【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

【Eachine RedDevil 105mm】レビュー!解体&セットアップ!

Eachine RedDevil 105mm

【Eachine RedDevil 105mm】のレビュークを進めていますが、今回は機体のチェックからセットアップまでをまとめてご紹介したいと思います。

moccaはPNP(レシーバー無し)を購入しましたので、Frsky XM+ & ブザーの取り付け & EOSカメラを4:3へ変更する事にします。

Eachine RedDevil 105mm 2-3S FPV Racing Drone Whoop

Eachine RedDevil 105mm 2-3S FPV Racing Drone Whoop

Eachine RedDevil 105mm 2-3S FPV Racing Drone Whoop

Eachine RedDevil 105mmの解体!

Eachine RedDevil 105mm

 

まずは横から出ているコネクタの謎を解明する為にもキャノピーを外して確認を進めます。

Eachine RedDevil 105mmEachine RedDevil 105mm

 

キャノピーを外してみるとFCの上に両面テープでVTXが取り付けられていました。こちらのVTXは小さめのサイズで出力も変更可能ですので使い勝手も良さそうです♪

Eachine RedDevil 105mm

キャノピーはお馴染みの「Eachine TRASHCAN」のものがそのまま利用されていますね。長めのナイロンネジが利用されていました。

Eachine RedDevil 105mm

キャノピー取り外し後です。ちなみにVTXやCamera、Motorなどの関連パーツは全てコネクタでの接続になっていました。

Eachine RedDevil 105mmEachine RedDevil 105mm

FCです。ちょこっと出ていたコネクタはやはりレシーバー取り付け用でした。物によってはコネクタのまま取り付け可能なんだと思います。

Eachine RedDevil 105mmへのレシーバーの&ブザーの取り付け!

Eachine RedDevil 105mm

まずはマニュアルを確認します。レシーバーは付属しているコネクタを利用しますので、簡単ですが、ブザーはいつもおり中央付近のハンダパットを利用しますのでこちらは鬼門です。

ハンダをする際にはハンダ小手をパットにあてた直後にハンダを少しだけ流し込むイメージです。小手を当てている時間は1~2秒くらいだと思います。

Eachine RedDevil 105mmの再組み立て

Eachine RedDevil 105mm

 

 

 

今回、少しだけ工夫しています。レシーバーをFCの下へ入れ込む為に嵩上げして見ました。

Eachine RedDevil 105mm

利用されているナイロンネジを全て「Happymodel Sailfly-X」の物へと変更しました。また、ゴムのパッキンを小さいものを1つ付け足してFCとフレームの間のスペースを広げるようにする事にしました。

組み上がったのがこちら。夢中になっていて一気に組み上がった感じになってますが、30分くらいはかかったと思いますw

Eachine RedDevil 105mm Eachine RedDevil 105mm

ブザーとレシーバーの配置位置です。

レシーバーは最近は結束バンドとアンテナを合わせて、その上から圧縮チューブを取り付けてます。この方がプロペラに巻き込むリスクは無くなると思ってます。

まとめ

次回はBetaFlightのセットアップをして行きたいと思います♪

あと少しでで飛ばせますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です