【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

Beta85x 4k WashOut&RXloss対策を進める!今度は揺れが発生しているかも?

Beta85X 4K Whoop Quadcopter

昨日から進めている「Beta85x 4k」でのWashOut&RXloss対策ですが、RXlossの方は原因が解って来ました。

今日は強風の中(風速10mとか)で飛ばしていたので、揺れが凄いので後日、再度テストをお香必要がありますが、Washoutについてもほぼ対策が出来ていると感じています。

動画は途中でコントロールを失っている部分もありますがそれはRxlossが原因です。

Rxlossは設定次第では何方にも起こり得る事だと感じましたので、この記事で共有しておきたいと思います。

Beta85x 4k WashOut&RXloss対策を進める!

Beta85X 4K Whoop Quadcopter (4S) Amazon

Beta85x 4kはHDバージョンよりもより綺麗な動画が取れる為に多くの方が待ち望んでいた機体でもあったと思いますが、出荷状態では「Washout」が酷くスタントフライトはまず不可能な機体です。

しかし、今まで出て来ている情報と過去の設定を合わせる事でWashoutを軽減する事が出来ました。

本日の映像では揺れが発生しジェロが出ている様に見えますが、風速を確認したところ 8-11mでしたので、無風に近い環境で飛ばして見ないと結果が解りません。

何方か検証にご協力頂ける方がいれば助かります。

Beta85x 4kでRxlossが発生する原因は?

これは出荷状態で飛ばしている方は、多分ですが発生しないと思われます。

moccaはアイドルスロットル値を上げ気味に設定する事が多いので、現在保有しているBeta85xHD(3S)と同様に6.4として設定しましたが、何故かBeta85x 4kではRxolssが発生してしまいました。

その後、5.5にしましたがそれでも若干発生する状況でしたので、4.5に戻したところRxlossは発生しなくなりました。

Beta85x 4kについてはアイドルスロットル値は上げてはダメとの結論です。

Beta85x 4kのWashout対策について

上記で記載した通り、Beta85x 4kはwashoutが強烈に発生します。海外でのレビューを見ていても縦方向、横方向の両方で発生している様で出荷状態のままではmoccaの希望する状態でフライトする事は困難な為に、以下の対策を行いました。

  1. カーボンフレーム2枚セット
  2. BetaFlight4.0.4の導入
  3. Blheli32の設定内容の変更

カーボンフレームの2枚セットが有効かどうかはまだ解りませんが、今回のフライトでwashoutはほぼ無くなりましたので、上記の対策のうちのどれか、もしくは全てで効果があった事は確かです。

STEP.1
カーボンフレーム2枚セット1

Beta85X 4K Whoop Quadcopter

これは単純に新しくカーボンフレームを購入して2枚重ねてセットするだけです。

モーターネジが6mmだと届かないので7mmネジを用意しましょう。moccaは急いでいたので両方共にAmazonで購入して利用しました。

BETAFPV 1pc Beta85X 4K Cine Whoop Black Frame Carbon Stiffener Brace

クロスヘッドネジ 304ステンレス鋼 M2 x 7mm スクリューボルト 60個入り

STEP.2
Blheli_32の設定内容を変更

効果があったのかは定かではありませんが、Beta85xHD(3S)でも酷くはなかったんですが同じ悩みを抱えていた際の対策として実施していたのを思い出し変更しました。

「PWM Frequency」を「32kHz」へ変更。しかし他の方の調整内容を見てみると同じ事をしていない為に関係性は低いと思います。

STEP.3
BetaFlight4.0.4の導入

これも関係性があるかは微妙だと思っていて、本命はカーボンフレームではないかと考えています。

今までの情報を集約するとBetaFlight4.0.4のみでは軽減はされるも解決には至っていない為にBetaFlight4.0.4のみの対策では不十分だと考えます。

しかしながら合わせ技で一本の可能性はありますので設定内容を含めて掲載しておきます。

BetaFlight4.0.4 diff all

moccaのBetaFlight4.0.4の設定値を掲載しておきます。3Sについてはほとんど飛ばしていないので事前に確認の上で利用して下さいな。

また、利用については自己責任でお願いします!

# diff all

# version
# Betaflight / OMNIBUSF4SD (OBSD) 4.0.4 Jun 30 2019 / 14:43:06 (f3a95efa3)

# start the command batch
batch start

# reset configuration to default settings
defaults nosave

board_name OMNIBUSF4SD

# name
name 85X 4K

# resources

# timer

# dma

# mixer

# servo

# servo mix

# feature
feature -RX_PARALLEL_PWM
feature -AIRMODE
feature RX_SERIAL
feature TELEMETRY
feature LED_STRIP

# beeper
beeper -GYRO_CALIBRATED
beeper -RX_LOST_LANDING
beeper -DISARMING
beeper -ARMING
beeper -ARMING_GPS_FIX
beeper -BAT_CRIT_LOW
beeper -GPS_STATUS
beeper -ACC_CALIBRATION
beeper -ACC_CALIBRATION_FAIL
beeper -READY_BEEP
beeper -DISARM_REPEAT
beeper -ARMED
beeper -SYSTEM_INIT
beeper -ON_USB
beeper -BLACKBOX_ERASE
beeper -CRASH_FLIP
beeper -CAM_CONNECTION_OPEN
beeper -CAM_CONNECTION_CLOSE
beeper -RC_SMOOTHING_INIT_FAIL

