【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

FPVマイクロドローン|Eachine UZ65 65mm 1S Whoopをレビュー!

FPVマイクロドローン Eachine UZ65 65mm 1S Whoop

今回はEachineから販売開始となった「Eachine UZ65 」をレビューしたいと思います。

Eachine UZ65はvivaさんからお借りした物なので、フライト時にクラッシュしない様に注意しないとですw(そろそろ何か起きそうで怖い。。)

最近は草も伸びてますから気をつけないと。。o(`ω´ )b

前置きはこれくらいにしておいて、Eachine UZ65についてですが、今までの65mmサイズのマイクロドローンよりもペラが一回り大きいのが特徴となっています。

FPVマイクロドローンのEachine UZ65 65mm 1S Whoopをレビュー!

FPVマイクロドローンのEachine UZ65 65mm 1S Whoop

FPVマイクロドローンのEachine UZ65 65mm 1S WhoopをBanggoodで見てみる

Eachine UZ65 65mm 1S Whoopのスペック

パッケージの内容から仕様が解ります。

Package includes:

  1. 1 x UZ65 65mm 1S 65mm whoop Drone Frame
  2. 1 x SPI Receiver Option1: Superbee F4 FC built-in Frsky SPI D8 RX
    SPI Receiver Option2: Superbee F4 FC built-in Flysky SPI RX
    External Receiver Option3: Superbee F4 FC built-in DSM2/DSMX RX
    External Receiver Option4: Superbee F4 FC built-in TBS crossfire RX
  3. 4 x SE0802 KV19000 brushless motor
  4. 1 x HQPROP 35mm-3 blades Propellers(4cw+4ccw)
  5. 1 x Runcam Nano3 1/3 CMOS 800TVL camera
  6. 1 x 5.8G 25mw-100mw 40ch vtx
  7. 4 x 1S 300mah 30C LiHV Battery
  8. 1 x 1S Lipo/LIHV USB Charger
  9. 1 x Propeller disassemble tool
  10. 1 x Eachine Handbag

簡単にいうと、0802 19000kvを採用したHappymodel Mobula6の一回り大きいサイズという事になりますね。キャノピーやFCの形状などからカメラには若干のジェロが出そうな雰囲気ではありますが、FPVドローンならばそれくらいは当たり前というところでしょうか。

HDカメラでもないので、フライト重視であれば酔うほど酷くなければ個人的にはOKという感じです。

あ、VTXは別体型で100mwまで対応しています。

Happymodel Mobula6関連の記事は以下で紹介しています。設定方法などを動画でも紹介していますので、初心者の方は参考にして貰えたらと思います(*’▽’*)

マイクロドローン Happymodel Mobula6 HDこれからマイクロドローンを始めよう|Mobula6 & Mobula6 HDの設定などの解説記事!

購入時の注意点

Eachine UZ65にはバッテリーが4本付属していますが、充電器は1本づつしか出来ません。別途、何かしらの充電器を購入しておきましょう。Happymodel Mobula6の記事でも紹介していますが、初めは安いのを購入しておけば十分です。

Eachine UZ65 65mm 1S Whoopを開封

マイクロドローンのEachine UZ65を開封していきます。

FPVマイクロドローン Eachine UZ65 65mm 1S Whoop

Eachineのフープは布製のケースに入って届きます。今や定番になりましたね。

  1. Eachine UZ65 65mm 1S Whoop本体
  2. 1S300mah Hvバッテリー4本
  3. 予備プロペラとドライバー
  4. USB充電器
  5. マニュアル

という構成になっています。

FPVマイクロドローン Eachine UZ65 65mm 1S Whoop

Eachine UZ65の前からの写真です。

Mobula6と比較するとスリムな感じがしますね。キャノピーがちょっと小さめでダクトが少し大きいので75mmフープと似ている感じとなっています。

FPVマイクロドローン Eachine UZ65 65mm 1S Whoop

横からですが、FCが菱形のサイドがくびれているタイプです。BETAPFVのMeteor65などを同じ様な形状となっていました。

FPVマイクロドローン Eachine UZ65 65mm 1S Whoop

裏面からです。ま、普通ですね(ぉぃw

レシーバーのアンテナが少し長い気がしますが、実際の電波の届く範囲はどうなんでしょうか。Mobula6は比較的に遠くまで届く印象なので、どの程度まで届くのかは気になるところです。

でも65mmフープで遠くまでフライトしても、クラッシュしたらロストする可能性も高いのでそんなに遠くまでフライト出来なくても良いかなぁ思っています。

FPVマイクロドローン Eachine UZ65 65mm 1S Whoop

モーターは0802 19000kvです。

FPVマイクロドローン Eachine UZ65 65mm 1S Whoop

BETAFPVのBETA65XHDと比較してみたところ、ダクトが一回り大きいのが解ります。

BETAFPVのBETA65XHDの記事がこちらを読んでね!

BETAFPV BETA65X HDマイクロドローン|BETAFPV BETA65X HDをフライトして来ました!

FPVマイクロドローン Eachine UZ65 65mm 1S Whoop

重量はバッテリー抜きで21.6gでしたので優秀で超軽量フープです。

まとめ

本日のところはここまでとなります。

最近は天気が悪かったりするので、フライトは少し先になってしまったらごめんね、ごめんね〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »