【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

期待の4K Cine whoop|iFlight Alpha A85 85mm 2Inch 4S Caddx Loris FPVドローン

iFlight Alpha A85 85mm 2Inch 4S Caddx Loris

今回はCaddx Loris 4kと採用した期待のドローン「iFlight Alpha A85 85mm」が届きましたので、ご紹介して行きたいと思います。

先日の記事で「GEELANG Anger 85X 4K」をご紹介しましたが、果たしてどちらの方が私のお気に入りのドローンになるか非常に気になっているところです。

では、早速内容を確認して行きましょう!(ちょっとテンション上がってます!)

期待の4K Cine whoop|iFlight Alpha A85 85mm 2Inch 4S Caddx Loris FPVドローン

期待の4K Cine whoop|iFlight Alpha A85 85mm 2Inch 4S Caddx Loris FPVドローン

iFlight Alpha A85 85mm 5.8G 2Inch 4S Caddx Loris 4k

クーポンコード「bGhOnEy10」で「10%off」です!

iFlight Alpha A85 85mm 5.8G 2Inch 4S Caddx Loris 4kのスペックから

Alpha A85 w/Caddx Loris 4K Camera BNF Specs:

  1. Caddx Loris 4K Camera
  2. SucceX-D 20A Whoop F4 AIO Board
  3. XING-E 1204 FPV Micro Motor
  4. Wheelbase: 85mm
  5. Body size: 125*125mm
  6. Ducted propeller size: 2 inch
  7. FC pattern: 25.5*25.5mm
  8. FPV cam spacing: 14mm
  9. Weight: 76.5g (without battery)
  10. Flight time: 5-7 min cruising (4S 450mAh)

上記の様になっています。

ポイントは「FCが20A、モーターが1204」というところだと思っています。スペックだけ見ただければ詳細が伝わらないと思いますので、実際に機体を確認して行きましょう!

iFlight Alpha A85 85mm 5.8G 2Inch 4S Caddx Loris 4kの開封

iFlight Alpha A85 85mm 2Inch 4S Caddx Loris

iFlightですよね?というイメージの箱に入って登場!黒じゃなくって白の箱なんですね!(どうでも良いんですが気になりましたw)

iFlight Alpha A85 85mm 2Inch 4S Caddx Loris

中身を取り出して見て触ってテンションが上がりました。

ビックリしたのは作りがとてもしっかりとしているところ。iFlightって正直なところ、当たり外れが大きいってイメージですし、決してしっかりしているという印象は無かったので驚きました。

以下、付属品

  1. Alpha 85mm
  2. 予備キャノピー
  3. 予備プロペラ(HQ Prop)
  4.  iFlight Lipo Strap
  5. FC用のL型USBコネクタ
  6. 英語マニュアル
  7. 予備ネジ、ドライバーなど

注意点としては、Caddxのカメラ設定用リモコンは付属していませんので、設定変更をしたい方は手持ちを利用するか、別途購入するか、お知り合いの方に借りるなど。

ドローンをある程度の期間やっている方なら、絶対持っているリモコンです。

iFlight Alpha A85 85mm 2Inch 4S Caddx Loris

こちらは付属品の写真となります。

iFlight Alpha A85 85mm 2Inch 4S Caddx Loris

iFlight Alpha A85の本体です。写真だけだと解り難いんですが、作りはとてもしっかりとしていて好印象です。

持った感じ、本当に驚く位しっかり、手触りもスムースでとても良いです。正直、手触りなんてフライトに影響しないんですが、なんていうか高級感があります。

iFlight Alpha A85 85mm 2Inch 4S Caddx Loris

最近、手元に届いてから気が付く事が多く驚く事が多いんですが、モーターとフレームの間にTPUマウントが挟み込んでありました。

防振の役割を担っている筈で、私は今までにこういう手当をした事がなかったので、フライトや映像にどの程度の影響があるのかとても楽しみです。

iFlight Alpha A85 85mm 2Inch 4S Caddx Loris

ちょっとピンボケですみません。下からFC、DVR、VTXだと思われますが、後でバラして確認しておきたいと思います。

iFlight Alpha A85 85mm 2Inch 4S Caddx Loris

そしてiFlight Alpha A85の裏面です。

特徴のあるドローンはとても参考(良いか悪いかは別)になります。

バッテリーは横に止める事になりますが、個人的には縦で良いんじゃないかと思っちゃいます。でも実は私も何台かのフープタイプのドローンはバッテリー横向きで止めてフライトしているんですよね。(結果、それほど差は感じない。)

尚、受信機はFCの下側に取り付けられていました。

まとめ

4k CinewhoopのiFlight Alpha A85とGEELANG Anger 85X 4Kはどちらもとても特徴があって非常に面白いです。

GEELANG Anger 85X 4KではNDフィルターを付けて見たり、iFlight Alpha A85は防振対策に特化して見たりと、希望を言えばどっちも採用して欲しいですよねw

では、後ほど少し解体しつつ、FCの設定も確認していきたいと思います!

GEELANG Anger 85X 4K HDドローンCine whoop|GEELANG Anger 85X 4K HDのドローンをレビュー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »