Jumper T8SG V2 Plusが技適取得!プロポ買うならこれで間違いない!

【iFlight CineBee 75HD 2-3S Whoop】の初フライトの感想&PID変更!

iFlight CineBee 75HD 2-3S Whoop RC FPV Racing Drone

前回の記事で「iFlight CineBee 75HD 2-3S Whoop RC FPV Racing Drone」のセットアップを済ませて初フライトをしてきました。

初めてのフライトの感想としては出荷状態のPID設定ではIの値が低いのでカーブの際に、機体後方が流れるドリフトが発生してしまっています。

その後、Iの値を変更した結果、キビキビと曲がる様になりましたのでフリースタイルでもやらない限りはそれなりに楽しめる機体だと思います♪

iFlight CineBee 75HDの初フライト動画&設定変更

iFlight CineBee 75HD 2-3S Whoop RC FPV Racing Drone!

iFlight CineBee 75HD 2-3S WhoopをBanggoodで見てみる

iFlight CineBee 75HDの初フライト動画ではI値が低くドリフト発生&PID修正

まず初めに下手くそでごめんなさいw。

言い訳じゃないんですが、飛ばし始めた時から機体が流れる感じが気になっていたのと最近、別の自作機でデスロールを体験したのでかなりビビってます(汗

iFlight CineBee 75HD 2-3S Whoop RC FPV Racing Drone

動画のPID設定値ですがPIDのIの値が結構低くYAWが45になっています。この値を変更すればドリフトが改善されるのでは?という事で修正後の値がこちら。

iFlight CineBee 75HD 2-3S Whoop RC FPV Racing Drone

iFlight CineBee 75HDのPID修正後のフライト動画でドリフト解消!

極端に設定変えたらどれくらい違うのか試したかったので結構高めに設定してみました。結果、キビキビ飛ぶ様になったので、これならそこそこ楽しめそうです♪

相変わらず着地が下手くそですw

ちなみにバッテリーは2s 350mAh HVbatteryを利用していますが、2S 450mAhが良さそうなので手配してみました。届くのはちょっと先になると思います。。

Gaoneng GNB 2S 7.6V 350mAh HV 4.35V 50C/100C Lipo Battery

TATTU 7.4V 450mAh 75C 3.33Wh 2S XT30 Plug Lipo Battery

iFlight CineBee 75HDの関連アイテムが販売になっていました!

結構人気の機体なんでしょうか。関連アイテムがもう販売になっていました。

パーツが壊れてしまうなどの心配な方はこちらの記事を読んでみて下さい♪

iFlight CineBee
【iFlight CineBee 75HD】関連パーツが販売になっています!自作機などの利用にも

まとめ

更に改善が可能かを確かめるべくBetaflight4.0を導入してみました。近々テストフライトしてみますので、また結果を記事にしたいと思います♪

合わせて読みたい

BetaFlight4.0.1を導入してみましたが結果から言えばダメでした。設定を調整する必要がありますので引き続き時間がある時に試してみたいと思います。

【BetaFlight4.0.1 】iFlight CineBee 75HDでのテストフライト

2 Comments

アバター はるち

記事拝見しました
ここで紹介されているやつですね
http://bit.ly/2WqgkMx
しかし、これはmob7の設定ですのでcinebeeにそのままぶち込むのは早急かと思います。

返信する
mocca mocca

いえ、BetaFlight4.xの「Community Presets」で採用されている値をセットしてみています。
リンク先の内容については初見です。
(確認してみましたが同じ設定ない様に見えますが。。)

「BetaFlight4.x」読み込んでいくと、PとDについては「BetaFlight3.x」の値では高いがIについては下げる事を推奨する様な記載はなくデフォルト値は「BetaFlight3.5.x」の推奨値よりも若干低い程度の値です。(Iをあげても良いと判断した理由その1)

また、「BetaFlight3.5.x」ではIの値はデフォルトよりももっと高く設定する方が良いと書かれ推奨値はもっと高い値となっています。(Iをあげても良いと判断した理由その2)

その他にもドリフトが発生した場合に何をすべきかを調べIを調整する事で効果があるという事を先人の知恵をお借りして確認しました。

ただし流石に「BetaFlight3.5.x」での推奨値である「YAW=120」に設定するのはどうかと思う事もあり、一旦は100に設定してテストフライトしてみました。

「BetaFlight3.5.x」ではPの値を高くするよりもIの値を調整することの方が良いとも記載があります。
尚、「PをP-R-Yで大きく、IをP-R-Y」で大きくで設定しYを80辺りでも飛ばしていますが、モーター音、飛び具合からしてもP変更せずともIを調整する事で飛ばし易いと感じてはいます。

但し、私自身ははるちさんの様なフライト技術は無い為に、フリースタイルの様な飛ばし方をした場合には別の答えに辿り着くものと思われます。
PIDの設定値についてはこのクラスの設定では公開はあまり無いのが実態でドリフトが出てしまう飛ばし難い場合の対処方法の一つとして記事を公開しています。

尚「iFlight CineBee 75HD」のPID値はBetaFlight3.5でのデフォルト値と思われ、カスタマイズされていない事もPIDの値を変更するに至った理由の1つです。

以上です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です