【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

【Eachine RedDevil 105mm】テストフライト!やっぱり軽くて良く飛びます♪

Eachine RedDevil 105mm

【Toothpick】Eachine RedDevilのテストフライトをして来ました♪

最近まで梅雨だったので、機体が届いてからだいぶ時間がたっちゃいましたが、飛ばしてみるとやっぱり軽い事もあって本当に良く飛びます!

3S 300mAh Hv batteryで5分近く飛ばせるので燃費もとても良かったです(๑˃̵ᴗ˂̵)

今回のフライトの最大の問題は見いていて飽きちゃいかも?wもっと飛ばし方も練習しないとダメだと痛感しました(。>﹏<)

【Eachine RedDevil 105mm】を飛ばして見た感想!

Eachine RedDevil 105mm 2-3S FPV Racing Drone Whoop

Eachine RedDevil 105mm VTX200mwは安心できる!

Eachine RedDevilを飛ばしてみて思った事は、同等クラスの「Happymodel Sailfly-X」と比較するとVTXが200mwまで変更出来るので、映像がしっかり見える所ですね。

「Happymodel Sailfly-X」もVTXを変更すれば良いんですが、スペースの都合上で初めからVTXが別で搭載可能な「Eachine RedDevil」の方が扱い易いと思います。

外部レシーバーの取付けには一工夫必要ですが、決して難しいものではないので1時間程度あればしっかりと組み上げる事が出来ると思います♪

少し離れたところで映像が乱れてしまうのは、この手の機体では正直少し心配ですよね。

Eachine RedDevil 105mm 飛行性能はSailfly-Xと同等!

「Happymodel Sailfly-X」と同様で「超軽量、1102モーター採用」なので、飛びっぷりはほぼ変わらずというイメージです。

徐々に「Toothpick」に慣れて来ているので、初めて飛ばした時の様な衝撃はありませんが、whoopなどでは味わう事の出来ない爽快感があります。

取り敢えず、Toothpickを1機購入して持っておく事をオススメしたいです♪人口多目の方は何処かへ遠征してでも飛ばしてみて欲しいと思えるジャンルですね♪

まとめ

結局のところ、Toothpickを購入するならどれ?という事になるんだと思いますが、4S機よりも超軽量の3S機の方が楽しめると思います。

4S機になると少し重くなるので、飛ばした感じが違うんですよね。一括りに「Toothpick」とされているジャンルですが、別物としてネーミングして欲しい感じですw

合わせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です