【Banggoodコラボ企画・拡散希望】Twitterでフォロー&RTプレゼントキャンペーン!

85mmフープのススメ!ShutterBugを参考に自作の練習機を作成しよう♪

85mmフープ自作機は所謂「ShutterBug」と呼ばれ「Mr ShutterBug」の動画から始まっています。

moccaもBETA75Xを85mmフレームに載せ替えて、その後ESCを16Aに変えたりカメラを変えたりして徐々に姿を変えて行っていますが非常にパワフルで快適です。

75mmフープで見られるProp Washも解決可能できますし75mmを85mmに変更しただけでこんなにも違うんだってくらい桁違いの飛びっぷりです。

85mmフープのフライトは超快適♪練習機に最適!

最近飛ばしてる場所なんですが、広さは幅100-150m、奥行き50-100mなのでスピードもかなり出ることが解って貰えるかと思います。(いや、どれくらい出てるんだろうか?)

Flip、Power Loop、Split-Sとどれでも快適にこなせる機体です。まだ下手なのでまともに出来てませんけどねw。

それでもスロットルは50前後、電流計が4-10A辺りをウロウロしていますので、まだ余裕もある感じですし機体も軽々で超快適です♪

US65 → Mobula7 → 85mm whoop + HD機という構成で慣れていくのが良いんじゃないかと思います。HD機って高いので練習には全く向かいなですので。。

つまりmoccaはこの機体でバンバン練習中で、HD機はたまの息抜きフライト用で安全第一です♪

あ、ついでにTwitterにあげた動画も♪

85mm whoop アイテムリスト

自作機ですので、カメラ、フライトコントローラー、モーター、フレーム、レシーバー、バッテリーなどをチョイスして組む事になりますので、選択肢に入りそうなものを記載しておきますね。

①BETAPFVのBETA75Xを85mmフレームへ載せ替え&ESC16A変更

moccaが飛ばしてる機体でもありますが、BETA75Xをベースに85mmフレームへと変更した機体で85mフープに興味を持ったタイミングではあまり選択肢がなかった事もあっての構成ですね。。

私はBETA75Xを所有していた事もありますが、この機体のメリットは既製品がベースとなっていますので最低限のカスタムで済むところ、デメリットとしては商品が品薄で特にESCが手に入り難いところ、コストが高いというところです。

こちらの機体であれば3Sも視野に入れる事が出来ると思っての事でしたが、今のところ3Sバッテリーを利用する必要性を感じませんw

尚、こちらの構成での注意点はクルクル回るとデフォルト設定ではデスロールが頻繁に発生しますので、自身でBetaflightの設定をカスタマイズする必要があります。

本体:Beta75X Racing Drone Frsky FCC Receiver BNF

FC & ESC:F4 Brushless Flight Controller and ESC (BLHeli_32)

モーター:1103 11000KV Brushless Motors

フレーム:BETAFPV 85mmフレーム

プロペラ:emax avan micro 2 inch 4-blade

カメラ & VTX:Z02 AIO Camera 5.8G VTX (Wire-Connected Version)

レシーバー:Frsky XM+

カメラはお好みで変更してもOKです。moccaは昨日までCaddx EOS2を搭載して飛ばしていました。

Caddx Turbo EOS2 4:3 1200TVL 2.1mm 160 Degree 1/3 CMOS Mini FPV Camera

②85mmフレーム、プロペラを固定して他のアイテムはお好みでチョイス

自作機のメリットを最大限に生かして低価格でも85mmフープを組む事が可能です。

FCの電流は5A対応がほとんどですので、フルスロットルは厳禁というところは注意が必要です。(プロポ側で設定しちゃっても良いと思います。)

フライトコントローラ

フライトコントローラはPNPモデルをチョイス、外部受信機の利用をオススメします。

Happymodel Crazybee F4 Pro V2.0 Mobula7 HD 1-3S Flight Controller

Eachine Crazybee F4 PRO Flight Controller compatible

HBS F405 F4 Flight Controller AIO Betaflight OSD BEC & Built-in 5A BL_S DShot600 ESC

BETAFPV F4 2S AIO Brushless Flight Controller

フレーム & プロペラ

BETAFPV 85mmフレーム

emax avan micro 2 inch 4-blade

モーター

Happymodel EX1102 9000KV 10000KV 13500KV 2-3S Brushless Motor Original

BETAFPV 1103 11000KV Brushless Motors

HappyModelがようやく出てきたので選択肢が増えてきました♪

カメラ & VTX

この辺りからは完全に好みになります。VTXを25mw固定か変更可能かでかなり異なりますね。

まずは25mw固定から。

キャノピーはUR65やMobula7を選択ですね。

Eachine US65 UK65 FPV Racing Drone Spare Part AIO 5.8G 700TVL 25mW

Eachine TX06 700TVL FOV 120 Degree 5.8Ghz 48CH Smart Audio Mini FPV Camera

こちらは切り替え可能なVTXでカメラはお好みでEOS2などをチョイス。EOS2であればEachine TRASHCANのキャノピーでOK。

Runcam TX200U 5.8G 48CH 25mW/200mW Video FPV Transmitter VTX

Eachine TRASHCAN 75mm FPV Racing Drone Spare Part 5.8G 25mW~200MW Switchable VTX

Caddx Turbo EOS2 4:3 1200TVL 2.1mm 160 Degree 1/3 CMOS Mini FPV Camera

知識がある方であれはRuncam Swiftとかも載せられます。

レシーバーはお好みですが、FrskyであればXM+で確定ですかね。

バッテリー & 充電器

バッテリーは300 – 450mAhの2S HV or Lipoになりますので、以下の記事から探してみてね♪

Battery
これから始める「2S-3Sそれ以上の多セルバッリー充電器(Lipo・HV)」まとめ記事!
battery充電器
2S〜3Sのバッテリーリストを作成しました。用途に応じて購入しましょう!

まとめ

85mmフープはめちゃくちゃ楽しいので、飛ばせる環境がある方は是非チャレンジしてみて欲しいです!。この構成からは学ぶ事も多くありそうで修理の際の技術、何を載せれるのかの知識、Betaflightの中身など。

あ、ちなみに構成にもよりますがHD化も可能です。(最近は便利なカメラマウントも出てますから)

レーサー機行く前の練習機にはベターなんじゃないかと♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です