【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

5インチレーサー機【Diatone GTR548 7TH ANNIVERSARY】のBetaFlight設定の内容(デフォルト)

Diatone 2019 GTR548 5 Inch 4S PNF 230mm FPV Racing Drone

5インチレーサー機【Diatone GTR548 7TH ANNIVERSARY】のBetaFlightの設定内容を確認して行きたいと思います。

理由は解りませんが、ファームウェアアップデートが推奨との事ですが、デフォルト設定が解らなくなってしまうと厄介なので、アップデートする前に記事にしておきます。

困った際に利用するか、参考値として読んで貰えればと思っています。

【Diatone GTR548 7TH ANNIVERSARY】のBetaFlight設定の内容(デフォルト)

Diatone 2019 GTR548 5 Inch 4S

Diatone 2019 GTR548 5 Inch 4S PNF 230mm FPV Racing Drone

BetaFlight設定の内容(デフォルト)

Diatone 2019 GTR548 5 Inch 4S PNF 230mm FPV Racing Drone

ファームウェアのバージョンは3.5.1でした。

ポート

Diatone 2019 GTR548 5 Inch 4S PNF 230mm FPV Racing Drone

基本設定

Diatone 2019 GTR548 5 Inch 4S PNF 230mm FPV Racing Drone Diatone 2019 GTR548 5 Inch 4S PNF 230mm FPV Racing DroneDiatone 2019 GTR548 5 Inch 4S PNF 230mm FPV Racing Drone Diatone 2019 GTR548 5 Inch 4S PNF 230mm FPV Racing Drone

以下、ビープ音は全てオンです。モーターは逆回転にはなっていませんでした。レーサー機はどちらの回転が主流なのかも解らないので、これから確認していく事にしましょう。

基本的にはこのまま飛ばせる設定になっていました。

電源・バッテリー

Diatone 2019 GTR548 5 Inch 4S PNF 230mm FPV Racing Drone Diatone 2019 GTR548 5 Inch 4S PNF 230mm FPV Racing Drone

この辺りは触る必要はなさそうですね。

PID

Diatone 2019 GTR548 5 Inch 4S PNF 230mm FPV Racing Drone Diatone 2019 GTR548 5 Inch 4S PNF 230mm FPV Racing Drone Diatone 2019 GTR548 5 Inch 4S PNF 230mm FPV Racing Drone

うん!ちょっとカスタマイズされてるw

ファームウェアのアップデートどうしましょうか悩みますが、後でアップデートしちゃいましょう!

Diatone 2019 GTR548 5 Inch 4S PNF 230mm FPV Racing Drone

一応、フィルター設定も。

その他の項目

受信機やOSDなどは今までのドローンと同じ感じでRSSIなどの設定が必要な感じになっていました。レシーバーはマニュアルでFrskyを想定している様な書きっぷりだったので、チャンネルマップなどは変更してありました。

稼働チェック

機器の動作確認をする様にマニュアルに記載がありましたので、この後にバッテリーを繋いでモーターを回転させて見ます。

Diatone 2019 GTR548 5 Inch 4S PNF 230mm FPV Racing Drone

バッテリーを繋いでモータタブからリスクを確認しにチェックし、「Motor」のバーを少しだけ上げてモーターを回します。

その際にモーターの回転があっているかを念の為に確認しておきましょうね。

まとめ

続いてはBetaFlightのファームウェアを4.0.5へアップデートしたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です