【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

200g未満|4S650mah 4インチToothPickドローンを作って見た!

4S650mah 4インチToothPickドローン

最近、ToothPickにハマり気味ですが、どのサイズのドローンが一番快適なのか?と言う事で、今回は4インチのToothPickを組んでみました。

直近で作成したToothPickも含めてご紹介して行きたいと思います!

200g未満|4S650mah 4インチToothPickドローンを作って見た!

実は前回の200g未満の5インチ 1505モーターToothPickドローンと今回の記事の間に、200g未満の5インチToothPick 1606モーター版を作成しフライトまでしていましたが、デスロールに見舞われ見事にフレームが折れてしまいました。

4S650mah 4インチToothPickドローン

現在、アームを取り寄せ中ですので、届き次第でのご紹介としたいと思います。(原因は何だったのだろうかw)

気を取り直して、200g未満の4S650mah 4インチToothPickをご紹介します。

尚、200g未満の5インチ 1505モーターToothPickドローンは以下の記事で紹介しています。

5インチ U199FPVドローン|5インチToothPickをフライトして見た感想!

4S650mah 4インチToothPickドローンのコンセプト

まず、コンセプトからですが、3インチの重量級ドローンなども何点か紹介して、4S450mahなら200g未満だよとお伝えしてきているんですが、やっぱり4S650mahで飛ばさないと意味ないでしょ?と私自身が思っているんです。

今後の規制の事も考えれば、200g未満でしっかり飛ばせるギリギリは何処なのかを知っておきたいと言う私の興味からで、勝手に企画化していますw

その他としては、綺麗な映像を撮影可能な3インチのドローンはCineQueenを見つけてストックしているので、もう少しアクティブにフライト可能で楽しめるドローンを見つけたいと言う思いです。

GEPRC CineQueen 4KGEPRC CineQueen 4KとGoPro Liteの組み合わせが凄すぎる!

4S650mah 4インチToothPickドローンのパーツリスト

モーターサイズが何処まで利用できるのか?がポイントになるかと思っていますが、今回は1606でビルドして見ました。

  1. TWIG Mutant 4 4” Frame
  2. BETAFPV 1606 2550kv Brushless Motors
  3. Gemfan 4032 3-Blade Propellers 5mm Shaft
  4. BETAFPV Toothpick F4 2-6S AIO Brushless FC 35A
    (後で「AuroraRC F411 AIO F4 Flight Controller OSD 30A 2-4S」へ変更予定)
  5. M02 25-350mW 5.8G VTX
  6. Canopy for Mini Camera V3
  7. Runcam Nano2
  8. Tattu 650mah 4S

上記の構成となっています。

モーターとフレーム以外はお好みでチョイスすれば問題ないかと思います。VTXはBETAFPVの新作「M02 25-350mW 5.8G VTX」を利用して見ました。

重量は余裕の200g未満で、モーターを1505 3600kvにして3インチペラを共用利用でも良いかな?とも思いつつ、このまま3インチペラでもフライトして見たいと思います。

つまり、4インチフレームで、3インチと4インチとを共通の機体で実現したいと言うところです。別々で作成すれば良いじゃん!と思いそうですが、フライトする場所によりペラを取り替えながらフライトできるのも利点だと考えています。

フライトしていないのでまだ何とも言えませんが、5インチの2枚ペラのドローンよりも若干軽い程度ですが、3枚ペラを利用できるのと少し重さを稼げているので、フワッとなりすぎずにちょうど良い感じになるんじゃないかと勝手に思っていますw

ToothPick FCリスト

最近、何だか色々と新作FCが出てきているので、このタイミングで紹介しておきたいと思います。

商品 リンク 価格
AuroraRC F411 AIO F4 FC OSD 30A 2-4S 詳細 $38.99
AuroraRC F411 AIO F4 FC OSD 20A 2-4S 詳細 $38.10
BETAFPV Toothpick F4 2-6S AIO Brushless FC 35A 詳細 $74.99
BETAFPV Toothpick F4 2-4S AIO Brushless FC 20A 詳細 $62.99
HIFIONRC AIO F7 FC 45A Blheli_S 2-4S 詳細 $57.99
HIFIONRC AIO F7 FC 25A Blheli_S 2-4S 詳細 $42.99

注目すべきはF7 Blheli_SのFCが登場したところでしょうか。もう1枚FCが欲しかったところなので、購入して利用して見たいと思います。

う〜ん。AuroraRCは驚愕の安さですね!w

最近の作成や紹介しているドローンのポイント

最近、私が紹介しているドローンは、実は手持ちのバッテリーを共用利用できる物を多くピックアップしています。

  1. 4S450mahを利用可能なCine whoopドローン
  2. 6S450mahを利用可能なHDドローンやToothPickドローン

と言う具合です。持ち歩くバッテリーの種類を減らす事と、バッテリーを共用利用できるドローンを増やす事で、万一クラッシュしてしまって破損しても、他のドローンでフライトする事が可能とする様にしています。

また、カメラもGoPro Liteを利用可能なドローンも増やす事で、映像もアグレッシブなフライトも楽しめると言う具合に考えています。

私の中ではGoPro Liteの存在意義は、載せ替え可能な状態で保持しておく事が大切です。ちなみに、今後はHX100をベースとしたGoPro Lite搭載機の作成を予定しています。

まとめ

3インチのフレームも購入しておかないと。。モーターは1505か1404を利用したいんですが、どっちが良いですかね〜。。。1505かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »