【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

【1S Toothpcik】BETAFPV HX100 SE FPV Quadのレビュー!

BETAFPV HX100 SE FPV Quad

BETAFPV HX100 SE FPV Quadが届きましたのでレビューして行きたいと思います!

元々は1SのToothpickにはあまり興味がなくレビュー予定は無かったんですが、評判も良かったのれ物は試しとレビューしてみる事にしました。

非常に軽量なので、外で飛ばせる方にはこういった機体の方が扱い易いのでは?との思いもあります(๑˃̵ᴗ˂̵)

では、仕様の確認から実機の開封をして行きますね♪

MEMO

最近、一回の記事で記載ボリュームを変更(多く)しています。ブログ内での記事乱立を防止する為となります(。>﹏<)

【1S Toothpcik】BETAFPV HX100 SE FPV Quad

BETAFPV HX100 SE 1S Brushless Toothpick Drone
BETAFPV

BETAFPV HX100 SE FPV Quadの仕様

仕様

  1. アイテム:HX100 SE FPV Quad
  2. 重量:28.09g(バッテリーなし)
  3. FC&ESC:F4 1SブラシレスFC V2.1
  4. モーター:1102 13500KVモーター
  5. 小道具:Gemfan 65mm 2-blade props(1.5mm shaft hole)
  6. カメラとVTX:M01 AIOカメラ5.8G VTX
  7. フレーム:  HX100 SEカーボンファイバーフレーム
  8. キャノピー:HX100 SEのキャノピー
  9. 受信機オプション:Frsky XM / DSMX / Futaba S-FHSS
  10. バッテリー:BT2.0 300mAh 1Sバッテリー
  11. 飛行時間:スムーズな屋外飛行で 4分、フルスロットルの屋外飛行で2:30分

なるほど。1102モーターなのに1Sで4分は驚異的ですね。ちゃんと見ていなかったんですが非常にビックリする性能です。長時間飛ばせるので練習機にも向いてそうですね♪

フリーフライトで飛ばしながらプロポの使い方やドローンの特性を習得するには十分そうなスペックになってます。

私もこういった機体が存在していたら入口は違ったのかも知れません。

BETAFPV HX100 SE FPV Quad

こちらは3SタイプのHX100との比較ですが、非常に軽量だという事が際立ちます。また、1Sでは1102モーターの利用は全く思い付かず、このモーターをチョイスした事にも驚きました。

最近は目新しい機体が少ない中で、Meteor65の投入といいBETAFPVはかなり頑張ってる印象で好感が持てます。(この辺りもHX100SEをレビューするに至った経緯です。)

その他としては、FCは菱形軽量の「F4 1S Brushless Flight Controller V2.1」やCameraは「M01 AIO Camera 5.8G VTX」とMeteor65と同様の内容となっています。

HX100 SE FPV Quadの開封

BETAFPV HX100 SE FPV Quad

まずは箱だしからです。

  1. HX100SE本来
  2. 1S300mah BT2.0 1個
  3. バッテリーコネクタ(オス⇆メス)
  4. カメラマウント
  5. プロペラ1セット
  6. BETAFPVのカード

上記6点セットとなっていました。BETAFPVって75mmクラスになるとバッテリー付属したないんですが、1Sはちゃんと付属しているんですね!今まであんまり気にして無かったですw

HX100 SE FPV Quadの機体チェック

Front view

BETAFPV HX100 SE FPV Quad

イメージ的にはMeteor65のフレームがHX100になったという感じですw(あくまでもイメージ的にで実際には違います)

ちょっと嬉しい誤算は開封してから気がついていますが、ある程度飛ばしたら0802 19500kvモーターへ変更してフープにしちゃおうかと思います(マテ

Side view

BETAFPV HX100 SE FPV Quad
BETAFPV HX100 SE FPV Quad

アンテナもキャノピー内に入っているので非常にシンプルに見えます。Toothpcikって少し強引に作ってある物が多いのでスッキリし過ぎているので、まだしっくり来ませんw

Back view(その他含む)

BETAFPV HX100 SE FPV Quad

うん!普通ですw

あえて言えば、BT2.0のコネクタが採用されているってところですね。

BETAFPV HX100 SE FPV Quad

モーターは先にも記載していますが「1102 13500kv」です。モーター自体も2Sの75mmフープの元としても流用出来るかと思います。

BETAFPV HX100 SE FPV Quad

裏面ですがバッテリーストラップがいつものではなく、全面?マジックテープので軽量化されていました。こだわりを感じますね。

ショップ側からしたらアイテムが増えコスト増だけなので、ここまでする事自体に感心します。

BETAFPV HX100 SE FPV Quad

ペラ+バッテリー込み重量は36.8g。

BETAFPV HX100 SE FPV Quad

ペラのみで28.4gです。これに1S450mah積んでCaddx Baby turtleでお手軽空撮機なんてのもありかも?

HX100 SE FPV QuadのBetaFlight設定

基本設定

少しびっくりした項目があり、ジャイロ4k、ループ1kになっていました。ループは2kじゃダメなのかと思ってしまうのは私だけでしょうか?

BETAFPV HX100 SE FPV Quad BETAFPV HX100 SE FPV Quad BETAFPV HX100 SE FPV Quad

PID

BETAFPV HX100 SE FPV Quad BETAFPV HX100 SE FPV Quad

少し画像が切れてしまってごめんなさい。

PIDってMeteor65を同じだと思っていたんですが予想と違いました。若干カスタマイズされているんですが、ここ数ヶ月でBETAFPVの考え方が今までと全く違って来ています。

このくらいの状態で出荷して貰えるのであれば、初心者の方にも楽しんで貰えるんだと感じました。

その他の項目では特段変わった内容はありませんでした。

まとめ

先週末は寒くてドローンを飛ばせなかったので、今週末は飛ばして行きたいと思います!(頑張るぞーw)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »