【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

FPVマイクロドローン|Eachine UZ65 65mm 1S WhoopのBetaFlight設定を確認

FPVマイクロドローン Eachine UZ65 65mm 1S Whoop

今回の記事では「Eachine UZ65 65mm 1S WhoopのBetaFlight設定」を確認していきますね!

そのままでもほぼフライト可能に思えますので、必要最低限のところだけ変えていきましょう。尚、Eachine UZ65はPWMフィルターが導入済みで、あれこれ変更しないで良いのはメリットだと感じました♪

Eachine UZ65 65mm 1S Whoop

FPVマイクロドローンのEachine UZ65 65mm 1S Whoop

FPVマイクロドローンのEachine UZ65 65mm 1S WhoopをBanggoodで見てみる

FPVマイクロドローン Eachine UZ65 65mm 1S WhoopFPVマイクロドローン|Eachine UZ65 65mm 1S Whoopをレビュー!

Eachine UZ65 65mm 1S WhoopのBetaFlight設定を確認

ファーム: BTFL 4.1.1でしたので、Configurator: 10.6.0を利用していきます。

基本設定

FPVマイクロドローン Eachine UZ65 65mm 1S Whoop

Dshotが600でしたので、300へ変更します。(何故に600なのだ。。)

FPVマイクロドローン Eachine UZ65 65mm 1S Whoop

それから受信機項目のプロトコルをFrskyXに変更しました。こちらはDでも問題なしです。

電源・バッテリー

FPVマイクロドローン Eachine UZ65 65mm 1S Whoop

ここでは、以下を変更

  1. 最小電圧:3.00v
  2. 最大電圧:4.50v
  3. 警告電圧:3.10v

気になるのはPWMフィルターまで入れてくれているのにバッテリー電圧は付属の物へ合わせてくれてないんだいう、なんとも微妙な設定になっているところ。

PID

FPVマイクロドローン Eachine UZ65 65mm 1S Whoop

PID項目は特段変更していませんが、参考までに内容を掲載しておきますね。

YAWだけ高くてROLLとかは25とかですね。。どうなんでしょうか?取り敢えずこのままフライトしてみます。

受信機

FPVマイクロドローン Eachine UZ65 65mm 1S Whoop

受信機はチャンネルマップのみ「AETR1234」へ変更しました。

モード

FPVマイクロドローン Eachine UZ65 65mm 1S Whoop

モードはいつのも自分好みの設定へ変更しています。これをドローン毎に変えてしまうとワケワカメになっちゃうから揃えてます。

OSD

FPVマイクロドローン Eachine UZ65 65mm 1S Whoop

OSDは合計アーム時間のみ3分へ変更しました。

まとめ

ある程度の設定はされていますが、やっぱり全部の項目を確認する必要があるので、今までよりも手間が掛からないかと言われたら変わりません。

ドローンの設定ってどうなっているのか解らないので、一通り見直して必要なところを変更するという作業はこれからもマストになりますね!

では、明日は晴そうなのでテストフライトしてみたいと思います(*’▽’*)b

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »