【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

「Diatone R349」&「Runcam HyBrid 4k」テストフライト!素晴らしい仕上がりでした!

Diatone 2019 GT R349 TBS VTX Edition 135mm 3 inch 4S FPV Racing RC Drone PNP w/ F4 OSD 25A RunCam Micro Swift

昨日記事にしました「Diatone R349」に「Runcam HyBrid 4k」を積んだ機体でテストフライトをしてきました!

結果からお伝えすると個人的には大満足の機体となりました♪

3インチ、200g未満の機体でアクションカムを採用していないので、自由にフライトが可能でパワーも十分でフライト時間は5分超えと申し分ない機体となっていました(๑˃̵ᴗ˂̵)b

今日は風があったので少しブレがありますが、2.7kで凄く綺麗な映像を撮る事が出来ました!

「Diatone R349」&「Runcam HyBrid 4k」テストフライト

機体構成のおさらいから!

Diatone 2019 GT R349 TBS VTX Edition 135mm 3 inch 4S FPV Racing RC Drone PNP w/ F4 OSD 25A RunCam Micro Swift
created by Rinker

機体は「Diatone 2019 R349 TBSバージョン」を元にフレームを変更した機体です。こちらの前にビルドした機体ではモーターが「1408 3600kv」でしたが少し物足りなさを感じていたんですが、1408 4000kvのモーターだと全く異なるフライトが可能でした。

数字的にはそれほど差がないのかな?と思っていましたが、機体のスロットルを入れた時の機体の快適さが全く異なり、凄く快適にフライトする事が出来ます。

その代わりデメリットもあり、「1408 4000kv」を利用した機体にRuncam5を載せてフライトするとモーターが熱くなるので、アクションカムを利用する場合には「1408 3600kv」を利用するのが無難です。

あ、バッテリーは「GNB 4S650mah」です。

各機体のパーツ詳細は以下の記事を参考にどうぞ♪

Diatone 2019 GT R349 TBS VTX Edition 135mm 3 inch 4S FPV Racing RC Drone PNP w/ F4 OSD 25A RunCam Micro SwiftDiatone R349にRuncam HyBrid 4kを載せよう!3インチドローンの簡単カスタム♪ GoPro HERO7 DroneGroPro HERO7をドローンに載せたら手ぶれ補正が最強でまるで映画のような映像!

カメラ設定はデフォルトのまま2.7Kで撮影しています!

RunCam Hybrid 4K 30fps FOV 145 Degree HD Recording DVR Dual Lens Mini FPV Camera
created by Rinker
Runcam

Runcam HyBirdは利用し始めたばかりですが、今日は解像度違いで2.7kと1080で撮影しましたが、2.7kの方が圧倒的に綺麗でした。

映像編集(書き出し)では1080が利用し易いのですが、映像の差がかなりあるので2.7kをメインで利用して行きたいとは思っています。(でも書き出しが時間掛かって面倒w)

機体設定のこれから!

動画を何回か見直してみると、回転の際にもう少しキレが欲しいなぁと思いましたので、RateとFFを変更しながらもう少しカスタマイズして行きたいと思います。

動画見てみるとマッタリ感があるので、見てみると途中で飽きちゃいそうでw

設定は煮詰まってきたら公開しますね♪

まとめ

これからもお世話になりそうな機体なので、予備パーツを含めて追加で注文しておきましたw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »