【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

【これから始めるマイクロドローン③】moccaと一緒に設定を進めて行こう!オススメ購入品!

Eachine US65

「【これから始めるマイクロドローン】moccaと一緒に設定を進めて行こう!「Eachine US65」を再購入!」の第3回目の記事になります。

本企画は元々は「Eachine US65」を設定して飛ばす事のみを目的とする予定でしたが、かなりのアクセス数となっていますので、関連アイテムについてもご紹介して行く事にしました。

そこで、今回は「Eachine US65」を飛ばして行くに辺り、最低限で必要となる「必須・便利アイテム」をご紹介します♪

言ってしまえば致命的なダメージを負わない限り、当面は本記事で紹介するアイテムさえあれば遊ぶ事が可能という事となります!(๑˃̵ᴗ˂̵)b

 Eachine US65を飛ばして行く為の「必須・便利」アイテムをご紹介!

第3回では「EachineUS65」を飛ばして行くに辺り、今までの経験からこれは持っておいた方が良いとmoccaが思うアイテムをご紹介しますね。

今回紹介する関連パーツを利用してフライトした動画から紹介!

当記事で紹介しているプロペラ、フレーム、バッテリーへと変更した際のフライト動画となります。

初めに「Amazon」を利用する場合には「Amazonプライム会員」に入ろう!

本記事ではAmazonの商品リンクがありますが、今まで「Amazonプライム会員」に入った事がない方は30日の無料体験があります。

30日間の無料体験後に解約してしまっても良い為、必要に応じて会員になりましょう!

Amazonプライム会員

以下のリンクより「Amazonプライム会員」へ入会する事が可能です。

【必須】バッテリーの電圧を確認するバッテリーチェッカー!

AOKoda AOK-041 1S Lithium Battery Tester Checker For JST MOLEX mCPX MCX Plug Battery

「バッテリーチェッカー」はマイクロドローンで利用するバッテリーを利用した後に、バッテリーの電圧を計り適切な電圧の範囲内かを確認する為のツールです。

ドローンを飛ばした後に「AOKoda AOK-041 1S Lithium Battery Tester Checker(Banggood)」でバッテリー電圧を計り、電圧が低くなり過ぎていないかなどを確認する際に利用します。

Amazonでも同等商品「BETAFPV 1S LiPoバッテリーテスター 電圧チェッカー」を販売していますので、どちらで購入しても問題ありません。

【便利】リポバッテリーセーフバッグ!

 Realacc Fireproof Waterproof Lipo Battery Safety Bag(155x115x90mm) With Luminous Handle

リポバッテリーの保管や持ち運びの際に利用したい安全バッグ「Realacc Fireproof Waterproof Lipo Battery Safety Bag(Bsnggood)」です。

保管時には鉄製(土鍋を利用している方も居るらしいw)などの頑丈な物を利用する事をオススメしますが、一時保管などで利用するにはとても便利です。

Amazonでも類似品「最強防炎 ! LiPo Guard リポバッテリー セーフティーバッグ」などがありますのでどちらで購入してもOKです。

(どちらの商品についても「耐火」などを保証するものではりませんのでご注意を…。)

【当企画で必須】Eachine US65の換えパーツのプロペラ!

Eachine E010 E010C E010S E013 RC Quadcopter Spares Parts Blades Propeller For Blade Inductrix Tiny Whoop

プロペラは何度か飛ばしていると、ぶつかった衝撃で曲がってしまったり折れてしまう事がありますので替え用のプロペラを用意する必要があります。

こちらはEachineのE010用のプロペラ「Eachine E010Spares Parts Blades Propeller(Banggood)」ですが、非常に丈夫で個人的にはかなり飛ばし易いプロペラです。Eachine US65を利用する方は純正ではなくE010のプロペラを2セットくらい購入しておくと便利です。

moccaも勿論、こちらを利用しています。

【当企画で必須】Eachine US65の換えパーツのフレーム!

Beta65 Pro Micro Brushless Whoop Frame

Eachine US65のフレームは折れ易い為に、代替え用のフレームを購入する事となりますが、純正を購入せずにBetaFPVから販売されているフレームを利用しましょう。多少、重くなるもののこちらのフレームならよっぽどの事がない限り折れません。

尚、moccaはドローンを始めた頃に購入した「Beta65 Pro Micro Brushless Whoop Frame(BetaFPV)」のフレームを未だに利用しています。

購入は「BetaFPV」から直接とすると$30未満の配送料が掛かりますので、Amazonでの「AmazonからBeta65 Pro Micro Brushless Whoop Frameの2個セット」を購入する事をオススメします。

【後で購入したくなる】予備バッテリー!

バッテリーは容量の異なる2つのタイプ(250mah or 300mah)をご紹介しますが、追加で購入する場合には300mAhを選択する方が無難でしょう。

この辺りは好みですが、どちらを選んでも問題はなくフライト可能な時間への影響のみです。

注意

他のバッテリーの購入を検討する場合、バッテリーにケーブルが付属している物を購入して下さい。バッテリーのケーブルが付属していない物を購入してしまうと、出荷状態のEachine US65にはセット出来ません。(ドローン本体側のケーブルの変更「ハンダ付け」が必要になります。)

5Pcs URUAV 3.8V 250mAh 40C/80C 1S Lipo Battery PH2.0

UAUAV 250mAh 40C/80C 1S HVバッテリー 5個セット(Banggood)」です。

Eachine US65には同様のタイプのバッテリーが3個付属していますが、初期状態でのフライト時間は1個辺りで約2分〜2分半程度です。

足りないと感じる事が多いかと思いますので追加での購入をオススメします。

5Pcs URUAV 3.8V 300mAh 40/80C 1S HV 4.35V PH2.0 Lipo Battery for Eachine TRASHCAN Snapper6 7 Mobula7

URUAV 300mAh 40/80C 1S HVバッテリー 5個セット(banggood)」です。

250mAh(容量)と比較するとフライト可能な時間が増えます。飛ばし方にもよりますが大体3分程度、Eachine US65を飛ばす事が可能です。(動画で利用していたバッテリーの容量&出力と同じです。)

バッテリーは配送までに時間が掛かりますので、欲しい方は早めに注文しておきましょう。大体3週間から一ヶ月程度です。

6個 GNB 300mAh HV 1S LiPoバッテリー 30C 3.8V LiHV Tiny Whoop Blade Inductrix Plus用 JST-PH 2.0 Powerwhoop mCPXコネクタ

Amazonで購入する場合は「6個 GNB 300mAh HV 1S LiPoバッテリー 30C 3.8V」が良いと思います。但し、上記2つで記載したバッテリーよりも出力が下がる為に、基本的には「40C/80C」をオススメします。

【便利】アセテート絶縁テープ!

まつうら工業 A種絶縁用、結束用 日東アセテート布絶縁テープ#5 幅19mm 長さ10m 黒

絶縁テープってビニールテープを思い浮かべると思いますが、マイクロドローンでは「アセテート絶縁テープ(Amazon)」が非常に便利です。

布製の為に簡単に切る事が出来ますし非常に軽量です。ちょっとした補修などにも利用できますので、購入をオススメしたいです。一度購入してしまえば長い間お世話になるでしょう。

当企画で少しだけ利用予定ですが、ビニールテープなどの代替え可能です。(多分w)

【後で購入したくなる】0802モーター&1mmシャフトプロペラ!

Happymodel SE0802 1-2S 16000KV

Eachne US65に出荷状態で付属しているモーターはフライト時間が約2分と非常に短いんですが、0802モーター(プロペラ含む)へ変更する事で約4分のフライトが可能となります。

Happymodel SE0802 1-2S 16000KV 19000KV 22000KV 25000KV Brushless Motor

kv値は少し悩みますが16000kvが良いかと思います。moccaも最近はこれを利用していますが問題なく飛ばせています。

序でにモーターの軸部分の太さが変わりますので、「BETAFPV 16個入り 4枚ブレードプロペラ 直径31mm シャフト系1.0mm(amazon)」を購入しましょう。

【後で必須】バッテリーコネクタケーブル(ピッグテール)!

BETAFPV 10個 アップグレードJST-PH 2.0 コネクタ メスコネクタ55mm タイニーフープレーサーBlade Inductrixドローン用

ドローンへバッテリーを接続するコネクタ(JST-PH 2.0)「BETAFPV 10個 アップグレードJST-PH 2.0 コネクタ(amazon)」です。

ちなみにBetaFPV製品ではなくても問題ありませんが、Amazonで購入可能なので手軽さ、触った感じも含めて良い商品(特にコネクタ部分)だと実感できる為にリンクを貼っています。

バッテリーコネクタケーブルはFCにハンダ付けされているんですが、実はこちらは消耗品で50回くらいするとかなりの変化を感じる様になってきます。特に「Eachine US65」に初期に付属しているコネクタはあまり良いものとは言えない代物で早々に付け替える事になると思っています。

これは初めてのハンダ付けを経験する機会になる筈ですw

もし、同時に「ハンダこて」も購入しちゃう!と言う方は迷う事なく「白光 ダイヤル式温度制御はんだこて(amazon)」を購入して下さい。

温度調節が出来ないハンダはドローンに向いていません。ハンダに相当慣れていると言う方以外は絶対に安いのは買っちゃダメです。

【任意】任意だけど個人賠償保険への加入をオススメします!

任意と書きましたが、万一に備えて個人的には保険に加入すべきだと思っています。

対人は勿論の事、対物というは物への賠償にも備えた方が良いと思っています。ドローンを飛ばしている以上、何が起こるか解りません。万一ですが、他の方の高額な持ち物を壊してしまったり傷を付けてしまう事だってあるかも知れません。

こちらの保険はmoccaも加入していますが、事前に問い合わせをして200g以下で個人利用の場合には保険適応可能だと回答を頂きました。

加入当時は200gを超える場合を想定していなかったので5インチを飛ばすという方は念の為に確認して下さい。

まとめ

今回はEachine US65のマイクロドローンを飛ばしていく為に必要となる商品を紹介しました。本記事で紹介したアイテムを揃えられれば当面は追加購入はしなくても大丈夫だと思います♪

万一ですがモータの軸が折れてしまった場合には、オススメのモーターがありますのでお問い合わせ下さい。(ゆくゆく記事にします。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です