【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

【これから始めるマイクロドローン④】moccaと一緒に設定を進めて行こう!Jumper T8SG V2 Plus設定編!

Jumper T8SG V2 Plus

「【これから始めるマイクロドローン】moccaと一緒に設定を進めて行こう!「Eachine US65」を再購入!」の第4回目の記事になります。

今回はYouTubeに動画をアップしましたので、動画を見ながら「Jumper T8SG V2 Plus」をセットアップして行きましょう。

基本設定(汎用バージョン)として設定を行っていますので、今後「Eachine US65」以外のドローンを購入した際にもプロトコルが「FrskyX」であれば適応可能ですし、その他のプロトコルでもFlyskyやDSMX、Futabaなどへ変更する事で利用可能となります。

言ってしまえば、今回の設定さえ覚えてしまえば後はアレンジするのみです(๑˃̵ᴗ˂̵)b

あ、動画見たらチャンネル登録してねw

 Eachine US65を飛ばして行く為のプロポ設定をしよう!

第3回では「EachineUS65」を飛ばして行くに辺り、プロポ「Jumper T8SG V2 Plus」の設定をして行きますね。

早速、動画を見てね!と言いたい所ですが、基本的な内容を確認してからにしましょう!動画の中では説明していない内容もありますので記事は必ず読んでね♪

  1. 本記事を読む。
  2. 動画を見る。
  3. プロポを設定する。
    設定する前に一度、動画を見て予習すると設定し易いです♪

という流れでお願いします(*’▽’*)v

「Jumper T8SG V2 Plus」のボタン説明!

動画を見ながら設定していくに辺り、いわゆるエンターキーなどの確認をしておきましょう。

パソコンのキーボードを同じだと思って貰えれば大丈夫です♪

Jumper T8SG V2 Plus

「Jumper T8SG V2 Plus」のYouTube動画の設定内容!

技適プロポ「Jumper T8SG V2 Plus」の基本設定(汎用バージョン)の説明動画です。

箱だし状態からこちらの設定を行う事で基本的な動作が可能な状態にする事が可能で長くお世話になると思います。

まずはキャリブレート(較正)を行った後にスイッチの設定を行っていきますが、キャリブレートがうまく行かなかった場合には初めからやり直して下さい♪

また、モデル設定、スイッチ設定を誤ってしまって解らなくなった場合には、設定をリセットしてやり直してね(๑˃̵ᴗ˂̵)b

リセット方法は以下の通りです。

Jumper T8SG V2 Plus

「Model menu」→「Model setup」→「Fline」で、カーソルキー「→」を押して「Reset」を選択しエンターを押して貰うとモデルセットアップの内容が初期化されます。

「Jumper T8SG V2 Plus」は出力変更が可能!

「Jumper T8SG V2 Plus」ではプロポの出力(電波の強さだと思って下さい。)が切替可能です。

  1. 家の中:5〜10mw
  2. 屋外(狭め):10〜30mw
  3. 屋外(広め):30〜50mw

という感じで設定を使い分ける感じです。

プロポ側の電波が届く範囲がどれくらいかは環境などに大きく左右されますので、慣れてきてもいきなり遠くまでは飛ばす事は避けて下さいね。

だいたいどの辺りまで飛ぶかを確認しながらにする事をオススメします。

Jumper T8SG V2 Plus

「Model menu」→「Model setup」→「Tx power」で、カーソルキー「→」を押して出力を変更しエンターです。

尚、ドローンを飛ばせる範囲は出力を上げたからと言って範囲が広がる訳ではなく、ドローン本体にある受信機側の性能にも左右されます。

「Jumper T8SG V2 Plus」の電圧アラート設定!

「Jumper T8SG V2 Plus」の動作の最低電圧は4.5Vですので、それ以下になると機器故障の原因になりますし、電波が飛ばなくなるリスクがありますのでアラートを設定しておきましょう。

Jumper T8SG V2 Plus

「Transmitter menu」→「Transmitter config」→「Batt alarm」で設定できます。moccaは5Vでアラートとしていますがこの辺りはお好みで良いでしょう。(エネループ前提)

リポバッテリーを電源として利用する場合には、バッテリー側が定電圧にならない様に「6.7v」程度にしておきましょうね。

プロポの操作方法(mode2編)

mode2のプロポについて操作方法を簡単に記載しておきます。

Jumper T8SG V2 Plus

初めは意識しながら操作をすると思いますが、慣れてくると感覚で操作が可能になりますよ!

まとめ

本記事では必要最低限の説明となっていますので、もっと詳しく知りたいという方は「日本語化マニュアル」を参照して勉強をお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です