Jumper T8SG V2 Plusが技適取得!プロポ買うならこれで間違いない!

Happymodel Mobula7 HD 2-3 S 75mm登場!48gと飛びも期待できそう!

Happymodel Mobula7 HD 2-3 S 75mm

HappymodelからもHDフープが登場する事になりました!

Happymodel Mobula7 HDバージョンで2〜3Sで飛ばす事が出来ます。BETA85XやTinyLeederと比較しても非常に軽くドローン自体の飛ばす事を楽しむ事が出来そうです。

Banggoodでは現在入庫待ちの状態です。気になる販売時期は2月中旬を予定している様ですね。

Mobula7に惚れ込んでいるので速攻で購入したいと思ってます。

追記:予約販売開始になりました!

Happymodel Mobula7 HD 2-3 S 75mm
Happymodel Mobula7 HD 2-3 S 75mmが予約注文開始!超軽量3SHDフープ!

Happymodel Mobula7 HD 2-3S 75mm Crazybee F4 Pro Whoop FPV Racing Drone

Happymodel Mobula7 HD 2-3S 75mm Crazybee F4 Pro Whoop FPV Racing Drone

BanggoodでHappymodel Mobula7 HD 2-3S 75mmを見てみる

Mobula7 HD 2-3S 75mmの仕様

仕様:
ブランド名:Happymodel
モデル:Mobula7 HD
ホイールベース:75ミリメートルの
サイズ:98ミリメートル* 98ミリメートルの* 45ミリメートル
重量:48グラム(バッテリー含まず)、72グラム(バッテリー含む)

めちゃくちゃ軽いです!

Crazybee F4のPRO V2.0フライトコントローラー アイテム名:Crazybee F4プロV2 FC
MCU:STM32F411CEU6(100MHZ、512K FLASH)
センサー:MPU-6000(SPI接続)
基板サイズ:28.5 * 28.5MM
電源:1-3Sバッテリー入力(DC 3.5-13V)内蔵図5(a)(各)Blheli_Sの4in1 ESC Dshot600準備
内蔵レシーバ(Diffirentバージョンdiffirent受信機を備え、
受信バージョンなしRXを有していない)
内蔵Betaflight OSD(SPI制御)
内蔵電流計最大28A
に設定された電流計スケール1175は
内蔵5V 1A降圧/ LCフィルタをブースト
内蔵電圧検出ファームウェア

(Frsky版)CRAZYBEE F4FR PRO V2.0ファームウェアの対象:CrazybeeF4FR
(Flysky版)CRAZYBEE F4FS PRO V2.0ファームウェアの対象:CrazybeeF4FS
(DSM2 / DSMXバージョン)CRAZYBEE F4DX PRO V2.0ファームウェアターゲット:CrazybeeF4DX
(ノーRX版)CRAZYBEE F4 PRO V2.0ファームウェアの対象:CrazybeeF4DX
1 ESCでは5A 4車載
MCU EFM8BB21にアップグレード
電源:1-3Sリポ/リポHV(3.5V / 13V)
電流:5A連続ピーク6A(5秒)
BLHeliSuiteプログラマブルをサポートしています
工場出荷時のファームウェア:S_H_50_REV16_7.Hex
デフォルトのプロトコル:DSHOT600
Frsky NON-EUのレシーババージョンオンボード
SPI BUSレシーバ
Frsky D8 / D16の切り替え
互換性のある非EUトランスミッタD8の両方とD16モード
チャンネル:8点または16点
フェイルセーフのサポート
いいえグラウンド干渉しない(地面から送信機と受信機1 M):300メートル
Flyskyレシーババージョンオンボード
SPI BUSレシーバ
プロトコル:AFHDSとAFHDS-2Aの切り替え
チャネル:8点(AFHDS)または14ch(AFHDS-2A)
いいえグラウンド干渉しない(地面から送信機と受信機1 M):300メートル
フェイルセーフのサポート
DSM2 / DSMXレシーバ版オンボード シリアルバスの受信
プロトコル:DSM2 / DSMX互換
チャンネル:6-9(自分の無線に依存する)
なしグランド干渉(地面から送信機と受信機1 M):300メートル
EX1102 10000KVモーター モデル:EX1102の
KV:10000KV
Configu-比:9N12P

ステータDiamter:8ミリメートル
ステータの長さ:2ミリメートル
軸径:Φ1.0
モーター寸法(DIA *レン。):Φ10.5* 14.5ミリメートル
重量:2.7グラムの
サポート1-3Sリポ
プロペラ 40ミリメートル4ブレードプロペラ(4 CW + 4 CCW)
5.8G 40CH 25-200mW VTX
出力電力:25〜200mWの切り替え
周波数:40CH
入力電圧:3.3V〜5.5Vの
消費電流:300ミリアンペア(タイプ)
アンテナ:RG178アンテナ
周波数:5.8GHz帯は40個のチャンネルを5bands
レースタイヤ付き
SmartAudioの準備
重量:3グラム
CADDXタートルV2カメラ
イメージセンサー:1 / 2.7″ CMOSセンサー
水平:800TVL
TVシステム:NTSC / PALに変更
ビデオ解像度:1080P @ 60fpsのの/ 1080P @ 30fpsの/ 720 @ 60fpsの
電源入力:DC 4.5-20V
FPV FOV:155°
録音FOV:170°
ミニ照明:0.01lux
画像解像度:2メガピクセル
レンズ:1.8ミリメートルターボ眼撮影
動作電流:380ミリアンペア@ 5V / 160ミリアンペア@ 12V(低消費電力)
OSDメニュー:はい(サポート電圧表示)
ビデオファイル:MP4
オーディオ:サポート
電子シャッター:PAL:1 / 50-100,000 NTSC:1 / 60-100,100
S / N比:> 60デシベル(AGC OFF)
ビデオ出力:CVBS
サポートされている最大のマイクロSDカード:8〜64ギガバイト(クラス10 / UHS-I / UHS-IIをお勧めします、上記のクラス10以上が必要です)
赤色
リポバッテリー
容量:300mAh
電圧:11.4V
連続放電レート:30C
瞬時放電レート:60C
サイズ:65mmx18mmx11mm
重量:23グラム
コネクタ:XT30

モーターは1102、カメラはCaddx turtle v2 + 1080p 60fps DVR readyを搭載していますね。これなら2S〜3SでHDフープを存分に味わえそうです。

LEDが標準で付いていると思われますがEachine TRASHCANと同様にブザーは付いていない様ですので別途、持っていない方は購入しておいても良いかと思います。

フレームはV3っぽい、VTXはTRASHCANと同様かな?

BNFのレシーバーは範囲が狭い可能性があるのでPNPでお好みのレシーバーを付けても良いかも知れません。moccaはMobula7での事もあるのでPNPにしようかと思っています。

5 PCS Super Loud 5V Active Alarm Buzzer Beeper Tracker 9*5.5mm for RC MultiRotor FPV Racing Drone

Frsky XM+ Micro D16 SBUS Full Range Mini Receiver Up to 16CH for RC FPV Racing Drone

XM+は最近品薄なので注文だけはしておこうかなぁ。一応他のも持っていますが折角なのでXM+にしておきたい!(間に合えば…。)

FrSky Ultralight XM Receiver Up To 16CH for RC Drone FPV Racing

ウルトラライトのレシーバなら今は在庫ありますね。moccaは昨日注文しておきました。

後はバッテリーですね。初めは2Sリポをいくつか持っているので慣れてきたら3Sにチャレンジしたいと思っています。

3Sリポは買わなくても1Sを3つXT30コネクタで接続できる様にすればOKです。(別途、記事にします。)

Ultra Power UP-S4AC 4x7W 1A AC/DC 1S-2S

充電器は「Ultra Power UP-S4AC 4x7W 1A AC/DC 1S-2S LiPO/LiHV 2S-6S NiMH/NiCd Battery Charger With SM XH Micro MX JST mCPX」を手配済みで届くの待ちです。

1〜2Sを4つまとめて充電できるのでこれで当面これで凌ごうかと思っていますが3S以上も充電できる機器を購入しちゃうかも知れませんw

SDT BG-8S スマート バッテリー チェッカー

バッテリチェッカーは「ISDT BattGo BG-8S Smart Battery Checker Balancer Receiver Signal Tester Quick Charge Function」を購入しました。

こんな感じで着々と2S以上のドローンを飛ばす為の準備を進めています。

まとめ

TinyLeeder、BETA85Xに続きMobula7HDバージョンの登場となりましたね。

きっとEachineもHDフープ出すと思いますのでお好みのHDを購入するのが良いかと思います。

また、情報あり次第記事にしますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です