【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

1S&2Sバッテリー充電器は「Ultra Power UP-S4AC」4個まとめて充電出来るのでオススメです!

Ultra Power UP-S4AC 4x7W 1A AC/DC

今回はBanggoodさんから1セル、2セルの両方が充電可能な「Ultra Power UP-S4AC」をご提供頂いましたのでレビューしたいと思います。

最近の2Sフープのブームもありバッテリーの充電環境に悩んでいる方も多いかと思いますが「Ultra Power UP-S4AC」は1S&2Sがまとめて4個までまとめて充電出来るのでこちらの購入がオススメです。

1個の充電口毎に0.1〜1.0Aの設定が可能なので2Sのバッテリーの充電環境はこれ1台で済んじゃいますね!

1S&2Sバッテリー充電器「Ultra Power UP-S4AC」

Ultra Power UP-S4AC 4x7W 1A AC/DC

BanggoodでUltra Power UP-S4ACを見てみる

1S&2Sバッテリー充電器「Ultra Power UP-S4AC」の仕様

Ultra Power UP-S4AC 4x7W 1A AC/DC

仕様:

入力電圧:AC100 – 240V / DC 7.0V – 17.0V
充電器のパワー:最大7WX4、±10%
充電器の電流:(0.1-1.0A)X 4、±10%
バッテリータイプ:Lipo/ LiHV / NiMH / NiCd
電池セル数:Lipo / LiHV(1〜2セル) NiMH / NiCd(2〜6セル)
表示:液晶ディスプレイ画面+ LEDライト
サポートバッテリーポート:SM / XH /マイクロ/ MX / JST / mCPX
純重量:220グラム
外形寸法:125X78X42mm

含まれている包装:

1XウルトラパワーUP-S4AC充電器&電源ケーブル、マニュアル、

ショップでは電源ケーブルが付属しているか記載が無かったんですが届いたところ付属していたのでホッとしました。

注意

付属の電源ケーブルは日本仕様では無かったので変換プラグかAC用の電源ケーブルを用意して下さい。Amzonで購入するならこちらからですね。

POWSEED AC電源ケーブル メガネ型コネクター・プラグ ACコンセント

この充電器の良いところは「Lipo/ LiHV / NiMH / NiCd」の電池に対応し「SM / XH /マイクロ/ MX / JST / mCPX」のバッテリーポートに適応しているとこですね。

しかも4個別々に設定が可能で種類のとこなるバッテリーを充電可能です。

1S&2Sバッテリー充電器「Ultra Power UP-S4AC」を利用してみた!

Ultra Power UP-S4AC 4x7W 1A AC/DC

今回はまとめて3個の2Sバッテリーを充電して見ましたがメチャクチャ便利じゃ無いですか…。これがあれば2Sバッテリーも余裕で使えそうです!

Ultra Power UP-S4AC 4x7W 1A AC/DC

Ultra Power UP-S4AC 4x7W 1A AC/DC

画面が切り替わり各バッテリーのセル毎の電圧、合計電圧とか電流が表示されます。超便利♪

合わせて読みたい

合わせて購入したいアイテムを以下の記事にまとめました!

1S&2Sバッテリー充電器「Ultra Power UP-S4AC」のマニュアルの使い方

マニュアルのLEDの内容と照らし合わせて貰うと解りやすいかと思います。

概要

1  –  2S LiPo / LiHV電池、2  –  6S NiMH NiCd電池。

UP-SAACは、4つの独立した同一チャンネルを持つインテリジェント回路を備えています。

充電器は、正確に最大4個の1-2SLiPo / LiHV電池、2-6S NIMHINICd電池を同時に充電するように設計されています。充電電流は0.1-1.0Ampsの間で調整することができ、電池の種類、セル電圧充電電流および電池容量はLCDディスプレイスクリーン上に表示することができます。

電源はACの場合は数字が見える方向で左側(黒)、DCの場合が右側(オレンジ XT60)から供給します。少し大きめのバッテリーを持っていれば外で充電する事も出来ますね。

充電器は自動的にバッテリーを充電します。

充電プロセス中、LEDインジケーターは赤く点滅し、LCDスクリーンには関連する充電データが表示されます。

設定

充電電流を設定するスタンバイページで “SELECT”ボタンを押すと、デフォルトの現在のページに移動します。デフォルトの電流は0.5Aです。 “SETTING”ボタンを押すと0.1Aから1.0Aでの希望の電流を調整できます。

それから現在のを保存するために “SETTING”ボタンを長押しするとそれは “Save Setting”ページが表示されます。

設定がOKになると、デバイスはスタンバイページに戻ります。

電池を切り替えたい場合は「SELECTボタンを押すと電池の種類のページが表示されます。

SETTINGボタンは、4種類すべての電池タイプをLIPo、LiHV、NIMHにすることができ、設定後、「SETET」ボタンを長押しすると選択した電池タイプが保存されます。

異なる電池を登録する場合には「設定」を押してください。

そしてそれはLiPo.LIHV、NIMHから選択できます。「選択」ボタンを押して次のチャンネルを設定します。選択したタイプを保存するには、[設定]ボタンを長押しすると、[設定を保存]のページが表示されます。電池の種類は正常に保存されました。

表示内容

(1)1S LiPo / LIHVバッテリーの充電

バッテリータイプ – バッテリー電圧 – 充電電流 – 各ポートのバッテリー容量

(2)充電2S LiPo / LiHVバッテリー

バッテリータイプ – 合計電圧-1stセル電圧 –  2ndセル電圧 – 充電電流 – 電池容量

(3)NiMH / NICd電池の充電(注:NiCd充電インターフェースはNiMHと同じ

バッテリータイプ – バッテリー電圧 – 充電電流 – 各ポートのバッテリー容量循環式

上記のインターフェースは一度に1つのバッテリータイプを充電するためのもので、同時に異なるバッテリータイプ(LiPo LIHV / NIMHINiCd)を充電すると、各チャンネルの表示データは上記の対応する電池の種類と一致します。1つの電池が充電を完了すると、LEDインジケーターは緑色のままになり、LCD画面には下の図のようにフル電池容量が表示されます。

まとめ

如何でしょうか。

これから充電器の購入を検討している方は1Sフープも含めて1S&2Sバッテリー充電器「Ultra Power UP-S4AC」で良いよ思いますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です