【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

MakerFire Armor65 Lite 技適マイクロドローンをレビュー!

Makerfire Armor 65 Lite

技適プロポが付属している「MakerFire Armor65 Lite」が届きましたのれビューしますね!

「MakerFire Armor65 Lite」のポイントは技適プロポ、FPVゴーグル、カメラ付きのマイクドローンが日本円にして約1万円で購入可能と、今までにない初心者向けのドローンとなっています。

それなりの投資が必要なFPVドローンの中で、これなら万一、ドローンは合わなかった!となったとしても諦めが付く範囲内ですよね♪

これからマイクロドローンを始める方は、このセットから始めるのが良いんじゃないでしょうか(๑˃̵ᴗ˂̵)

マイクロドローンが楽しいと感じれば「MakerFire Armor65 Lite」にプラスして、本格的なプロポを購入すれば十分に遊べるドローンだと思っています!

では、早速レビューしていきましょう♪

マイクロドローン「MakerFire Armor65 Lite」をレビュー!

Makerfire Armor 65 Lite

MakerfireでArmor 65 Liteを見てみる

Makerfire Armor 65 Liteの仕様

私のブログでは主にブラシレスモーターのドローンを紹介していますが、「Makerfire Armor 65 Lite 」ブラシモーターのドローンとなっています。モーターなどは消耗品で一定期間フライトしたら交換が必要になるタイプです。

また、モーターの寿命を延ばす為に、1回飛ばしたら3〜5分の休憩をして次のフライトをする事が大切です。(今回の記事では難しい説明は無しにしてます。)

「Makerfire Armor 65 Lite」は3つのパターンで購入できます。

  1. プロポ、マイクロドローン、FPVゴーグルの3点セット
  2. プロポ、マイクロドローンの2点セット
  3. マイクロドローンのみ

これからマイクロドローンを始める方は1 or 2を選択し、予備機としてと考える場合にはプラスして3という選択肢かと思います。

カメラ付きのマイクロドローン本体は約5,000円とリーズナブルな価格も嬉しいです。(ブラシモーター機は安いですね〜)

Holystoneのhs210を購入するくらいなら「Makerfire Armor 65 Lite」の方が断然おすすめですね(笑)

Makerfire Armor 65 Liteを開封

Makerfire Armor 65 Lite

白い綺麗な化粧箱に入って届きました。

とてもお洒落でマーケットとして日本を意識してそうです♪

Makerfire Armor 65 Lite
Makerfire Armor 65 Lite

 

蓋を開けて見ました。

子供のおもちゃにも喜びそうな色味ですね。アマチュア無線も規制か緩和されるので、小さい子向けにもちょうど良いんじゃないでしょうか♪

こういったマイクロドローンが増える事で、日本のドローン市場も賑わうキッカケになるんだろうなと感じました。

Makerfire Armor 65 Lite

そしてこちらが技適シールです。可愛いプロポに貼ってご利用下さいな(๑˃̵ᴗ˂̵)

Makerfire Armor 65 Lite

マニュアルは英語!ですが、そこは大丈夫!

プロポに電池を入れて、バッテリーを充電しマイクロドローンにセットすれば直ぐにバインド(接続)出来ます♪

Bayangプロトコルという通信方式ですが、バインド方法が簡単な事が魅力でもあります。あ、私は色々とあって中々バインド出来なかったのは秘密です(笑)

詳しく知りたい方は、Google翻訳でサクッと日本語にして読みましょう!折角、技適取ったなら日本語マニュアルも是非ってMakerfireさんに言っておきましょうか。(もう誰かアプローチしてそうですが)

Makerfire Armor 65 Lite
Makerfire Armor 65 Lite

技適プロポです。可愛い見た目とは裏腹に決して操作性は良くありませんが、マイクロドローンを始めて見たい方には十分だと思います。

ちなみに私は飛ばした瞬間クラッシュしてしまいました(。>﹏<)。普通のプロポに慣れてるとダメですね。。

Makerfire Armor 65 Lite

こちらはArmor 65 Liteのドローン本体です。何だか愛着が湧きますね〜♪

Armor 65 Liteとプロポのバインド方法(接続方法)

バッテリーの充電

まずは、付属のリポバッテリーを充電します。私は充電せずに初めてしまったんですが、これだろ上手くバインド出来ませんでした。

一定の電圧以上でないとバインド出来ない様なので、必ず充電しておきましょう。

プロポへ電池をセット

プロポは単四を3本利用しますので、事前に準備をしておきましょう。アルカリ電池が良いかな?マンガン電池だとあんまり持たないんじゃないかな?(マンガン電池持ってないので解りません。。)

ドローン本体へバッテリーを接続してプロポの電源オン!

ドローン本体へバッテリーを接続して暫くするとLEDがフラッシュ(ピカピカ)します。その状態でプロポの電源をオンにしてLEDが点灯すれば準備完了!

K10ボタンを押すとプロペラが回り出しますので、ゴーフライト!

あとは楽しく飛ばしちゃって下さい(๑˃̵ᴗ˂̵)

まとめ

Jumper T8SGやX Lite proでのバインドを試みるも何故かアクロモードで勉強が足りない様子です(。>﹏<)

もう少し勉強してから出直しますw

あ、このまま目視アクロの練習でも良いかな♪

2 COMMENTS

アバター しーさー⌘

いつも楽しく拝見させて頂いています(^_^)ノシ
Armor65Lite+Jumper T8SGの
Angleモードは私も嵌りました(^_^;)

Jumper T8SGでのチャンネルマップは
CH5 LED On
CH6 Arm
CH10 Angle-Acro
の設定でOKでした(^_^)b

返信する
mocca mocca

しーさー⌘さん>
コメント有難うございます!お返事遅くなってしまいました(。>﹏<) Angleのつもりで飛ばしてたのでかなり戸惑いました(笑) 教えて頂いた内容で試してみます♪ 有難うございました!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »