【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

FPVドローン|5インチ200g未満のFPVドローンを試してみる!機体紹介編

5インチ U199

以前にも記事にしていますが、5インチ200g未満のFPVドローンを手にする機会に恵まれましたのでレビューしていきたいと思います。

今回のドローンはviva-hibato(@viva_t)さんにお借りしていますが、私個人でもパーツを購入して届くのを待っています。

U199なのでフライトする場所に制限がなく、プロペラも大きい為に浮力も稼げるのでは?と思っていて、そこそこのフライトと、GoPro LiteやInsta 360 Goなどを搭載しての撮影も可能になれば、その様なフライトを好む方にはオススメ出来るのでは?と思っています。

私もバシバシフライトというよりも、フライトしつつも綺麗な映像を収めたいと思う派なので、お借りしてフライトしてみる事にしました。

FPVドローン|5インチ200g未満のFPVドローンを試してみる!

5インチ U199

5インチ200g未満のFPVドローンのパーツ構成

  1. モーター:BETAFPV 1505 3600KV Brushless Motors
  2. フレーム:TWIG ET5 5″ Toothpick Frame(プロペラ込み)
  3. フライトコントローラ:AuroraRC F411 AIO F4 Flight Controller OSD 30A 2-4S
  4. カメラ:Runcam Nano2
  5. VTV:Happymodel Diamond 5.8Ghz 40CH 25/100/200mW
  6. バッテリー:Tattu 650mah 4S

キャノピーとVTXは200g未満に収まればなんでも良いと思います。今回VTXはDVRタイプをチョイスしていました。

5インチ200g未満のFPVドローンの詳細

5インチ U199

まずは、ドローンの全貌からですが、やっぱり5インチなのでデカイです。そしてプロペラも厚みがあるので、軽量のドローンではありますが5インチだという認識を持ってフライトする必要はありそうです。

5インチ U199

モーターは1505 3600kvですが、この規格になるとモーターの厚みもあります。個人的には色味も綺麗で好みです。

尚、今回重量を測って見て解ったんですが、1505サイズで限界でこれのもう一回り大きい1805はダメでした。

5インチ U199

FCはAuroraの30Aで、CameraはRuncam Nano2です。

BETAFPVからは35AのBLheli_32タイプも販売されていますので、PWMフィルターを導入する予定の方はそちらでも良いかと思います。

まとめ

こういう自作ドローンは作り手の思いでかなり構成も変わってくると思うんですが、個人的にはVTXがDVR付きという点が遊び心があって良いと思いました。

少し前に流行ったタイプですが、このドローンにHDタイプのカメラを付けてしまうと200gオーバーしそうですし、振動もそれなりに出るでしょうからDVR付きのVTXで必要十分って感じています。

明日、フライトして見ますので、YouTube動画にアップしますね!

うん。調子にのって飛ばして壊さない様にしないとw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »