【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

【Toothpick】買うならどれが良いの?「HX100(3S)」か「TurboBee 120RS(4S)」の機体の2択!アイテムリスト有り!

HX100 100mm FPV Quad

普段はレビュー用の動画を撮影する事が多いので、自分の好きな様に飛ばす事はあんまりないのですが、今日はmoccaの好きな様に飛ばして来ましたo(`ω´ )o

結論、Toothpickを買うなら「HX100 3S」か「iFlight TurboBee 120RS 4S」のどちらかにした方が良いです。

【Toothpick】買うならどれが良いの?「HX100(3S)」か「TurboBee 120RS(4S)」の機体の2択!アイテムリスト有り!

iFlight TurboBee 120RSを初めて4Sで飛ばしてみました!

iFlight TurboBee 120RS 4S

4SのToothpickを探しているのであれば「iFlight TurboBee 120RS(4S)」がベストだと感じています。

今回利用したバッテリーはBETAFPVの「4S 450mAh Lipo battery」でした。

batteryはどれが良いの?と質問があったりしますが、正直なところmoccaは何処のメーカーでもほとんど差を感じません。

飛びっぷりは機体の性能や操作技術に左右される事の方が多いので、本当にその機体に慣れて来たらどのbatteryを利用するかを考えれば良いと思います。

その際にはTattuでも買えば良いかなって思っていますが、moccaは3S、4S共にtattuは持っていません(鈍感なだけかも?)。という事である程度のメーカーで安いので良いんじゃ無いですかね。

で、肝心な「iFlight TurboBee 120RS」の4Sでの飛びっぷりは流石に4Sで、音、力強さは3Sの比ではないと感じました。5インチまでとは行かずともかなり近い音がしていました。

動画は下手すぎる(酔うと思う…。)ので割愛させて下さいw

3SToothpickでどれを買うか悩んでいるなら「HX100 100mm FPV Quad」一択!

Toothpickは既に4機を所有していますが、結局のところ飛ばしているのは先に書いた「iFlight TurboBee 120RS」と「HX100 100mm FPV Quad」です。

この機体が他の「Toothpick」と違う点は1103モーターなところです。完成機を購入したいなら「HX100 100mm FPV Quad」となる訳ですし、余りパーツで作っても良いと思います。

例えばですが、Amazonでフレームとキャノピーだけ購入し、モーターやカメラは他でチョイスするとか。FCは10Aくらいまで対応している物を選ぶと良いと思います。

既にToothpick持っている方もモーター組み替えてみたら面白いかも?という事でアイテムリスト書いておきますね。

MEMO

完成機を購入する方は「Frsky XM Plus Receiver」に変更する事をオススメします。

3SToothpickを自作する場合のアイテムリスト!

今まで色々な方がToothpickをレビューしていて何が良い機体なのかも解って来ましたので、似たようなパーツで自作してみるのも楽しいと思います。

moccaもフレームを追加で購入中。HD Toothpickを作成予定です♪

1103 8000kv Motor

Happymodel EX1103 1103 8000KV2-4S Brushless Motor(Banggood)

BETAFPV 4pcs 1103 Motor 8000KV Brushless Motors(Amazon)

Toothpick用のカーボンフレーム

何気にこのフレームがポイントでFCの向きや表裏を変更しなくて良いところ。

BETAFPV HX100 Mini FPV Racing Toothpick Frame of Carbon Fiber 100mm(Amazon)

ちなみにバッテリーストラップとフレームの底上げ用スポンジ、ネジがセットになってます。3SのToothpickフレーム購入するならこちらがコスパが良いです。

Canopy

BETAFPV 3pcs Customized EOS2 FPV Canopy PC Blue for EOS2 Camera

Caddx EOS2やRuncam nanoが取付け可能なキャノピーです。カメラの事については次に書きますね。

FPV Camera

どのカメラが良いのか?という事になりますが、VTXを別途購入する前提で、Caddx EOS2 or Runcam nanoの2択で良いかと思います。

16:9ならEOS2に。4:3ならRuncam nano 2が選択肢に増えましたが個人的にはRuncam Nano2の方が発色が好みです。

RunCam Nano 2 1/3″ 700TVL 1.8mm/2.1mm FOV 155/170 Degree CMOS FPV Camera(Banggood)、参考;2.1mm FOV155 NTSC

Caddx Turbo EOS2 4:3 1200TVL 2.1mm 160 Degree 1/3 CMOS Mini FPV Camera NTSC/PAL For RC Drone – NTSC

Caddx Turbo EOS2 1200TVL 2.1mm 160 Degree 1/3 CMOS 16:9 Mini FPV Camera NTSC/PAL For RC Drone – NTSC

flight controller

OSDのAを見ている限り10A対応のFCであれば問題なさそうです。

Toothpickでフルスロットルで飛ばし続けられる環境も絶対に無いですので12Aじゃなくても大丈夫かと思っています。動画を見て貰えるとパワーループの際にも1-2秒くらいで上にすっ飛んで行くのが解るかと思います。

注意点として「BETAFPV F4 2-4S AIO」を選ぶ場合にはbuzzerパッドが無いのでソースの変更が必要です。下の2つならLEDも利用可能ですね(使う?ってのもありますがw)

BETAFPV F4 2-4S AIO Brushless Flight Controller No RX BLHELI_S 12A ESC(Amazon)

GEPRC GEP-12A-F4 V1.1 F411 F4 Flight Controller AIO OSD BEC & 12A BL_S 2-4S 4In1 ESC(Banggood)

iFlight SucceX Whoop F4 2-4S Flight Controller AIO OSD BEC & Built-in 12A BL_S ESC(Banggood)

VTX

BETAFPVのキャノピーであれば中にネジで止められるのである程度は自由に選択可能です。

「A01 25-200mW 5.8G VTX」を開局して利用するのも良いですが、小さめのVTXを開局しておいて利用するのが手取り早いです。

色々と好みがあると思いますが、RuncamのTX200Uはコンパクトでネジ穴が1つあるので汎用性があってオススメです。開局するタイミングあればするだけしておいて損はないです。

Runcam TX200U 5.8G 48CH 25mW/200mW Video FPV Transmitter VTX

propeller

今日ドローンフィールドで飛ばして見ましたが、フィールドで飛ばす際にはプロペラは消耗品ですね…。

Happymodelの方は半透明でBETAFPVの方は透明タイプ。今の所はどちらもあんまり差を感じていません。

Happymodel Sailfly-X Spare Part 6 Pairs 65mm 2-Blade Propeller w/ 1.5mm Mounting Hole(Banggood)

BETAFPV 16pcs 65mm 2-Blade Props with 1.5mm Shaft Propellers(Amazon)

まとめ

Toothpickは楽しい機体なので、完成機 or 自作のどちらでも良いと思いますが、1機は保有しておくと楽しめると思います!

う〜ん。もしかしたら別途、件名変えて記事にしておいた方が良かったかも?(。>﹏<)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です