【マイクロドローンの始め方】マイクロドローンを始める最短ルートのまとめ記事!

iFlight Alpha A85 Caddx Loris 4kをフライトしてきました!お気に入りドローン!

iFlight Alpha A85 85mm 2Inch 4S Caddx Loris

今回は「iFlight Alpha A85 Caddx Loris 4k」をフライトしてきましたので、動画も含めてご紹介します。

結論から言えば、振動もなくフライトの自由性も高い。メンテナンス性も良いと85mmサイズのフープでは頭ひとつ出ている印象です。CameraがCaddx Loris 4kなので遅延はあると思いますが、室内でのフライトや高速フライトでもないので個人的には気になりません。

フライト時間は4S450mahで約4分ちょっとですが、3S450mahでも良いかもとも思いますので、次回は3Sでフライトして見たいと思います。

iFlight Alpha A85 Caddx Loris 4kをフライトしてきました!

iFlight Alpha A85 85mm 5.8G 2Inch 4S Caddx Loris 4k

YouTube動画をアプリなどで視聴したい方はこちらから

moccaのYouTubeチャンネルの登録はこちらから

クーポンコード「bGhOnEy10」で「10%off」です!

iFlight Alpha A85 Caddx Loris 4kをフライトした感想!

メリットデメリットがありますが、デメリットは85mmサイズだからと言ったところかと思います。

既にリード文や動画内でもお伝えしていますが、振動も少なくとても綺麗な映像が撮影可能です。(動画撮影時は風強め)

フライトの自由度も高く、フリップ、ループ、スプリットSなども一通り出来ますし、メンテナンス性も良いのでクラッシュした際のパーツ交換も容易だと感じています。

4S450mahでのフライトは少し重さを感じBeta85X HDを4S仕様にした時と同じ感じの印象でしたので、アクティブにフライトしたい方は3S450mahの方が良いかも知れません。85mmで4Sってちょっと重いんですよね〜。

フライト時間は4分程度ですが、飛ばし方によってはもう少し短いかもとは思いますが、電圧設定などにもよるかな?と思っています。

iFlight Alpha A85とGEELANG Anger 85X の違い

そう言えば「GEELANG Anger 85X」の動画をブログで紹介していませんでした。

GEELANG Anger 85Xのレビュー動画はこちらから

この2つのドローンの大きな違いはジェロをNDフィルターで対策しているのか、マウントなどで対策しているのかというのが大きな違いかと思います。

メンテナンス性や流用性については「iFlight Alpha A85」に軍杯が上がりますが、NDフィルターを取り付ける為にはキャノピーの加工が必要ではあります。

また、どちらの機体が快適にフライト出来るのかと言われると、実は「GEELANG Anger 85X」だと感じていてモーターのkv値の差かな?と思ったりもしています。重さは4g程度しか差がないのであんまり影響はしてないんじゃないかと考えて見たり。。

でも、どちらか一つを購入するとなったら「iFlight Alpha A85」でしょうか。メンテナンス性の良さ、汎用性はやっぱりAlpha A85の方が良いですので。

コネクタタイプの1204モーターは以下です。(他にもいくつかある)

  1. BETAFPV 1204 5000KV Brushless Motors
  2. Happymodel EX1204 1204 5000KV Brushless Motors

まとめ

最近、85mmフープが続々と登場していますが、次はBETAFPVの「Beta85X V2 Whoop Quadcopter」をレビュー予定です!(パーツ&キット購入の自作、Beta95X V2の方もキット購入で1204モーター仕様)

BETAFPVからGoPro LiteやInsta360Go用のUmmaスタイルドローンが販売開始!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »