【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

URUAV UR85 / UR85HD BUSHIDO 85mmがBanggoodに登場!これは売れそうです!

URUAV UR85 / UR85HD BUSHIDO 85mm

今日Banggoodを見ていたら気になるドローンがラインナップされていました。

「URUAV UR85 / UR85HD BUSHIDO 85mm」でHDフープです。もうBETA85Xを意識しているのが解りますよね?

モーターは1102なのでBETA85Xの方がパワフルだと思われますが価格が50$くらい安いのでUR85HDも十分に選択肢に入るんじゃ無いかって思います。

URUAV UR85 / UR85HD BUSHIDO 85mm

URUAV UR85 / UR85HD BUSHIDO 85mm

BanggoodでURUAV UR85 / UR85HD BUSHIDO 85mmを見てみる

URUAV UR85 / UR85HD BUSHIDO 85mmの仕様

仕様
ブランド名 URUAV
項目名 UR85 UR85HD
ホイールベース 85ミリメートル 85ミリメートル
モーター モード:0805 KV12000 
Configu-比:9N12P 
ステータDiamter:8ミリメートル
ステータの長さ:5ミリメートル
軸径:Φ1.5mm 
モーター寸法(DIA *レン):Φ10.5mm* 17ミリメートルの
重量(g):3.0グラム
、細胞は、No.of(リポ):1S-3S
モード:1102 KV10000
Configu-比:9N12P 
ステータDiamter:11ミリメートルの
ステータの長さ:2ミリメートル
軸径:Φ1.5mm 
モーター寸法(DIA *レン):Φ13.5mm* 16ミリメートル
重量(g):2.8グラム
、細胞は、No.of(リポ):1S-3S
カメラ Caddx EOS2
1/3″ CMOSセンサー
1200 TVLの
2.1ミリメートルレンズ
16:9画像サイズ
NTSC 
グローバルWDR 
内部同期
CADDXタートルV2
イメージセンサー:1 / 2.7″ CMOSセンサー
水平:800TVL 
TVシステム:NTSC / PALに変更
ビデオ解像度:1080Pする@ 60fpsの/ 1080P @ 30fpsの/ 720 @ 60fpsの
電源入力:DC 4.5-20V 
FPV FOV:155° 
撮影FOV :170° 
ミニ照明:0.01lux 
画像解像度:2メガピクセル
レンズ:1.8ミリメートルターボ眼撮影
現在の作業:380ミリアンペア@ 5V / 160ミリアンペア@ 12V(低消費電力)
OSDメニュー:はい(サポート電圧表示)
ビデオファイル:MP4 
オーディオ:サポート
電子シャッター:PAL:1 / 50-100,000 NTSC:1 / 60-100,100 
S / N比:> 60デシベル(AGC OFF)
ビデオ出力:CVBS
8〜64ギガバイト(上記のクラス10以上が必要です、クラス10 / UHS-I / UHS-IIをお勧めします):サポートされている最大のマイクロSDカードの
色:赤
フライトコントローラ (Frskyバージョン)CRAZYBEE F4FR PRO V2.0ファームウェアターゲット:CrazybeeF4FR 
(Flyskyバージョン)CRAZYBEE F4FS PRO V2.0ファームウェアターゲット:CrazybeeF4FS 
(DSM2 / DSMXバージョン)CRAZYBEE F4DX PRO V2.0ファームウェアターゲット:CrazybeeF4DX 
(いいえRXバージョン)CRAZYBEE F4 PRO V2.0ファームウェアターゲット:CrazybeeF4DX 
MCU:STM32F411CEU6(100MHZ、512KのFLASH)
センサー:MPU-6000(SPI接続)
基板サイズ:28.5 * 28.5MM 
電源:1-3Sバッテリー入力(3.5-13V DC)
作りつけ5Aの(各)Blheli_Sの4in1 ESC Dshot600準備
内蔵SPI Frsky受信テレメトリ(D8 / D16の切替可能)でFrskyバージョン
内蔵SPI Flysky受信テレメトリとFlyskyバージョン(AFHDS / AFHDS2Aの切り替え可能)
DSM2 / Xのバージョンは、内蔵のシリアルベースのDSM2 / DSMX互換衛星放送受信機
なしRXバージョン外部レシーバーを追加する必要が
内蔵Betaflight OSD(SPI制御)
内蔵の電流計の最大28A 
1175に設定された現在のメータースケール
内蔵5VをLCフィルタ付き1A降圧/昇圧
内蔵電圧検出
4in1 ESCオンボード MCUはEFM8BB21にアップグレード
電源:1-3Sリポ/リポHV(3.5V / 13V)
電流:5A連続ピーク6A(5秒)
のサポートBLHeliSuiteプログラマブル
工場ファームウェア:S_H_50_REV16_7.Hexの
デフォルトプロトコル:DSHOT600
Frsky  NON-EUの レシーババージョン SPIバスレシーバ
Frsky D8 / D16切り替え可能
互換非EU送信D8とD16モードの両方
チャンネル:8点又は16CH 
フェールセーフ支持
なしグラウンド干渉(地面から送信機と受信機1 M):300メートル
Flysky受信機のバージョン SPI BUS受信
プロトコル:AFHDSとAFHDS-2A切替
チャンネル:8点(AFHDS)または14ch(AFHDS-2A)
なしグランド干渉(地面から送信機と受信機1 M):300メートル
フェイルセーフサポート
DSM2 / DSMXレシーババージョン シリアルバスの受信
プロトコル:DSM2 / DSMX互換
チャンネル:6-9(自分の無線に依存する)
なしグランド干渉(地面から送信機と受信機1 M):300メートル
PNPませRXバージョン XMの+、クロスファイア、S-FHSS等のような全くRXバージョンのサポート外部シリアルバスレシーバありません
VTX 出力電力:25〜200mWの切り替え
周波数:40CHの
入力電圧:3.3Vの5.5V 
消費電流:300ミリアンペア(タイプ)
アンテナは:RG178アンテナ
周波数:5.8GHz帯は40個のチャンネルを5bands 
Racebandで
SmartAudioの準備
重量:3グラム
リポバッテリー 容量:300mAh 
電圧:11.4V 
連続放電レート:40C 
瞬時放電レート:80Cの
サイズ:65mmx18mmx11mmの
重量:25グラム
コネクタ:XT30
サイズ 112ミリメートル* 112ミリメートルの* 60ミリメートル 112ミリメートル* 112ミリメートルの* 60ミリメートル
重量 43グラム(バッテリー含まず) 52グラム(バッテリー含まず)
重量 (オリジナル3S 300mahリポバッテリー付き)68グラム (オリジナル3S 300mahリポバッテリー付き)76グラム

パッケージが含まれています:

UR85 FPVレーシングドローンバージョン
1つのx UR85 85ミリメートルフレーム
1×オプション1:Crazybee F4FR V2.0 PRO FC内蔵Frsky NON-EU RX
オプション2:Crazybee F4FS V2.0 PRO FC内蔵Flysky RX
オプション3:Crazybee F4DX PRO FC内蔵シリアルバスDSM2 / DSMX RX
オプション4 :Crazybee F4 V2.0 PRO FCないRX verion
4× 0805 KV12000モータ
1×1.9inchプロペラ(4cw + 4ccw)
1× Caddx EOS2
1×5.8Gの40CHの25MW-200mWのVTX
1×3S 11.4V 300mahの40C / 80Cの電池
1×プロペラツール分解
1×ドライバー

UR85HD FPVレーシングドローンバージョン
1のx UR85HD 85ミリメートルフレーム
1オプション1のx:Crazybee F4FR V2.0 PRO FCは、内蔵のFrsky NON-EU RX
オプション2:Crazybee F4FS V2.0 PRO FCは、内蔵のFlysky RX
オプション3:Crazybee F4DX PRO FC内蔵しない、シリアルバスDSM2 / DSMX RX
オプション4:Crazybee F4 V2.0 PRO FCないRXのverionを
4× 1102 KV10000モータ
1×1.9inchプロペラ(4cw + 4ccw)
1× CaddxタートルV2 + 1080 60fpsのDVR
1×5.8Gの40CHの25MW-200mWのVTX
1×3S 11.4Vの300mahの40C / 80Cの電池
1×プロペラツール分解
1×ドライバー

 URUAV UR85 / UR85HD BUSHIDO 85mmを購入するならHD機?

色々と悩みますがUR85を購入するならHD機にしようかと思っています。

52gで1102モーターを搭載していますが個人的には少し重いかな?って思ってしまいますが、BETA75XにHDカメラを積むと60gでそこそこ飛ぶので52gだったら軽快かもって思っています。

3S300mAhで4分くらい持てば最高なんですけどね。

UR65のイメージが強くきっと良く出来たフープなんだと期待してしまいます!

まとめ

続々と登場する2〜3Sのフープ。やはりそろそろ3Sを検討しないとって言う時期になってきているんですね。

BETA85Xを購入しようかと思っていましたがもう暫く待ってUR85HDを購入したいなぁって思う今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です