【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

【Beta85X 4K Whoop Quadcopter (4S)】が届きましたので開封していきますね!

Beta85X 4K Whoop Quadcopter (4S)

発売日に注文したんですが、ようやく【Beta85X 4K Whoop Quadcopter (4S)】が手元に届きましたのでレビューして行きたいと思います!

moccaの初4k Cinewhoop(Caddx tarsier採用)ですが、Prop washなどが発生するとい情報もあったりと色んな意味で気になる期待となっています。

尚、BETAFPVから直接の購入で今回は購入から届くまでに約1週間程度でしたので、通常の配送時間という感じでした。(皆さんはもっと早かったみたいですが…)

【Beta85X 4K Whoop Quadcopter (4S)】開封して行きます!

Beta85X 4K Whoop Quadcopter (4S)

BETAFPV Beta85X 4K Whoop Quadcopter (4S)

Amazon Beta85X 4K Whoop Quadcopter (4S)-Futaba

GeekBuying Beta85X 4K Whoop Quadcopter (4S)

GeekBuyingでもほぼ価格での販売となっていますのでリンクを掲載しました。(Geekbuyingは最近、頑張ってますね〜。)

「Beta85X 4K Whoop Quadcopter」の仕様

今回もおさらいからです。

SPECIFICATION(仕様)

  • 重量:88.6g(バッテリーなし)
  • FC:F405 V2 Flight Controller and 16A BLHeli_32 ESC
  • モーター:コネクタ付き1105 5000KV ブラシレスモーター
  • プロペラ:EMAX Avan 2” 4-Blade Propellers
  • カメラ:CADDX Tarsier 4K
  • キャノピー:Tarsier 4Kカメラ用キャノピー
  • 受信機オプション:Frsky XM + / DSMX / Futaba S-FHSS / Flysky  / TBS Crossfire  / PNP
  • バッテリー:4S 450mAhのバッテリー(含まない)
  • 5.8G FPVアンテナ
  • 飛行時間:4分 – 450mAh 4S電池で6分

Beta85XHDの3S機と比較すると約10g程度ですが重くなっています。フレーム補強とカメラの差だと思われますね。

フライト時間は4Sで6分飛ぶと記載がありますが、他の方のレビューだと3〜4分程度と言われています。この辺りは飛ばし方にもよると思いますので、mocca自身もフライトして確認します。

ちなみにmoccaはBeta75XHDで4分半程度をフライトする感じの飛ばし方で、ゆるりと飛ばす感じなのだと思います。Beta85XHDで4〜5分程度です。

Beta85X 4K Whoop Quadcopteの開封(view)

Beta85X 4K Whoop Quadcopte

蓋を開けてみました。外箱は今までと同じ白い高級感のある物でサイズもほぼ変わりません。

Beta85X 4K Whoop Quadcopte

箱から取り出しました。ドローン本体、NDフィルタ、CADDX Tarsier 4Kコントローラーです。バッテリーストラップは今まで通りのロゴ入りですね。

ちなみにmoccaはNDフィルタが付属していないと思い込んでいて追加購入してしまいました(。>﹏<)

Beta85X 4K Whoop Quadcopte

念の為に重さを計測したところ88.4gとほぼ公称通りでした。(誤差の範囲内)

Front view

Beta85X 4K Whoop Quadcopte

ツインカメラ(FPV用、録画用)になっているので見た目は大きく変わりました。

キャノピーは現在のBeta85XHDは少しソフトなタイプなのですが、Beta85X 4Kはプラスチック感のある素材です。

これは少し気になりますが、もしかすると「Caddx Tarsier 4K」が結構発熱するとの事なのでその辺りが起因しているのかも知れません。

Side view(left)

Beta85X 4K Whoop Quadcopter

VTXはBEta75XHDと同様の三角タイプが採用されていました。ちなみにアンテナがデカイですねw

Side view(right)

Beta85X 4K Whoop Quadcopter

いつもはこちら側にSDカードを入れるところがあるんですけど、下のくぼみには「Caddx Tarsier 4K」のボタンが2つ配置されていました。少し構成が変わっています。

Front view(逆サイド)

Beta85X 4K Whoop Quadcopter

こちらは「Caddx Tarsier 4K」のコネクタとケーブルがあります。

Beta85XHDの経験からですが、ここのコネクタケーブルはクラッシュした際にプロペラに引っかかる事があるのでアセテートテープなどを貼っておく事をオススメします。(空気が流れる様に配線部分のみです。)

Beta85X 4K Whoop Quadcopter

ちょっと見難いですが、USBコネクタとSDカードスロットが本体左側にありました。

Beta85X 4K Whoop Quadcopter

裏面には大きな変化がありますね。カーボンフレームが取付けられていて補強されています。

Beta85X 4K Whoop Quadcopter

続いてバッテリーのコネクターですが、コンデンサーが採用されています。こちらは色々と利用できそうなので追加で発注しておきました。

Beta85X 4K Whoop Quadcopter

最後にモーターですが1105の5000kvで4S対応です。4Sは未だ飛ばした事が無いので非常に気になるところです。

まとめ

次回は解体して「Caddx Tarsier 4K」の確認や、新しくなったフライトコントローラを見て行きたいと思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です