【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

GroPro HERO7をドローンに載せたら手ぶれ補正が最強でまるで映画のような映像!

GoPro HERO7 Drone

以前より気になっていたGroProをお借りしてドローンに載せて撮影したらまるで別次元の映像を撮影する事が出来ました。

記事を書いた時点ででは「GroPro HERO8」が最新ですが、今回は「Gopro HERO7」にて撮影死しました。理由は簡単で「Gopro HERO7」の方が軽量なのでドローンに優しいという点につきます。

今までも何度もドローン&Goproで撮影した映像を見てきた筈だったんですが、今回改めて見たところ綺麗すぎてビックリしました(๑˃̵ᴗ˂̵)b

ドローン&GroPro HERO7で撮影した映像が凄い!

GroPro HERO7のスペックとHERO8との比較

今回の映像で利用しているのは「HERO7 Black」で「HyperSmooth」というビデオ安定化が採用されています。これが凄くってジンバル並みの威力です。

解像度は最大で4Kですが、PCでの編集の事も考えて今回はHDモードを利用していますが、それでも十分過ぎる映像でした。

ここまで違いが出てしまうと、もうDVR付きのHDカメラじゃ満足出来なくなってしまいました。。こうなったらもう200g未満ギリギリでプロペラガードのないタイプのドローンを作るしかないと決心しました。(今まではプロペラガード付きをメインに考えていたんですよねw)

項目 GroPro HERO7
Black
GroPro HERO8
Black
ビデオ安定化 HyperSmooth Hypersmooth 2.0
解像度 4K60 4K60
最大ビデオ
ビット レート
78 Mb/s (4K) 100Mbps (4K)
重さ 116 g 126
価格 ¥40,000くらい ¥55,000くらい

こうやって見てみるとあんまり差が無い様に見えますがHERO8はもっと凄いらしいです。もうどんなカメラなんだが想像出来ませんw

5インチのみであれば126gでも問題ないんでしょうが、3インチでもGoproで撮影したいとなると、やはり少しでも軽くしておきたいので、116gを選択となるかと思っています。

既に数機の3インチ自作ドローンは作成済み

今でも数機の3インチ自作機を所有していますが、何機か作成したり5インチのパーツを眺めたりしていて自分の好みとなるドローンの構成が少しづつ解って来ました。

別途、記事にしますが、その前にパーツを発注しておきたいと思います。

合わせて読みたい

工夫次第で200g未満になるドローンはこちら!

バッテリーを選択したりプロペラ、ネジ類の交換が必要だったりしますが、3インチの重量級ドローン規制の200g未満はクリア可能!

3インチのダクト付きCinewhoopで200g以下の構成を検討3インチのダクト付きCinewhoopで200g以下の構成を検討する!その2 Eachine Wizard X140HV【200g未満】3インチドローン「Eachine Wizard X140HV 」をレビュー!

まとめ

今後はある程度、的を絞ってドローンを購入したり作成したりして行く事になりそうです。

HDフープが大好きになった理由もはっきりと解って来ました。やっぱり綺麗な映像を撮影して公開して行きたいという気持ちが大きいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です