【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

EachineFPVゴーグル「EV200D」がオススメな理由!何方にでも間違いが起こり難い!

Eachine EV200D 1280*720 5.8G 72CH True Diversity FPV Goggles

当ブログで一押しのEachineFPVゴーグル「EV200D」ですが、オススメするにも理由があります。

勿論ですがメリットだけではなくデメリットもありますが、何方にでも間違いが起こり難いゴーグルとなっています。

二眼ゴーグルにはいくつかの問題が存在しますが、購入時のリスクを可能な限り低減しているゴーグルだと思っています。

Eachine EV200D 1280*720 5.8G 72CH True Diversity FPV Goggles

Eachine EV200D 1280*720 5.8G 72CH True Diversity FPV Goggles

Eachine EV200D 1280*720 5.8G 72CH True Diversity FPV Goggles

①Eachine EV200Dは近眼の方に対しての対応がされている

Fatshark FPV Goggles Diopter Lens Set of -2 -4 -6 Corrective Lenses

Fatshark FPV Goggles Diopter Lens Set of -2 -4 -6 Corrective Lenses 

FPVゴーグルは眼鏡を着用して利用する事が困難な為、目が悪い方は裸眼では映像をはっきり見る事が出来ません。

しかしながら「Eachine EV200D」ではジオプターレンズと言って度入りのレンズを装着する事が出来る為にある程度の補正をする事が可能です。

moccaも近眼で裸眼での視力は0.1以下(厳密には度数で表現すべきですが今回は視力とします)ですが、ジオプターレンズを利用する事で補正されドローンからの映像を見る事が出来る様になっています。

「Fatshark FPV Goggles Diopter Lens Set of -2 -4 -6 Corrective Lenses」は3つの度数がセットになっていますので、自分に一番会いやすいレンズをチョイスして装着する事が可能となっています。

②Eachine EV200DはIPD(瞳孔間距離)の調整可能な範囲が広い

IPD(瞳孔間距離)とは簡単に言えば左右の瞳の距離の事です。これは人によって異なりますのでどの二眼ゴーグルでもある程度の調整は可能ですが、EV200Dではその調整幅が広い為に適応可能となる範囲に収まる方が多いという事となります。

尚、この調整がうまく出来ないゴーグルでは左右の映像がブレて見えてしまいゴーグルとしての役割を果たせません。

尚、EV200Dでの「瞳距離調整」は「56-72mm」です。Eachineから販売されているEV100では「58 – 68mm」ですので4mmも調整幅が広いという事となります。

mocca自身もEV100ではギリギリ調整が出来ている程度でブレて見えてしまう事もありましたがEV200Dであればその課題を解決する事が出来ました。

気になる方は事前に自身のIPD(瞳孔間距離)の値を調べて見ると良いですね。(って、どこで調べられるんだろ?w)

③Eachine EV200Dはアスペクト比を4:3、16:9から選ぶ事が出来る

Eachine EV200D

アスペクト比はかなり好みが分かれる様ですがmoccaは4:3派です。カメラがどちらに対応しているかという事もあり一概にどちらが良いとも言い難いですが、4:3の方が目を動かす範囲が狭くなる為に空間というか映像を広範囲で認識できると言われています。

しかしながら好みの差やカメラの違いがある為に一概にどちらが良いとは言い切れません。

EV200Dではその両方を切り替えて利用する事が可能ですので、好みや環境に合わせた利用が可能です。

勿論ながら弱点もある少なからずある

メリットだけを書いてしまうのも問題なので、デメリットというか課題とその考え方を書いておきます。

問題点は大きく2つあり、「電池の持ちがとても悪い」そして「録画機能を起動するのに少し待ち時間が必要」という点です。

前者の電池の持ちが悪い点についてはモバイルバッテリーの利用や電池ボックスを利用する事で回避する事が可能ですが、録画機能を起動する待ち時間については解決方法が存在しません。

FuriousFPV Smart Power Case FPV-0384-S For 18650 Rechargeable BatteriesFPVゴーグルのバッテリー電池切れ問題を解決する!リチウムイオンバッテリーケース編

録画機能についてはボタン長押し10sec程度、その後に再度ボタンを押す必要がありますが慣れてしまえば良いとは思います。実際moccaはEV200Dを利用していても録画機能の反応の悪さはそれほど気になりません。

むしろ、コストパフォーマンスから言えば19年3月29日の記事を書いた時点では他のゴーグルと比較してもとても良いと感じています。

まとめ

Eachine EV200D 1280*720 5.8G 72CH True Diversity FPV Goggles

Eachine EV200D 1280*720 5.8G 72CH True Diversity FPV Goggles

FPVゴーグルは安いものではありませんので頻繁に買い換える事は困難です。格安ゴーグルから入るのも勿論アリですが、ある程度の出費が可能な方は「Eachine EV200D」を検討してみて貰えればと思います。

尚「Eachine EV200D」はアンテナが付属していない為、別途購入が必要な点に注意して下さい。

オススメのアンテナなどは以下の記事で紹介しています。

Eachine EV200D 1280*720 5.8G 72CH True Diversity FPV GogglesEachine EV200Dモバイルバッテリーで稼働可能!持ち時間最強のFPVゴーグル誕生!

これ以上のコストを出す事が出来る方はFatsharkなどのゴーグルを検討して貰えれば良いですね。

FatShark Dominator HDO 4:3 OLED Display FPV Video Goggles 960×720 for RC Drone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です