Jumper T8SG V2.0 Plus Multi-protocol 送信機(プロポ)

Jumper T8SG V2.0 Plus

Fryskyの送信機を探し求めていますが「Jumper T8SG V2.0 Plus」のプロポが気になって仕方ない今日この頃です。

価格は1.3万円程度と送信機の中ではリーズナブルな価格で4 in 1モジュール搭載。

日本でもこういうの出して貰えないですかね?(技適付きで)

Jumper T8SG V2.0 Plus

Jumper T8SG V2.0 Plusとは?

Jumper T8SG V2.0 Plus

BangoodでJumper T8SG V2.0 Plusを見てみる

送信機の話題では前回Jumper T12の記事を書きましたが両機はマルチプロトコルでも根本的な違いがあります。

Jumper T12はOpenTXなのに対して、Jumper T8SG V2.0 Plusはdeviationです。OpenTXはまだまだ情報が少なく利用方法を知る手段が少ないと思います。

結果、技適で両方売っていたらJumper T8SG V2.0 Plusを購入するでしょう。その理由は売れているから。その分、情報が多いという事になります。

Jumper T8SG V2.0 PlusはJRモジュールを利用する事が出来るとの事で技適運用も可能になる筈な為に興味津々です。

欲しいですね〜。買っちゃおうかな。

(って事で結局買っちゃいましたのでUR65の設定方法も記事にしてます。)

Jumper T12は国内での技適販売ならある程度のお金払おうかと思っていたんですが諸事情により時間が経過している感じになっています(要するには待ちですね)。

JUMPERT12
Jumper T12 OpenTxマルチプロトコルモデルなプロポ!

Jumper T8SG V2.0 Plusの気になる性能

Jumper T8SG V2.0 Plusの気になる性能ですが。

  1. ブランド:Jumper
  2. 品番:T8SG V2.0 Plus
  3. サイズ:158 x 150 x 58mm
  4. 重量:338g(バッテリーなし)
  5. 送信周波数:2.400GHZ – 2.7GHZ
  6. トランスミッタモジュール:4個のOne高周波モジュール(CC2500 CYRF6936 A7105 NRF2401)
  7. 送信電力:最大22dbm(送信電力調整可能)
  8. アンテナ利得:2db(取り外し可能なアンテナ、簡単な変更)
  9. 作業電流:88Ma @ 8.4V
  10. 使用電圧:DC4.5-DC18V
    (工場は単3形電池ボックス×4、リチウム電池推奨2s平衡型ヘッドライン、電池は含まず)
  11. 遠隔制御距離:> 2km @ 22dbm

あ、キャリーケースとネックストラップも付いてます。

色々と調べているところによると、内臓モジュールであればエネループ運用が可能、外部モジュールの場合は電圧の関係で2SLipoが必須です。

全く日本は困った国ですね〜。エネループで利用したいヨ!

Jumper T8SG Liteも気になる!

Jumper T8SG Lite

BanggoodでJumper T8SG Liteを見てみる

ちなみにT8SG Liteというモデルもあり、FrSky S-FHSSに対応しているのでこっちも気になります。てかLiteでも良いから国内技適販売して欲しいんですよね。

価格はなんと約5,000円と激安、それでいてなんちゃってマルチプロトコル、このサイズなら持ち運びも楽ですしであれあばUR65を筆頭としたFryskyに全面移行しても良いかって思っちゃうくらいですよね。

ur65 Betaflight
URUAV UR65のBetaFligth設定!プロポ設定もまとめました!

まとめ

日本はドローン後進国ですね。もうプロポがダメすぎて話になりません。

ところでJRモジュールなどの情報ってほっとんど出てこないんですよね…。ドローンって知りたい情報が出てこない困った分野です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です