【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

【Eachine Cinecan 85mm 4K Cinewhoop】テストフライト!快適です!

Eachine Cinecan 85mm 4K

【Eachine Cinecan 85mm 4K Cinewhoop】のテストフライトをしてきました。

昨日の記事からあれこれ試していてほとんど寝てない中でのフライトだったので操作が微妙だったりしますが、「Eachine Cinecan」は名機の予感です。

これは4k whoopのスタンダードになるんじゃないでしょうか。価格、性能共に十分です!

4k whoopってこんなに飛ぶんですね〜(๑˃̵ᴗ˂̵)

【Eachine Cinecan 85mm 4K Cinewhoop】テストフライト!

Eachine Cinecan 85mm 4K Cinewhoop 3-4S FPV Racing DroneをBanggoodで見てみる

8月29日まではプロモーションセール中です♪

ちょっと動画の編集が良くなかったかも?フライト映像が白っぽくなってしまいました…。

テストフライトをして見た感想!

初めての機体にする場合には、お家の中だとシンドイですが少し広めの場所で飛ばせるかたは、いきなりCine whoopでも良いかも知れませんと思えるくらいの機体です。

moccaは内部レシーバーのまま飛ばそうかと思っていましたが、やはり気になってしまって結局、昨日「Frsky XM Plus receiver」へ変更しました。Eachine Cinecanは組み立てが少し手こずりますが、それも慣れの問題だと思いますので一度、解体して組み立てれば次からは問題ないかと思います。

ほぼデフォルト設定のままで飛ばして見ましたが、とてもスムースですしレスポンスもとても良いです。BetaFlightの設定を改めて見てみたらExpoなども設定されていて工夫しているんだなぁって感心しました。箱出しでも十分フライト可能です。

3Sの4k whoopを探しているのであれば、Eachine Cinecanを購入して間違いないです!

既に補修パーツも出ています!

今回飛ばして見て思ったのは、今まではBETAFPVの85mmフレームを利用していたんですが、それと比較するとフレームの幅が狭くクラッシュ時にプロペラが曲がってしまう事がありそうです。

実はmoccaはプロポの出力を3mwで飛ばしてしまって速攻落としてしまったので、プロペラ1枚交換しました(;・௰|ㄘʖˋ੭…

と言う事で、フレームとプロペラくらいは予備を持って久野が良いと思いました。

一応、予備パーツリストです。

Eachine Cinecan 85mm 4K Cinewhoop FPV Racing Drone Frame Kit

Eachine Cinecan 85mm 4K Cinewhoop FPV Racing Drone Spare Part Tarsier Camera Canopy

Eachine Cinecan 85mm 4K Cinewhoop FPV Racing Drone Spare Part Fixed Nylon Column Rubber Damping Ball

6 Pairs Emax AVAN Micro 2 Inch 4-blade RC Drone FPV Racing Propeller

まとめ

MobulaHDと比較しても価格も対して変わらないので、HDwhoopを購入してみようかと思っている方は、「Eachine Cinecan」で良いと思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です