【Banggoodコラボ企画・拡散希望】Twitterでフォロー&RTプレゼントキャンペーン!

【Beta75X HD Whoop Quadcopter】が届きました!早速開封して行きます!

【Beta75X HD Whoop Quadcopter】がmoccaの手元にもやっと届きました(。>﹏<)b

BETAFPVから販売開始となった待望の75HDフープですが、デフォルトのままではブザーが取り付けられないなどの課題もあったりしますので、その解決方法なども含めて何度かに分けてレビューして行きたいと思います。

ちなみにバッテリー込みで発注してから一週間程度で手元に届きましたのでかなり早い配送でした。(次からは別々に頼みたいと思いますw)

では早速レビューして行きますね!

Beta75X HD Whoop Quadcopter

Beta75X HD Whoop Quadcopter

Beta75X HD Whoop Quadcopter

「Beta75X HD Whoop Quadcopter」の仕様

まずはおさらいから始めますね!

SPECIFICATION(仕様)

  • 重量:57.4g(バッテリーなし)
  • モーター:コネクタ付き1103 8000KVモーター
  • プロペラ:40 mm 4ブレード、1.5 mmシャフト
  • カメラ:CADDX Turtle V2(HD DVRバージョン用)
  • キャノピー:  Beta75X用キャノピー(HD DVR)
  • 受信機オプション:Frsky XM + / DSMX / Futaba S-FHSS / Flysky
  • フレーム:Beta75Xフレーム
  • 推奨バッテリー:300mAh 3S 45Cバッテリー (含まず)

重さは57.4gとこのクラスでは普通の重さですね。フライトコントローラーが1枚タイプなので、その辺りが功を制していると思います。

Beta75X HD Whoop Quadcopteの開封(view)

Beta75X HD Whoop Quadcopter

付属品は「本体+CADDX Turtle V2のコントローラ+コントローラーとの接続ケーブル」です。

Front view

Beta75X HD Whoop Quadcopter

Beta85XHDと同様のキャノピーが採用されています。プロペラは実はmoccaの苦手なGemfanですが、フライト動画をみている限り問題もなさそうです。

Gemfanをまともに利用する事になるかも知れません。

NDフィルターも利用できそうです♪

合わせて読みたい

Beta85XHDでNDフィルターを利用してフライトしてみました。少しでもジェロ対策したい方は参考にしてね♪

BETA85XHD
【NDフィルター】BETA85XHDのジェロ対策!本当なのか試してみました♪

Side view(left)

Beta75X HD Whoop Quadcopter

Beta85XHDに比べてフレームが一回り小さい為かポッテリ見えます。録画ボタンは指では押せないので「Caddx turtle V2」を自動録画の開始設定をする事にします。

ちなみに録画停止もボタンを押さずにバッテリーを抜いてしまっても、再度電源を入れれば前回分が自動録画されます。moccaはいつもこれで保存しているのでボタンを押す事はないです。

Side view(right)

Beta75X HD Whoop Quadcopter

カメラの下あたりにSDカードを入れるところがありますね。(写真撮り忘れました。。)

Rear view

Beta75X HD Whoop Quadcopter

Beta85XHDとはVTXが異なっていますね。アンテナも普通のタイプです。(何て言うんだろ?)

Beta75X HD Whoop Quadcopter

VTXをアップしてみました。三角っぽいのが見えますね。

Beta75X HD Whoop Quadcopter

ここがちょっと残念なんですが、バッテリーホルダーがストラップではなくプラスチックで覆うスタンダードなタイプになっています。

BETAFPVの300mAh Lipoを使って欲しいって事なのでしょうね。

既にAmazonで「BETAFPVの300mAh Lipo」を販売していますので利用したい方はどうぞ♪

Beta75X HD Whoop Quadcopter

バッテリーホルダーは二階構造の様になっていて、ニッパーなどで1段目を切り取って利用する事になります。

BETAFPVの公式ページにもアナウンスがありますので利用前に確認してね。

Beta75X HD Whoop Quadcopter

バッテリー無しで「57.6g」

Beta75X HD Whoop Quadcopter

バッテリー込みで83.6gと、Beta85XHDよりも35g程度(バッテリー込み)は軽い作りになっています。

Beta85XHD

こちらがBeta85XHDに「450mAh 3S Lipo」を積んだ場合の重さです。

Beta75X HD Whoop Quadcopteに採用されているフライトコントローラー

Beta75X HD Whoop Quadcopter

「F4 2-4S AIO 12A FC」が採用されて、ESCは12Aまで4S対応のフライトコントローラーです。但し、Beta75XHDではモーターが3Sまでなので無理して飛ばしちゃダメですよ。

本題に入りますが、このFCは1枚タイプなので軽量化に繋がっている事や、ESCの接触不良が無い事がメリットなんですが、デメリットとしてブザーパットがありません。

F4 2-4S AIO 12A FC

茂みに落ちた時などに探す場合はD-shotビーコン(モーターからの音)のみになりますのでちょっと不安なんです。

この辺りについては、きよっちさんやDrone4さんからブザーを取り付ける方法を教えて頂いていますので、後日チャレンジしてみたいと思います。(勿論、壊す前にレビュー終えてからですね!)

まとめ

サイズ的にはちょうど良い感じでBeta85XHDだと少し構えてしまう環境でもBeta75XHDなら利用できる場合も多そうですね。

では、次回は解体して中身を確認して行きたいと思います!

合わせて読みたい

Beta75XHDで1Sからの移行を検討している方も居るのではないかと思います。

オススメバッテリー充電器と利用方法をまとめてYouTubeにもアップしていたりしますので、良ければ参考にしてね♪

HTRC T240 duo
リポバッテリー充電器「HTRC T240 Duo」とパラレルボードの使い方!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です