【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

【Eachine RedDevil 105mm】レビュー!機体が届いたので開封していきます!

Eachine RedDevil 105mm

だいぶ出遅れてしまいましたが【Eachine RedDevil 105mm】が届きましたのでレビューしたいと思います♪

今回はPNP(レシーバー無し)をチョイスしたんですが、既に何処にレシーバーを設置するか悩んでます(。>﹏<)

早速、開封していきますね♪

Eachine RedDevil 105mm 2-3S FPV Racing Drone Whoop

Eachine RedDevil 105mm 2-3S FPV Racing Drone Whoop

Eachine RedDevil 105mm 2-3S FPV Racing Drone Whoop

Eachine RedDevil 105mmを開封して行きます!

うん。見覚えがありますね!「Eachine Trashcan」と同じケースに見えますが取り敢えず先にしし見ましょうw

Eachine RedDevil 105mm

中身を取り出して見ました。

  1. Eachine RedDevil本体
  2. 3s 300mah 3s Hvバッテリー
  3. 英語マニュアル
  4. 予備プロペラ+ドライバー+ペラ外し
  5. 結束バンド

必要なものは揃っていますね!

Eachine RedDevil 105mmの機体チェック!

Eachine RedDevil 105mm

フロント側です。

キャノピーとカメラが「Eachine TRASHCAN」と同じですが、どうやらその他の構成は「Eachine RedDevil」専用の様ですね。

Eachine RedDevil 105mm

サイドから。

横からコネクタが出ていました。

マニュアルと照らし合わせると多分ですが、レシーバーの接続用コネクタだと思われます。後で分解して確認しますね。

Eachine RedDevil 105mm

後ろから。

キャノピーからVTXのアンテナが出ていますが、微妙に横に曲がっているのでペラに巻き込まないか心配ですので何かしらの手を打ちたいと思います。

Eachine RedDevil 105mm

裏面です。

バッテリーの保護用?にスポンジが貼ってあります。バッテリーがネジに当たっちゃったりするとカバーが剥がれたりするので、これはあった方が良いですね♪

USBコネクタは裏面にありました。

Eachine RedDevil 105mmのマニュアル

フープなどのクラスでPNPバージョンの購入が初めてだったんですが、マニュアルをみてビックリしました。やっぱり購入してみないと解らない物ですね!

Eachine RedDevil 105mm

こちらはFCなどの説明と配線図ですが、BNF版とそれほど差はなく想定通りですね。

Eachine RedDevil 105mm

ここからがポイントで、レシーバー毎にFCの何処に接続すれば良いかがきちんと書いてありました。

当たり前の事なのかも知れませんがBNF版には記載が無かったので、こういうのって勉強し知識として持っておくものなのだと思っていたのでビックリです。ちゃんと説明があるんですね(๑˃̵ᴗ˂̵)

Eachine RedDevil 105mm

勿論ですがポート設定についても説明があります。うんうん。購入する側の事を考えてありますね♪

まとめ

非常に軽い機体なので、「Happymodel Sailfly-X」と同じ様に軽快に飛ぶんだろうなぁって楽しみにしながらレシーバーを何処に設置するか考えますw

3S300mahバッテリーは便利なので、爪楊枝デビューするかたは何本か持っておくと良いですよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です