【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

ついに販売開始【Beta75X HD Whoop Quadcopter】その仕上がりは?

Beta75X HD Whoop Quadcopter

ついにBETAFPVからも75mm Cine whoop【Beta75X HD Whoop Quadcopter】が販売開始となりましたね。

moccaもBETAFPVの「Beta85X HD Whoop Quadcopter」を所有してフライトしていますので、75mmバージョンも非常に気になるところです。

では性能も含めて確認して行きましょう!

合わせて読みたい

Beta85XHDにNDフィルターを利用して飛ばした際の記事です。Beta75XHDにも効果が期待できそうですね

Beta75X HD Whoop Quadcopterついに販売開始【Beta75X HD Whoop Quadcopter】その仕上がりは?

BETAFPV Beta75X HD Whoop Quadcopter

Beta75X HD Whoop Quadcopter

Beta75X HD Whoop Quadcopter

SPECIFICATION

Weight:57.4g (without battery)
Motors: 1103 8000KV with connector
Props: 40mm 4-blades props, 1.5mm shaft hole
Camera: CADDX Turtle V2 ( for HD DVR version)
Canopy: Canopy for Beta75X (HD DVR)
Receiver Option: Frsky XM+ / DSMX / Futaba S-FHSS / Flysky
Frame: Beta75X Frame
Recommend battery: 300mAh 3S 45C Battery

Beta75X HD Whoop Quadcopter (3S)の性能

Beta75X HD Whoop Quadcopter

Turtle V2カメラを搭載し、3SバッテリーをサポートしているBeta75X 3S Whoop HDバージョンで大きな進歩が見られます。

それはあなたが強力な飛行を経験し同時に高品質のビデオを楽しむことを可能にします。公園や家で追いかけてビデオを録画したい人にとっては、Bete75X 3S HD whoopは間違いなく最良の選択です。

より軽い造形は、人の周囲により安全で、静かで、そして制御しやすい。

Cine whoopで57gとそれなりの重量。85mmも現時点では3Sでテストバージョンで4S対応なのでセル数としては同等クラスですし、75mmサイズは確かに扱い安いのでちょっとしたスペースでもサクッと飛ばせそうです。

カメラはBeta85XHDと同様に「Caddx Turtle V2 」を搭載しています。

先日の「BETAFPV JapanCap」を見学に行き、Caddxの社長が来ていたりとBETAFPVとCaddxの協業関係も見えたりもしていましたので、このチョイスは納得できますね。

モーターは「1103 8000KV」を採用していますね。3Sでは10000kvだと少し辛い感じがしていたので、8000kvでのパフォーマンスが非常に気になります。(レビューしたい。。もう買っちゃいますかね。)

F4 2-4S AIO Brushless Flight Controller 12A (BLHeli_S)

フライトコントローラーには先日販売開始となった「F4 2-4S AIO Brushless Flight Controller 12A (BLHeli_S)」となり、1枚タイプのFCを利用する事で軽量化にもなっています。

きっとBeta75Xもこちらに切り替わるんじゃないかとも思っちゃいますね。

Beta75X HD Whoop Quadcopter

モーターとバッテリーセル数との関係性も記載しておきます。3Sでは1105 6000kvとの記載もありますが重量の問題もあるのでしょう。

でもフープタイプは1つ上のモーターを利用した方がよく飛んだりバッテリーの持ちが伸びたりするので1105 6000kvでも飛ばして見たくなっちゃいますね。

Beta75X HD Whoop Quadcopter

バッテリーは3S300mAh 45Cが推奨されています。

Beta75xで4分ちょっとのフライトが可能と記載がありますので、「Beta75X HD」ではもう少し短くなる程度かも?

BEAFPVからフライト動画がアップされました!

良い感じですね〜!ウォッシュアウトが完全に解決されたと記載があります。

いや、スロットルの入れ方もかなり良いんですよ。上手い人が操作しているのも間違い無いとは思いますねw

デフォルトで利用されているフライトコントローラーを載せ替えるって手も?

GEPRC GEP-12A-F4 V1.1 F411 F4 Flight Controller AIO OSD BEC & 12A BL_S 2-4S 4In1 ESC

GEPRC GEP-12A-F4 V1.1 F411 F4 Flight Controller AIO OSD BEC & 12A BL_S 2-4S 4In1 ESC

出荷時にセットされているフライトコントローラはLEDパッドのみが採用されていて、少し工夫すればブザーを取り付ける事も可能です。

でも、こちらのフライトコントローラならLEDもブザーのパッドも付いているんですね。LEDも利用したいって方は載せ替えちゃうってのも手かも?

まとめ

Beta75X HD Whoop Quadcopter

この機体から75mmのCine whoopにデビューする方も居るんじゃないでしょうか?

ドローン本体と一緒に充電器も用意しておきましょうね♪

合わせて読みたい

バッテリー充電器のリストです。オススメはコスパの良い「HTRC T240 DUO」ですので読んで見てね♪

Batteryこれから始める「2S-3Sそれ以上の多セルバッリー充電器(Lipo・HV)」まとめ記事!

2 COMMENTS

アバター VIVIO

はじめまして。
ラジコンヘリの3Dフライヤーとして活動してましたが昨年から、片手間にFPVをしてます。
betafpv 85X HDを買おうとしても本国のbetafpvどころか国内でも売り切れ。
betafpvだとテストバージョンの4セル仕様?がありますがフライトコントローラーがAIO BLHELI _S ESC(完売)と BLHELI_32 ESCがあります。売り切れになった前者のAIOのが良さそうなのですが・・・・。
当方電動ラジコンヘリのメカは知識がありますが、FPV関連のフライトコントローラーはうとくて。
問題なければBLHELI32フライトコントローラー搭載のモデルを買おうと思います。もしやめといた方が良いのでしたらUR85もしくは75X HDも選択肢に入れようと思います。

返信する
mocca mocca

VIVIOさん>
コメントにありがとうございます!

BETAFPVは4Sテスト中なので正式な再販はもう少し先になるかも知れませんね。

でも今なら安く購入出来るので、このタイミングで買ってしまうのも手かとは思います。

85XHDは3Sでもよく飛びますし、個人的にはBLHELI32でも特段問題は感じていません。

1枚タイプのFCはブザーの取付けに一工夫必要だったりもしますので…。

BETA75XHDも動画見た感じ悪くなさそうです(๑˃̵ᴗ˂̵)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »