【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

Happymodel LarvaX HD 125mm F4 2-3S Toothpick HDの予約販売開始!

Happymodel Larva X HD 125mm F4 2-3S Toothpick HD

久しぶりというか気になるドローンが予約販売開始になっていました。

「Happymodel LarvaX HD 125mm F4 2-3S Toothpick HD Whoop HD 2in1 FPV Racing Drone」で、Toothpickと思いきやダクトを付けてフープタイプにもなります。

また、この辺りのクラスのモーターは「1105 5000kv」辺りがベースだったんですが、一回り大きな「1203 6200kv」が採用されていました。

個人的には一回り小さなサイズのカメラは「Caddx Baby Turtle」の方が好みなので決め手の1つでもあります。

Happymodel LarvaX HD 125mm F4 2-3S

Happymodel Larva X HD 125mm F4 2-3S Toothpick HD

Happymodel Larva X HD 125mm F4 2-3S Toothpick HD Whoop HD 2in1 FPV Racing Drone BNF w/ Caddx Baby Turtle

「Happymodel LarvaX HD」の仕様詳細

EX1203 6200KV Motor Configuration: 9N12P

Stator Diamter: 12mm
Stator Length:3mm
Shaft Diameter: Φ1.5mm
Motor Dimension(Dia.*Len): Φ15x5mm
Weight: 4.7g
No.of Cells: 2-3S Lipo
Crazybee F4FR PRO Flight Controller
MCU: STM32F411CEU6 (100MHZ, 512K FLASH)
Sensor: MPU-6000(SPI connection)
Board Size: 28.5x 28.5mm

Power supply: 2-4S battery input (DC 7-17V)
Built-in 10A(each) Blheli_S 4in1 ESC Dshot600 ready
Could add external receiver on the FC board
Built-in Betaflight OSD(SPI Control)
Built-in Current meter Max 70A
Current meter scale set to 470
Built-in 5V 1A BEC
Built-in voltage detection
Onboard 12A 4in1 ESC
MCU upgraded to EFM8BB21
Power supply: 2-4S LiPo/LiPo HV (7v/17v)
Current: 10A continuous peak 12A (5 seconds)
Support BLHeliSuite programmable
Factory firmware: F_H_40_REV16_7.HEX
Default protocol: DSHOT600
Built-in Flysky SPI Receiver Version SPI BUS receiver
Protocol: AFHDS and AFHDS-2A Switchable
Channels: 8ch(AFHDS) or 14ch(AFHDS-2A)
No ground interference ( Transmitter and receiver 1 m from the ground): 100~200m
Failsafe support
– Support add extral external receiver if you need
5.8G 40CH 25-200mW VTX
Output power: 25~200mw switchable
Frequency: 40CH
Input voltage: 3.3V 5.5V
Current consumption: 300mA(type)
Antenna: Micro UXII Antenna
Frequency: 5.8GHz 5bands 40 channels
With Race band 
Smartaudio ready
Weight: 3g
Caddx Baby Turtle Camera
TV system: NTSC/PAL changeable
Video Resolution: 1080P@60fps / 1080P@30fps / 720@60fps
Power Input: DC 4.5-20V
Mini Illumination: 0.01lux
Image Resolution: 2 Megapixels
Working Current: 380mA@5V/160mA@12V (low consumption)
OSD Menu: Yes (Support Voltage Display)
Video Files: MP4
Audio: Support
Electronic Shutter : PAL : 1/50-100,000 NTSC : 1/60-100,100
S/N Ratio: >60dB (AGC OFF)
Video Output: CVBS
3S 11.4V 450mAh 75C Lipo Battery
Capacity:450mAh
Voltage:11.4v
Continuous Discharge Rate: 75C
Size: 66mmx21mmx18mm
Weight: 42g
Connector: XT30

レシーバーの表記は割愛していますが、FCは今までのパターンと同様で菱形のフープタイプが利用されている様です。その他の気になる所としてはやはりモーターでしょう。

重量はバッテリー無しで63gと非常に軽量で流石にHappymodelと言ったところです。

フライトコントローラーはフープタイプなので少し気になりはしますが、BETAFPVなどで販売しているtoothpickタイプのFCへと変更してしまうのも手かと思っています。

あ、付属のFCに問題があるという事ではなくって、最近3インチ辺りのドローンを触ったりしていたので、フープタイプのFCはハンダなどがシンドイなぁという事ですw

でもこのFCどうやって積んでるんでしょ。

45度横回転にしてタワー型の様に設置していんでしょうか。いや、もうタワー型でも良いんじゃない?って思ったり思わなかったりw

YouTube動画も既にあります!

やっぱり海外レビュワーは早いですね(。>﹏<)

レビューを見てみると結構、動きがキビキビしてそうですね。ジェロは天気が良くない日の撮影ですので実際に利用して見ないと解りません。

が、多分、ジェロなしって事はこのタイプではないとは思います。

まとめ

Happymodel LarvaX HDの気になる点は、モーターが一回り大きなサイズになったらどの様な機体になるのか?というところです。

また、ダクトも準備されているので、少し小さめのペラを取り付ければ85mmサイズくらいの感覚で飛ばせるのであれば面白そうだと思ってます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »