【Banggoodコラボ企画・拡散希望】Twitterでフォロー&RTプレゼントキャンペーン!

メガネを掛けられるFPVコーグル【FatShark Scout 4 Inch】登場していた!

FatShark Scout 4 Inch 1136x640 NTSC/PAL Auto Selecting Display FPV Goggles Video Headset Bulit-in Battery DVR

完全に見逃していたんですが、FatSharkから「FatShark Scout 4 Inch 」がリストアップされていました。

値段はそこそこするんですが、何とメガネを掛けたまま利用できる単眼ゴーグルなんです。何だか不思議な作りになっていて、色々と斬新なので記事にする事にしました。

FatShark Scout 4 Inch  FPV Goggles

 Share To FatShark Scout 4 Inch 1136x640 NTSC/PAL Auto Selecting Display FPV Goggles Video Headset Bulit-in Battery DVR

FatShark Scout 4 Inch  FPV Goggles

FatShark Scout 4 Inch  FPV Gogglesの性能

「外形寸法:170×120×95 mm」「重さ:336.5 g」で重量級のゴーグルですが、単眼ゴーグルなのでこんなもんでしょうか。

ちなみにEV800Dは「外形寸法:180×145×82mm 」「重さ:アンテナなし362g 」です。EV800Dはバッテリー内蔵なので実質的な差はほとんどないと思います。

FatShark Scout 4 Inch 1136x640 NTSC/PAL Auto Selecting Display FPV Goggles Video Headset Bulit-in Battery DVR

アンテナの位置、バッテリーはリチウムイオンバッテリーで3.7vで稼働します。でもね…。w

アンテナ真ん中、バッテリーむき出しなんですよ!斬新ですよね〜。って思ったんですがそんな事はありませんでした。(ビックリしました)

FatShark Scout 4 Inch 1136x640 NTSC/PAL Auto Selecting Display FPV Goggles Video Headset Bulit-in Battery DVR

きちんとキャップがあるんですね。

アンテナも1本ですが、どうやら10dbパッチアンテナを採用しているらしく受信感度も色々と考慮していると書かれています。

アマチュア無線の免許取得で勉強している筈なんですが良く解っていません。水平方向に強くなっているんですかね?

ちなみにmoccaが利用しているのは8dbのパッチアンテナです。

スカウトは、特許取得済みのパネルゴーグル光学モジュールを使用して、50度の視野(FOV)、1136 x 640の解像度、60 fpsのリフレッシュレートを快適なヘッドセットで実現します。印象的なディスプレイに加えて、スカウトは完全にエレクトロニクス性能を見直しました。それは受信を最大限にするために埋め込まれた10dBパッチアンテナ、新しいOSD、更新されたDVR、および簡単なUSB充電を備えたダイバーシティRXを持っています。

引用:FatShark

勿論の事ですがファンもついていたりするので機能面は問題なさそう。

メガネ必須という方には「FatShark Scout 4 Inch  FPV Goggles」って選択肢もあるんじゃないかなっとは思いました。

まとめ

面白そうなゴーグルですが、実際に購入するかどうかはもう少しレビューが出てからでしょうかね。

でも、「FatShark Scout」を購入するんだったら「FatShark ATTITUDE V5」かなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です