HD Whoop Drones

FUS X111Pro 2.5Inch 111mmをレビュー!

FUS X111Pro 2.5Inch 111mmを取り出してみた

今回は「FUS X111Pro 2.5Inch 111mm」をレビューしていきますね。

2.5インチのプロペラで、ダクト付き、なんと言っても価格が安いのが魅力です。

モーターは1106なので、そこそこ重いものも持ち上げられそうで、GoProも搭載できる筈なのでちょっと楽しみです!

では、詳細を見ていきたいと思います。

FUS X111Pro 2.5Inch 111mmをレビュー!

FUS X111Pro 2.5Inch 111mmの価格帯

FUS X111Pro 2.5Inch 111mmをBanggoodで見てみる

スペック

ModelFUS-X111ProFUS-X111HD
Wheel base111mm111mm
Slze155mm*173mm*38mm155mm*173mm*38mm
Weight117g125g
FCS-ESC20A&F411 AIO20A&F411 AIO
MotorFUS 1106 3800KVFUS 1106 3800KV
CameraRuncam nano 2Runcam split 3nano 1080p
Propeller2540-32540-3
RGB LEDIncludeInclude
Recommended battery2-4S lipo 450-650mah2-4S lipo 450-650mah

よくみると二種のタイプになっているんですね。(前からあったかしら?)

実は購入して届くまでは、1103だと思っていたんですが、1106 3800kvでした。

これなら重くても大丈夫そうですし、使い回しも出来そうかな?面白そうなドローンですね!

そしてとにかく安いのが魅力的です。

FUS X111Pro 2.5Inch 111mmを開封

開封と機体

FUS X111Pro 2.5Inch 111mmの外箱

外と箱からですが、紙・そして潰れてますが、この価格帯なら全く気になりません(笑)

FUS X111Pro 2.5Inch 111mmを取り出してみた

箱から取り出してみました。

  1. FUS X111Pro本体
  2. プロペラが1セット
  3. ネジ類
  4. マニュアル

とてもシンプルな構成です。

もう、何機かドローンを持っている方も多いと思います。

私も含めて、低価格で余計な物が付属していない方が嬉しいんじゃないでしょうか(*'▽'*)

FUS X111Pro 2.5Inch 111mm全体

上からの写真です。

お世辞にも品質が良さそうとは言えませんw

ダクトはプラスチック製で、ウレタンスポンジがなければクラッシュ1発で割れそうです。

でも、ウレタン付いているので、何度かクラッシュしても大丈夫でしょう。

FUS X111Pro 2.5Inch 111mm後ろから

後ろ側からです。

LEDが搭載されているんですが、個人的には光るパーツは好きなので大歓迎です。

VTXは後ろ側に取り付けられていました。

FUS X111Pro 2.5Inch 111mmのFC

中央部分にFCがあります。

うん、建て付けも少し直した方が良さそうです(笑)

製品としてダメという訳ではなくって、この価格なら多少の手直しも気にならないという感じです。

FUS X111Pro 2.5Inch 111mmのモーター

モーターの裏も写真を撮ってみました。

ネジは4本で止めてあリます。

後はTPUっぽいものがついていて、少し嵩上げしてありました。

設定

FUS X111Pro 2.5Inch 111mmのBetaFlight設定

BetaFlightのファームは4.1.1となっていました。

FUS X111Pro 2.5Inch 111mmのBetaflight Configuratorの基本設定

基本設定部分は特段目立った内容は設定されていないです。

アーミンングが25度になっているので、180度に変更しておきます。

FUS X111Pro 2.5Inch 111mmのBetaflight Configuratorのモード設定

モード設定は、何も設定してなかったので、上記の様に設定しています。

FUS X111Pro 2.5Inch 111mmのBetaflight ConfiguratorのVTX

VTXは「IRC Tramp」です。

GitHubから対象のテーブルをダウンロードしてアップしましょう。

PIDはデフォルトのままでも良いかなぁって思いつつも、少しだけ下げておきましょうか。

フィルターはデフォルトのままで行きたいと思います。

ポイント

YouTubeでもVTXテーブルの設定方法を解説してますので、参考にどうぞ♪

まとめ

久々のレビューなので、上手くフライト出来るか微妙ですが、注意しながら飛ばして見たいと思います。

レシーバーは付属していないので、別途、購入が必要な点には注意してね!

よく読まれている記事

-HD Whoop Drones

© 2017 mocca