【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

1SのUR65/US65に慣れてきたら2SのMobula7にチャレンジしてみよう!

1S whoop drone

いつもブログを読んで貰い有難うございます!

最近の売れ筋は「URUAV65 or Eachine US65/UK65」ですがそろそろ1Sブラシレスドローンに慣れてきた頃かと思います!

1Sブラシレスもそろそろ慣れて貰った頃かと思いますので、次のステップにチャレンジしたい方にオススメしたいのが1Sバッテリーを2個積んで飛ばす事が可能な2Sドローンの「HappyModel Mobula7」です。

HD機の販売が始まったりもしていますが、まずはノーマルの「HappyModel Mobula7」にすることをオススメします♪

何故「HappyModel Mobula7」なのか?

Mobula7

HappyModel Mubla7をBanggoodで見てみる

Mobula7は超軽量の2Sドローン&1Sリポバテッリーが利用可能!

1S whoop drone

フープタイプのドローンでは軽量である事。UR65/US65などの1Sフープでは0.1g単位の差で飛び方やバッテリーの持ちが変わって来る事は既に実感して貰っている方も多いかと思います。

2Sフープでは1gの差が飛び方に大きく影響してきますので超軽量の「Mobula7」が練習機に最適です。

また、1Sリポバッテリーを2個繋げて利用しますので今まで1Sフープを飛ばしてきた環境をそのまま利用出来る事も強みです♪(コストパフォーマンスが良いですね!)

moccaも初めての2Sフープは「mobula7」で今でも利用していますが既にカメラなどが壊れかけていて困っている位ですw

う〜ん、買い直そうかな…。

あ、初めからHD機は購入しない方が良いですよ!多分カメラ壊しますから…。

Monula7は超軽量、且つ、buzzerが初めから搭載されている!

2S駆動75mmフレームサイズのフープの性能比較です。

初期から販売されている代表的なドローンですが現時点(記事を書いた時点)でも以下の3つ以外の選択余地はないと思って貰って問題ないです。

ドローン 重量 Motor BatteryPlug Buzzer LED
HappyModel Mobula7 25.9g 0802 PH2.0 付属 無し
Eachine TRASHCAN 33g 0803 PH2.0 無し 付属
BETAFPV BETA75X 41g 1103 PH2.0 or XT30 無し 付属

2Sフープでは1Sフープと違い飛ばす範囲が圧倒的に広範囲に広がります。また、スピードも出る為にドローンを落とした場合、何処に落ちたのかが解らなくなってしまう可能性が高くbuzzerは必須とります。

Mobula7

Mobula7は軽さは勿論の事ながらbuzzerが初めから搭載されている点もポイントです。

F3ProやF4Proのフライトコントローラはbuzzerのハンダ付けがシビアなので初めから付いているに越した事はないんです。Eachine TRASHCAN

こちら「Eachine TRASHCAN」にbuzzerを取り付けていますがピッチも狭く難易度が高いです。ちなみにmoccaもこの手のbuzzerの取り付けは苦手でビビってしってハンダが甘く何度も取れてしまっています。

PID設定は「UR65のProject MokingBird V3」を適応すれば最適に飛ばす事ができる!

まずはこちらの動画からご紹介。

この時に飛ばしているBetaFlightの設定はUR65やUS65でご紹介している「Project MokingBird V3」の設定をそのまま利用しています。

ファームウェアのバージョンを変更する必要はあるものの、既にUR65などで設定を済ませている方であればそれほど難しい事は無いですね。

飛ばし方は多少の慣れは必要ですが、感覚が似ている為に数回飛ばしに行けば直ぐに慣れる事が出来ます。勿論、EachineTRASHCANでも適応は出来ますが、モーターサイズやドローン自体の重さが異なる為にMobula7と同じ感覚で飛ばす事は出来ないんです。

また、BETA75Xに関してはProjectMokingBirdは飛ばし易くなるまでには至らなく別途調整が必要ですし、XT30コネクタ&1103モーターではパワーも桁違いで慣れるまでに時間が掛かってしまう為に初めての2Sフープとしてはオススメしません。

Mobula7の弱点は初期フレームがめちゃくちゃ折れやすい!けど解決策はある!

mobula7

Mobula7の最大の弱点は初期から付属しているフレームがめちゃくちゃ折れ易くちょっと当たっただけで粉砕しますw

2Sフープなので衝突した時の衝撃が違うって事もあるかとは思いますがそれにしてもヒドイ(汗

でも大丈夫です。V2フレームがリリースされていてそれを利用すれば初期フレームほど折れる事はありません。でも1Sフープの様には行きませんので数点ストックとして持っておく事をオススメします。

mobula7

Happymodel Mobula7 Part Upgrade M7FRAME V2 75mm Brushless Tiny Whoop Frame Kit for RC Drone

V2フレームでは柔らかい素材に変更になっていますので耐久性が増しています。尚、V3フレームもリリースされていてLEDや2Sバッテリーが搭載できる様になっていますがmoccaとしては利用する意味は皆無だと思っています。

Mobula7は軽い事、1Sバッテリーで飛ばせる事がメリットなんです。その軽さからPH2.0コネクタでも十二分に楽しませてくれるドローンです。

Mobula7のオススメ関連パーツリスト

HappyModel Monula7本体

Happymodel Mobula7 75mm Crazybee F3 Pro OSD 2S Whoop FPV Racing Drone w/ Upgrade BB2 ESC 700TVL BNF

バッテリーホルダー(紛失時の為のストック)

Happymodule Mobula7 Spare Part 3D Printed Lipo Battery Support Fixing Mount for RC Drone FPV Racing

V2フレーム(絶対に折れるのでマストです)

Happymodel Mobula7 Part Upgrade M7FRAME V2 75mm Brushless Tiny Whoop Frame Kit for RC Drone

プロペラ

プロペラは予備として購入すると思いますが純正かGemfanが候補になります。

Gemfanはプロップウォッシュと言ってフープの最後に挙動がブレる可能性がありますので、回転などを意識し始めた際には別のプロペラを選択するなどで対応してね。

4 Pairs Gemfan 1636 1.6×3.6×4 40mm 4-blade 1mm Hole Propeller for 1103 1105 RC Drone FPV Racing Brushless Motor

Frsky XM+レシーバー(あった方が良いです)

Frsky XM+ Micro D16 SBUS Full Range Mini Receiver Up to 16CH for RC FPV Racing Drone

40C/80Cバッテリー(任意)

1Sバッテリーを追加で購入する場合には「40C/80C」がオススメです。

5Pcs URUAV 3.8V 300mAh 40/80C 1S HV 4.35V PH2.0 Lipo Battery for Eachine TRASHCAN Snapper6 7 Mobula7

合わせて読みたい

Mobula7は個体差がありますがレシーバーの範囲が狭い事があります。その場合にはXM+を利用して下さいね。

xm PlusEachine TRASHCAN & Mobula7に外部受信機を増設しました!

Mobula7に関する設定などの記事はこちらを参考にどうぞ!

Mobula7これから始める「2S Whoop Dronesブラシレス編」Mobula7まとめ記事!

まとめ

2Sフープを初めて買うならMobula7をオススメします!関連時期を書きましたので合わせて読んでね。

Happymodel Mobula7HappyModel Mobula7をオススメする理由!それは飛ばしていて楽しいドローンだから!

もしかするとMobula7を飛ばしているとEV100などを利用している方がゴーグルが気になってくるかも?

その場合にはこちらの記事を参考にしてね♪

Eachine EV200DEachine EV200D FPVゴーグルをレビュー!とっても見やすいです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です