# beacon

# map

# serial
serial 2 64 115200 57600 0 115200
serial 5 2048 115200 57600 0 115200

# led
led 0 0,0::A:0
led 1 1,0::A:0
led 2 2,0::L:0
led 3 3,0::L:0

# color

# mode_color
mode_color 5 0 9
mode_color 5 1 11
mode_color 5 2 2
mode_color 5 3 13
mode_color 5 4 10
mode_color 5 5 3
mode_color 6 0 2

# aux
aux 0 0 0 1225 2100 0 0
aux 1 1 1 1350 1750 0 0
aux 2 2 1 1800 2100 0 0
aux 3 13 3 1700 2100 0 0
aux 4 28 1 900 1300 0 0
aux 5 35 2 1700 2100 0 0

# adjrange

# rxrange

# vtx

# rxfail

# display_name

# master
set gyro_lowpass_type = PT1
set gyro_lowpass_hz = 100
set gyro_lowpass2_hz = 300
set dyn_notch_width_percent = 0
set dyn_notch_q = 70
set dyn_notch_min_hz = 130
set dyn_lpf_gyro_min_hz = 0
set dyn_lpf_gyro_max_hz = 700
set mag_hardware = NONE
set baro_hardware = NONE
set rssi_channel = 16
set rc_smoothing_type = INTERPOLATION
set fpv_mix_degrees = 35
set serialrx_provider = SBUS
set dshot_idle_value = 450
set motor_pwm_protocol = DSHOT600
set failsafe_delay = 10
set yaw_motors_reversed = ON
set small_angle = 180
set pid_process_denom = 1
set osd_warn_core_temp = OFF
set osd_tim1 = 0
set osd_tim2 = 769
set osd_vbat_pos = 354
set osd_rssi_pos = 2210
set osd_tim_2_pos = 2423
set osd_flymode_pos = 2393
set osd_throttle_pos = 2232
set osd_crosshairs_pos = 269
set osd_current_pos = 2369
set osd_mah_drawn_pos = 312
set osd_craft_name_pos = 2411
set osd_pidrate_profile_pos = 2362
set osd_warnings_pos = 2345
set osd_avg_cell_voltage_pos = 2402
set osd_disarmed_pos = 2378
set vcd_video_system = NTSC

# profile
profile 0

set dyn_lpf_dterm_min_hz = 0
set dterm_lowpass_type = PT1
set dterm_lowpass_hz = 100
set dterm_lowpass2_hz = 200
set vbat_pid_gain = ON
set anti_gravity_gain = 2000
set iterm_rotation = ON
set iterm_relax_type = GYRO
set iterm_relax_cutoff = 11
set p_pitch = 65
set i_pitch = 80
set d_pitch = 50
set f_pitch = 96
set p_roll = 65
set i_roll = 80
set d_roll = 50
set f_roll = 96
set p_yaw = 56
set i_yaw = 75
set f_yaw = 100
set d_min_roll = 0
set d_min_pitch = 0
set d_min_boost_gain = 30
set auto_profile_cell_count = 3

# profile
profile 1

set dyn_lpf_dterm_min_hz = 0
set dterm_lowpass_type = PT1
set dterm_lowpass_hz = 100
set dterm_lowpass2_hz = 200
set vbat_pid_gain = ON
set anti_gravity_gain = 2000
set iterm_rotation = ON
set iterm_relax_type = GYRO
set p_pitch = 55
set i_pitch = 80
set d_pitch = 31
set f_pitch = 96
set p_roll = 48
set i_roll = 80
set d_roll = 29
set f_roll = 96
set p_yaw = 60
set i_yaw = 77
set f_yaw = 100
set d_min_roll = 0
set d_min_pitch = 0
set d_min_boost_gain = 30
set d_min_advance = 30
set auto_profile_cell_count = 4

# profile
profile 2

# restore original profile selection
profile 1

# rateprofile
rateprofile 0

set roll_rc_rate = 70
set pitch_rc_rate = 70
set yaw_rc_rate = 70
set roll_expo = 15
set pitch_expo = 15
set yaw_expo = 15
set roll_srate = 76
set pitch_srate = 76
set yaw_srate = 78
set tpa_rate = 10
set tpa_breakpoint = 1650
set tpa_mode = PD

# rateprofile
rateprofile 1

set roll_rc_rate = 70
set pitch_rc_rate = 70
set yaw_rc_rate = 70
set roll_expo = 15
set pitch_expo = 15
set yaw_expo = 15
set roll_srate = 76
set pitch_srate = 76
set yaw_srate = 78

# rateprofile
rateprofile 2

# rateprofile
rateprofile 3

# rateprofile
rateprofile 4

# rateprofile
rateprofile 5

# restore original rateprofile selection
rateprofile 0

# save configuration
save
#

Profileは3Sと4Sで自動切替になる様に設定済です。

Beta85x 4k 関連アイテム(Amazon)

  1. Beta85x 4k(AC900 Frsky S-FHSS)
  2. Caddx ND8 Filter Dual Lens Filter
  3. BETAFPV 2pcs Customized Tarsier 4K Canopy
  4. BETAFPV 6pcs SH1.0 Power Whoop Connector Cable Set for 4S
  5. BETAFPV 2個 450mAh 4S リポバッテリー 75C/150C 14.8V XT30 16AWG
  6. BETAFPV EMAX Avan 16pcs 2” 4-Blade Props 1.5mm Shaft Propellers
  7. BETAFPV 6pcs Amass XT30 Plug Connector 65mm with 18AWG Silicone Cable

まとめ

困っている方は一度、試して見て下さい。出荷状態よりはかなり飛ばせる様になる筈です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です