshark」を購入するのが無難です。

先にも書きましたがとんでもない製品が出るまでは買い換えなくて済むので実はコスパ最強なんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »