【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

これから始める2Sバッテリー「Mobula7の2Sバッテリー化!手持ちのバッテリーに合わせてカスタマイズ!」

HappyModel Mobula7

2Sフープで王道の「HappyModel Mobula7」ですが、最近1Sバッテリーがヘタって来たり、手持ちのバッテリーが2Sがメインとなっているのでmoccaの環境に合わせてMobula7の2Sバッテリー化をする予定です。

既にmoccaのブログからMobula7やEachine Trashcanを購入して貰っている方も多いかと思いますが、両方のドローン共に2Sバッテリーを利用してこそ本来の性能を発揮できるんです。

(Eachine Trashcanは既にXT30コネクタへ変更し2Sバッテリー利用としています。)

先日のブログ記事では1Sでの運用をオススメしていましたが、それはUS65(UR65)を1Sバッテリーの共用利用が出来る、また、初めての2Sドローンでは1S*2本の方が取り扱い易い点での事となります。

皆さんのバッテリー環境やドローンの慣れにより2Sバッテリーの検討をして貰えればと思います!

Mobula7もだいぶ価格が下がって来ましたので購入し易いのも魅力ですね♪

注意

2Sバッテリー化した際にはOSDの設定でアンペアを表示し10A以上にならない様に注意して下さい。また、10Aに到達した場合5sec程度でスロットルを戻して下さい。

スロットルを開け続けるとフライトコントローラが壊れる可能性がある点に注意をお願いします。

HappyModel Mobula7の2S(XT30コネクタ)バッテリー化

Mobula7

HappyModel Mobula7をBanggoodで見てみる

HappyModel Mobula7の2S(XT30コネクタ)バッテリー化をする理由

ドローンデビューしてから1Sバッテリーを利用していて学んだ事は気温が低い時にバッテリー電圧が2Sよりも下がり易い、またドローンを上昇したりとスロットルを上げた時も同様で電圧が大きく下がってしまいます。

最近はパワーループなどの練習がメインになって来ている為にパワーが必要になって来てたりもしますし、2Sバッテリーの充電環境も整いましたので移行する事としました。

1Sバッテリーの充電器もあんまりまともなの持ってないってのもありますけどw

Mobula7の2Sバッテリー化でオススメのアイテム バッテリー編

Gaoneng 7.6V 300mAh 80C/160C 2S HV 4.35V XT30 Lipo Battery for BETAFPV Whoop Quadcopter

Gaoneng 7.6V 300mAh 80C/160C 2S HV 4.35V XT30 Lipo Battery

まずはバッテリーからですがMobula7やEachineTrashcanなどで利用するのであれば300mAhのHvバッテリーがオススメでMobula7であれば3〜4分のフライトが可能です。

EachineTrashcanでは重さ、モーターサイズが異なりますので少しフライト時間が短くなりますがこちらで問題ないでしょう。

75mm軽量フープで利用するサイズを認識して貰えればと思います。

充電器は以下の記事を参考にどうぞ!

合わせて読みたい

2Sバッテリーをこれから始める方はこちらの充電器がオススメ!1Sバッテリーも充電可能なので2Sバッテリーへの繋ぎでの利用が出来ますよ♪

Ultra Power UP-S4AC 4x7W 1A AC/DC1S&2Sバッテリー充電器は「Ultra Power UP-S4AC」4個まとめて充電出来るのでオススメです!

本格的に2Sバッテリーへ移行を検討している方にはこちらの充電器がオススメです!

HTRC T240 DUO AC 150W DC 240W 10A Touch Screen Dual Channel Battery Balance Charger Dischargerコスパ最強と言われる2S〜6S対応の充電器「HTRC T240 DUO Touch Screen Dual Channel Battery Balance Charger Discharger」をレビュー! ISDT Q6 Lite 200W 8A MINI Pocket Battery Balance Charger for 2S-6S Lipo Battery2S-6Sのリポバッテリー充電器「ISDT Q6 Lite 200W 8A MINI Pocket Battery Balance Charger」

バッテリーチェッカーはお好みですがmoccaはISDT製品を利用しています。

ISDT BattGo BG-8S Smart Battery Checker Balancer Receiver Signal Tester Quick Charge FunctionISDT BattGo BG-8Sスマートバッテリーチェッカーが超便利で1〜8セル対応!

Mobula7の2Sバッテリー化でオススメのアイテム フレーム編

Happymodel Mobula7 Part Upgrade 75mm V3 Brushless Tiny Whoop Frame Kit for RC Drone

Happymodel Mobula7 Part Upgrade 75mm V3 Brushless Tiny Whoop Frame Kit

ようやく日の目を見る事になったV3フレームですが、実はV2フレームよりも丈夫なので2Sバッテリーの運用ではオススメ出来ます。

EachineTrashcanのフレームと同じタイプです。

注意点としては「Genfanのプロペラ」はセットできないのでノーマルのプロペラを利用しましょう。尚、GenfamのプロペラはProp Washと言ってフープの後などに機体が落ちる様な現象が出ます。

結果、Mobula7はノーマルプロペラが一番オススメだって結論に至ってます。

Mobula7の2Sバッテリー化でオススメのアイテム XT30コネクタ

Eachine TRASHCAN 75mm FPV Racing Drone Spare Part XT30 Plug Power Cable Wire for 2S Power Input

Eachine TRASHCAN 75mm FPV Racing Drone Spare Part XT30 Plug Power Cable

コネクタとケーブル買ってハンダ付けでも問題ないんですが既製品もありますのでご紹介しておきますね。Eachine TRASHCANに付属しているコネクタとなりますが、もちろんMobula7でも利用可能です。

初期で取り付けてあるPH2.0のコネクタをXT30に変更すればOKです!

XT30コネクタ

ちなみにXT30コネクタに交換したけど1Sバッテリーで利用したい時はこんな感じのコネクタを作成するよ良いですよ♪

まとめ

ここまで来るとVTXも変えた方がって声も聞こえそうですが、Mobula7の軽量さを最大限に生かす為に余計なカスタマイズは避けています。

これから来るであろうHD機ブームに備えてステップアップして行って下さい♪

合わせて読みたい

今後はMobula7HDが届きレビューを予定していますが、一足先にHDフープを堪能したい方はFullspeadTinyLeaderがオススメです。

Happymodel Mobula7 HD 2-3 S 75mmHappymodel Mobula7 HD 2-3 S 75mm登場!48gと飛びも期待できそう! FullspeedTinyLeaderHDのフライト動画!ドローンはちょっと重いけど完成機としての作りは良い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です