【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

【Eachine RedDevil 105mm】レビュー!BetaFlight設定をして飛ばす準備を♪

betaflight4.0

【Eachine RedDevil 105mm】のレビューも終盤にとなってきました。

BetaFlightの設定をすれば飛ばせる状態になりますので、サクッと設定しちゃいましょう!そして何としても今日飛ばしたいw

ポイントも含めて記載して行きますねー!

【Eachine RedDevil 105mm】BetaFlight設定をして飛ばす準備!

Eachine RedDevil 105mm 2-3S FPV Racing Drone Whoop

Eachine RedDevil 105mm 2-3S FPV Racing Drone Whoop

Eachine RedDevil 105mm BetaFlightの設定

Eachine RedDevil 105mmのファームウェアは4.0.0ですが、なんちゃって4.0.0なので利用するのは「BetaFlight confitgurator 10.4」となります。

ポートタブ

Eachine RedDevil 105mm

初期設定のままで問題なさそうですね。このまま行きましょう。

基本設定タブ

Eachine RedDevil 105mm

ミキサーのモーターの逆回転のみ設定します。

Eachine RedDevil 105mm

システム設定やアーミングなどはこのままで大丈夫ですね。

Eachine RedDevil 105mm

受信機設定もOKです。

Eachine RedDevil 105mm

ビープ音設定は必要なものだけに変更しました。

最近は上記の設定にする事が多いですね。バッテリーが少ない時のビープ音はオン方が便利だと感じています。

電源・バッテリータブ

Eachine RedDevil 105mm

デフォルト設定だとバッテリーの警告電圧と最小電圧が低いので少しあげています。警告は3.4vくらいで十分です。あまり低い電圧まで利用するとセルバランスも崩れてしまうので3.4vくらいでフライトを終えた方が良いと思います。

この辺りはセル数が増えるほどあんまり低い電圧まで利用しない様にしてます。

4Pcs URUAV 11.4V 300mAh 40C/80C 3S HV 4.35V Lipo Battery XT30 Plug

3S300mahHvバッテリーは「4Pcs URUAV 11.4V 300mAh 40C/80C 3S HV 4.35V Lipo Battery XT30 Plug」が安くてオススメです!

PIDタブ

Eachine RedDevil 105mm Eachine RedDevil 105mm

まずはデフォルト設定からです。moccaは今までの経験から少し設定値を変更します。

Eachine RedDevil 105mm Eachine RedDevil 105mm

こちらが変更後ですが、デフォルトの設定のままでも良かったかなぁと思いました。

後はスロットルの調整をして75%に変更します。

BetaFlightのCLIタブで以下を入力してかっ飛びすぎる仕様を少しマイルドにw

set throttle_limit_type=scale

set throttle_limit_percent=75

save

受信機タブ

Eachine RedDevil 105mm

チャンネルマップ「AETR1234」&RSSI「AUX12」チャンネルのみを変更しました。

モードタブ

Eachine RedDevil 105mm Eachine RedDevil 105mm

モードタブはいつもの設定で。皆さんのお好みで設定して貰えればOKです。

OSDタブ

set osd_units = METRIC set osd_warn_arming_disable = ON set osd_warn_batt_not_full = ON set osd_warn_batt_warning = ON set osd_warn_batt_critical = ON set osd_warn_visual_beeper = ON set osd_warn_crash_flip = ON set osd_warn_esc_fail = ON set osd_warn_fail_safe = OFF set osd_rssi_alarm = 20 set osd_cap_alarm = 2200 set osd_alt_alarm = 100 set osd_esc_temp_alarm = -128 set osd_esc_rpm_alarm = -1 set osd_esc_current_alarm = -1 set osd_ah_max_pit = 20 set osd_ah_max_rol = 40 set osd_tim1 = 0 set osd_tim2 = 513 set osd_vbat_pos = 2370 set osd_rssi_pos = 2210 set osd_tim_1_pos = 54 set osd_tim_2_pos = 2422 set osd_remaining_time_estimate_pos = 234 set osd_flymode_pos = 2392 set osd_anti_gravity_pos = 234 set osd_g_force_pos = 234 set osd_throttle_pos = 2231 set osd_vtx_channel_pos = 234 set osd_crosshairs_pos = 205 set osd_ah_sbar_pos = 206 set osd_ah_pos = 78 set osd_current_pos = 2401 set osd_mah_drawn_pos = 2339 set osd_craft_name_pos = 2413 set osd_gps_speed_pos = 234 set osd_gps_lon_pos = 234 set osd_gps_lat_pos = 234 set osd_gps_sats_pos = 234 set osd_home_dir_pos = 234 set osd_home_dist_pos = 234 set osd_compass_bar_pos = 234 set osd_altitude_pos = 234 set osd_pid_roll_pos = 234 set osd_pid_pitch_pos = 234 set osd_pid_yaw_pos = 234 set osd_debug_pos = 234 set osd_power_pos = 234 set osd_pidrate_profile_pos = 234 set osd_warnings_pos = 2346 set osd_avg_cell_voltage_pos = 234 set osd_pit_ang_pos = 234 set osd_rol_ang_pos = 234 set osd_battery_usage_pos = 234 set osd_disarmed_pos = 2379 set osd_nheading_pos = 234 set osd_esc_tmp_pos = 234 set osd_esc_rpm_pos = 234 set osd_rtc_date_time_pos = 234 set osd_adjustment_range_pos = 234 set osd_flip_arrow_pos = 234 set osd_log_status_pos = 234 set osd_stat_rtc_date_time = OFF set osd_stat_tim_1 = OFF set osd_stat_tim_2 = ON set osd_stat_max_spd = ON set osd_stat_max_dist = OFF set osd_stat_min_batt = ON set osd_stat_endbatt = OFF set osd_stat_battery = OFF set osd_stat_min_rssi = ON set osd_stat_max_curr = ON set osd_stat_used_mah = ON set osd_stat_max_alt = OFF set osd_stat_bbox = ON set osd_stat_bb_no = ON set osd_stat_max_g_force = OFF set osd_stat_max_esc_temp = OFF set osd_stat_max_esc_rpm = OFF

OSDもいつもの設定に変更しました。

BlHeliでモーターをリバース設定へ変更!

Happymodel Sailfly-X 105mm

モーターリバース設定をしましょう。

まとめ

これでフライト設定完了しましたのでテストフライトに行ってきます(๑˃̵ᴗ˂̵)b

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です