Jumper T8SG V2 Plusが技適取得!プロポ買うならこれで間違いない!

BETA75X&Runcam Split mini2でHDを作成!お手軽空撮機で楽しみたい!

beta75x

あまり記事には登場していませんが手持ちのBETA75Xを利用してHDフープにチャレンジする事にしました。

既に沢山の方がBETA75XにRuncam Split mini2やCaddx Turtle V2を搭載した機体を作成して素晴らしい動画を撮影していますが、私もチャレンジして行きたいと思います。

今回はBangggoodさんからご提供頂きましたRuncam Split mini2をベースにポイントをお伝えして行きたいと思います。

いざっ!

BETA75X&Runcam Split mini2でHDフープを作成しよう!

RunCam Split Mini

BanggoodでRuncam Split mini2を見てみる

BETA75X HDで撮影して見ました!

早速ですがBETA75XにRuncam Split mini2を搭載し撮影して見ました!BETA75X自体を飛ばすのが本日で2回目なのでかなり慎重に飛ばしましたが、凄く綺麗な映像でビックリです。

BETA75Xも作りがしっかりしているので安定してフライト出来ました♪

BETA75X&Runcam Split mini2でお手軽空撮機を作っちゃおう!

元々moccaがドローンに興味を持ったのは動画サイトで見たドローンの空撮映像からですが、色々と調べて見たところドローン規制なるものが存在し断念したところから始まっています。

その後、Tinywhoopを知る機会がありどっぷりドローンにハマってしまった訳です。

でもやっぱり綺麗な動画を撮影して見たい!

という事で諦めらめられないのでRuncam split mini2を利用してHDフープ作成に挑んで行きたいと思います!

①事前準備としてBETA75Xを少しカスタマイズ!まずはブザー搭載!

BETA75X

BETA75Xにはブザーが搭載されていないので機体をロストしない様に事前に取り付けておきましょう。

5 PCS Super Loud 5V Active Alarm Buzzer Beeper Tracker 9*5.5mm for RC MultiRotor FPV Racing Drone

beta75x

配線後はこんな感じです。マイナス側は裏側を通しておきました。

beta75x

ブザーの設置と配線の取り回しです。ブザーはテール部分に結束バンドで留めました。

beta75x

続いてVTXのカメラを外してRuncam split mini2に梱包されているコネクタに変更します。

②事前準備としてBETA75Xを少しカスタマイズ!VTXの配線変更!

Runcam split mini2

Runcam split mini2に付属していたコネクタケーブルを利用してBETA75XのVTX配線を変更しておきます。

beta75x

3本の線の真ん中の配線が取れ難くマイナスの配線を裏面を通す結果になってしまいましたが、うまくハンダ出来れば全て同じ面で良いと思います。

事前準備はこれで完了ですので、BETA75XにRuncam split mini2を組み込んで行きましょう。

MEMO

プロポでRuncamの動画撮影オン、オフを切り替えたい方は別途配線しましょうね。TX3 / RX3が空いていると思いますのでハンダ付けでOKです。その際にはマニュアル(日本語化してあります)を確認して配線を間違えない様に注意して下さい。

RunCam Split Mini2
Runcam split mini2のマニュアルを日本語化しました!英語苦手な方はどうぞ!

BETA75Xにカメラマウントを利用してRuncam split mini2を組み込みましょう!

moccaが利用したのはFunFunで販売しているBETA75X用のカメラマウントキットですが、Banggoodで販売しているマウントでも問題ないと思います。

VT Production [TPU-CMT-75X-SPLIT-I]Beta75X-Split Mini 2 用 Camera Mount

3D Printed TPU Camera Mount Support Base for 19mm Runcam Split Mini Mobula7 Whoop RC Drone

ではサクッと組み立てます!

beta75x

beta75x

マウントの間にはカメラが通らないので一部をカットして通しました。バッテリー抜きで60gです。

1S300mah*2本でテストフライトしましたが1分で撃沈。BetaFlightの設定を見直してみたいと思います。勿論、2S350mahを利用すれば良いんですが1Sでもそこそこ飛ぶ様にして見たいなっと。

MEMO

BETA75Xの設定を色々と変えましたが1S300mAh*2本で飛ばすのは厳しい様です。素直に2S350mAh or 450mAhで飛ばしましょう。

2S350mAhでのフライト時間は2〜3分程度です。

2Sバッテリーの充電器にお悩みに方は以下の記事を参考にどうぞ!

Ultra Power UP-S4AC 4x7W 1A AC/DC
1S&2Sバッテリー充電器は「Ultra Power UP-S4AC」4個まとめて充電出来るのでオススメです!

まとめ

BETA75X HD素晴らしいです!やっぱり綺麗な映像って良いですね♪

次はもう少し軽い機体でチャレンジして見たいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です